「温故知新」~働く女の和風道~



<   2018年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


妹と お茶

c0225143_13424651.jpg
二十歳になったばかりの長女が
カナダ留学中の 妹。

心配と不安で いっぱいと
聞いていたので
励まそうと 丸の内に
お茶に誘いました。

手元から 離したことのなかった
可愛い 年頃の娘。

心配な母の思い 察する。

ところが
ラインで 手軽に
連絡がとれて 動画も
まめに 送ってくるので
不安は 落ち着いたそう。

それは 良かった。

私の 18才 欧州一人旅ではc0225143_14002088.jpg
せっせと 絵葉書を
書いたっけ。
届くのは だいたい一週間後で
世界は 遠くて広かった。

美味しいバケットに
かぶりつき
おしゃべりして
豊かな時間に なりました。

by ballerina24 | 2018-10-31 13:19 | 週末 | Comments(2)

アルハムブラ・リハーサル②

c0225143_17351853.jpg
舞台に向けたリハーサル。

志しの高いメンバーと
舞台を創り上げる
時間は 有意義で
刺激を受けます。
  
全員で 踊る群舞や
唄う 場面もあり
立ち位置など
覚えることは
たくさん。
 
何より 難しいのは
仲間が 踊るときに
打つ パルマ(手拍子)。

日ごろ 寛大な先生も
パルマには とても 厳しい。
そりゃそうダ。

へんな 所で 叩いたりしたら
雰囲気が 台無しになるので
責任重大なのです。

かといって 遠慮がちに
へっぴりパルマなんて
もっと ダメで
すぐ 先生に バレる。

常に 曲の構成と 空気を 感じながら
緊張の パルマは 続く。 あぁ パルマ パルマ パルマ・・・。  

by ballerina24 | 2018-10-29 15:05 | フラメンコ | Comments(0)

手前味噌 その後②

c0225143_12355964.jpg

あの うだる猛暑を越した
わたしの 味噌ダル。

爽やかな 秋晴れの週末に
ふたを 取ったら
よい香りが 立ちのぼり
しっとりした味噌に
変身していました!
( 熟成して 飴色になってる )

はやる気持ちで お味噌汁にして
頂くと あまりの 美味しさに
ビックリぽん!

おいしい とは聞いていたけど
こんなに 深い味わいとは。
夏の暑さが 功を奏したようです。


手でこねたから 残った大豆の粒々が
素朴で いい感じ

大根や サツマイモ 厚揚げ
色々入れて 楽しんでいます。

仕込んだ2Kgは アっと言う間に 消費しそうなので
次の仕込み会を お仲間にリスエストしました。

これぞ スローフードの 醍醐味 ♪

by ballerina24 | 2018-10-27 17:30 | 美学 | Comments(2)

てまえ味噌 その後 ①

c0225143_11122209.jpg
コチラ ちょうど一年前に仕込んだ
初めての てまえ味噌 2Kg。

講師の方は
GW頃には 出来上がる
と おっしゃいました。

部屋の片隅に 寝かせ
覗きたくなる衝動を
抑えて 待つこと半年。

5月に いよいよ
フタを開けると
見た目も 香りも
ボソボソと まだ大豆っぽい。

でも 一緒に仕込んだ仲間は
「美味しく 食べてるわヨ~」と
言うし 不安になりました

なぜ 私の子は 違うの?と。

7月ごろに また覗くも
お味噌の香りどころか 別の発酵臭がする・・・。
熟成 失敗なのか 募る不安。

そこで 腹をくくって
あの 異常な暑さの 8月も
部屋の片隅に 放置 ... いや 夏越し。

それにしても 食品や 野菜などは
冷蔵しなければ 猛暑で すぐ腐敗するのに
発酵食品は 本当に 不思議です 。
腐らないのだから!

さあ 秋晴れの週末
覚悟を決め オープン ザ 味噌樽! to be continued...

by ballerina24 | 2018-10-24 12:13 | 美学 | Comments(0)

アルハムブラ・リハ①

c0225143_13051784.jpg

憧れのアルハムブラで
来月末に ライブをします。

2度目なので
全てが未知だった
昨秋より 少~しだけ
気持ちには 余裕。

チラシも 作りました。

週末のリハーサルでは
群舞の 振りと
唄や パルマを 練習。

このような時は
初めてのことを
いかに 素早く 理解して 覚えて
できるようになるか 必死です。

時間にすると ほんの数分の
踊りなのですけど これが大変~。

スペックが低い脳は フル稼働。
ヒートアップして 汗が でてくる。

でも 自分に挑むように
新しいことに 取り組むって
最高に 気持ちが いい。

慣れたことは 楽だけれど
脳は それでは 満足しないのだ。 オレ~ィ!

by ballerina24 | 2018-10-22 13:35 | フラメンコ | Comments(0)

スマイル from カナダ 

c0225143_12064570.jpg
カナダ留学中の姪っ子から
届いた写真。

はじけた笑顔で
安心しました。

場所は バンクーバー第二の都市
ナナイモ Nanaimo.

恥ずかしながら ハワイの言葉か
根菜かと 思った。
面白い地名ですね。

カナダは 空が 広いナー!
心も 雄大になりそう。

広い世界は 未知が 溢れている。
私の 行動範囲は
アリみたいに 小さい。

私が ずーっと 心に秘める夢は 世界一周旅行。

カナダも 一度は 行きたいと言ったら
母いわく アメリカに住んでいる頃に
足を延ばしているそう。

ウォータートンや グレィシャー国立公園を
家族でドライブしたそうです。
3歳くらいだから 覚えていない。

再訪せねば カナダ。

by ballerina24 | 2018-10-20 11:43 | 投資 学び | Comments(0)

悪 夢

c0225143_12372703.jpg

目を覚まして
「あぁ・・・夢でよかったぁ」
と 安心する経験は
そうそう ない。

でも 昨夜 真に迫った
悪夢を 見たのです。

フラメンコの 舞台で
踊る場面でした。

意気揚々と 登場した私は
自分の番に なったとたん
振りが抜けて 立ち尽くすだけ。
( 苦手な ブレリアだった!)

期待をしていた先生も
花束を抱えた 友達も
困惑した様子で
私の面目は丸つぶれ・・・。

そこで 目が覚めて
ホッ 良かった~。現実かと思った。
恐ろしかった・・・。

悪夢は 人に話せば
現実にならないと いうから もう大丈夫。ホッ。

by ballerina24 | 2018-10-17 12:40 | 美学 | Comments(0)

ソレア

c0225143_23162187.jpg「ソレア」= 孤独

フラメンコの母 と呼ばれ
重厚で 荘厳で 悲哀に
満ちた ナンバーです。
 
だから 黒っぽい衣裳で
ドラマティックに 踊る。

これは 上級者しか 表現できない。
私の先生が 素晴らしく
感動的に 踊る。

今の私は まだ
ソレアの器では ない・・・。

10年ほど修行を 積んだら
やっと 行きつけるだろうか。


が!が! 目の前に突如
現れました。
今度の課題曲が 「ソレア」と
決定し メンバーは ザワザワ。

ほんとうに? こんな早く巡ってくるとは。

ああ どうしましょ ザワザワ。
身が 引き締まる思いです。

ソレアは それほど 特別。

こうなったら 重く 暗く 激しく
とことん 全身で ソレアに なりきろう。

by ballerina24 | 2018-10-15 02:35 | フラメンコ | Comments(0)

祝 6周年

c0225143_13041912.jpg

この10月で フラメンコ歴が
6年となりました。

嬉しい。

6年は それなりに貫禄が
ついて聞こえるし
やっと 経歴に 格好が着く。

私が 習い始めたころ
クラスには 6年の仲間が
多く 眩しく見上げたものです。

ついに それに到達できた!

やってきた年数は
間違いなく 糧となり 実力と
なっているはずです。

現実には フラメンコを何も
わかっちゃいない と
やればやるほど 無知を知り
悶絶して クラスでは
恥かき場面ばかり。

それでも
暖かい先生と メンバーのおかげで
挑戦する 楽しさを 味わって
自分を 追い込むほど
真剣に なっています。

ルンルンの日々は
フラメンコが あるから。

記念に 3足目の 靴を 検討中 ♪ 何色にしよう。

by ballerina24 | 2018-10-13 13:07 | フラメンコ | Comments(2)

さすが 伝説の。。。

売上げナンバーワンを 5年間も
誰にも譲らなかった 。

c0225143_16563647.jpg
そんな伝説の 元ホストさんが
講師の コミュニケーション
セミナーに 参加しました。
(ホストさんと接するのは 初めて!)

接客を通して培った 男女の
思考の違いや 好かれる会話の
コツなど ナルホド満載の3時間半。

すっきりした体型を
お洒落な三つ揃いのスーツに
包み 清潔感も漂い
ハイエンドな装い。
さすが。

参加した 40名ほどの女性をc0225143_11032211.jpg
指名するとき 名字でなく
名前で呼ぶのも
ハートを掴む。さすが。

長~くなるので どんな方か
ぜひ 「井上敬一」さんを
検索してください。

この日 印象が強かった学び。
1.相手の話を うなずいて聞く 寄り添う
認める姿勢を 心掛ける。

2.男性は 「称賛」を求め
女性は 「共感」を求める。
だから 話がずれて 平行線のまま。
分かり合えなくても
そもそも思考と 脳が違うだけ。
そう思えば 気は楽 。

3.男性には スゴイ ナルホド オモシロい を
出し惜しみなく 言いましょう。
( もちろん 友達に 同僚に 先輩に 全ての方へ)

接客の達人 元ホスト 敬一さん。 さすが。

by ballerina24 | 2018-10-10 23:35 | 投資 学び | Comments(2)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究