「温故知新」~働く女の和風道~



<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


不思議発見 ! グリンピースごはん

c0225143_11081428.jpg
初夏の ごちそう
グリンピースごはん。

すでに 五回目。

日本酒 大さじ 1 と
塩ひとつまみを 入れて
炊きます。

先日
お米と豆に 水を加えて
ホイっと お酒を
注いだつもりが
うっかり ごま油を
いれちゃった!

しばらく お釜の前で
立ち尽くし・・・。 

覆水 盆に返らず。
エイっと スイッチON。

炊きあがった ごま油入りグリンピースご飯 ↑

これが モチっと なめらかで
美味しいではありませんか。
不思議 発見 !

しかも お米が お茶碗にくっつかなくて
食べやすい。

今度は 健康によい
亜麻仁オイルで 炊いてみるつもりです。

by ballerina24 | 2018-05-23 23:50 | 美学 | Comments(2)

セビジャーナス con バタ

昨年 大奮闘した 裾の長~い
すてきな バタ デ コーラ。
c0225143_13061256.jpg











盛大な 発表会が 終わって
もう お蔵入りだろうナ と
さみしい気持ちで
しまいこんでいましたが

記念フェスティバルでの
セビジャーナスで その出番が
再到来しました。

贈り物のような 舞台は 来月。

現実には バタ デ コーラの
セビジャーナス・レッスンは
頭の体操さながらで
全く 余裕は ない。

メンバーと 息を 合わせて
フォーメーションを
創りあげるのに すさまじい
集中力が 要る。

あと半月しかないのに
振りも 完了していません。

手さぐり 足さぐり バタバタ 状態ですが

でも レッスン中 幸せ いっぱい...
あ~ バタ デ コーラが 大好きなんだな 私。

日本と スペイン
150年前に 国交を結んでくれて
i ムーチャス グラシアス!

by ballerina24 | 2018-05-21 23:02 | フラメンコ | Comments(0)

そば みそ

c0225143_18552435.jpg
週末は 爽やかな 陽気。

多湿の梅雨が 来る前の
贈り物の ような
この空気を 愉しもうと
深大寺へ。

お蕎麦屋が 軒を連ねて
いつも迷うのですが

オープンエアの
古めかしい お店に 入り
十割蕎麦せいろを
いただきます。

トロっ とした
蕎麦湯も 供されて
幸せ感 いっぱい。


そういえば 昨年の秋に しこんだ
手前みそ。

G.W.に 味噌樽の 中を覗いたら
まだ お味噌に なっていませんでした。

先生いわく それは 日本人の嗅覚で すぐわかるらしい。
熟成に もうすこし時間が 必要そうです。

気長に 待ちましょう。

by ballerina24 | 2018-05-19 23:15 | 美学 | Comments(0)

セビジャ~ナス・フェスティバル

今年は 日本とスペインの 外交150年。

それを 記念して 開催される
「セビジャ~ナス・フェスティバル」は
今 一番の 目標です。
c0225143_11214839.jpg

有志が 集まり
特別レッスンが
始まりました。

振り返ると 私は
踊りを 発表するばかりで
競うことは なかった。

でも
このフェスティバルでは
入賞チームには
豪華賞品が 用意されている。

いやがおうにも
心の 鼻息 荒くなる!
絶対に 何か 取りたい。

初めての 記念イベントなので
何組の エントリーが あるのか
どう進行するのか
来年も あるのか さっぱり 未知です。

ますます ハラハラ ドキドキ ♪

一か月も満たない 短期間で
どれだけ エレガンテに きれいに
仕上がるでしょうか。

by ballerina24 | 2018-05-16 12:29 | フラメンコ | Comments(2)

名古屋の 親友

c0225143_12363052.jpg

名古屋で 過ごした大学時代の
親友と ひさしぶりに ランチ。

親友は 宝塚ファンなので
私の 知らない 華麗なる
ヅカ話しや 内情を
いろいろと 聞き

私も フラメンコの
最新の 話題や レッスンの
ことを 話したりして

30年以上の つきあいなのに
いつも 会話が キラキラして
新鮮です。

お互いの家族や 弟 妹のc0225143_12362498.jpg
話題も よく します。
身内の 健康と 活躍 = 自分の幸せ。
と しみじみ感じる。

一番 嬉しい ニュースは
小さい時から知る 長女ちゃんの
結婚が 決まったこと!

私と 同じ名前の 長女ちゃん。
余計に 思い入れが 深くて とても嬉しい。

親友の幸せ = 私の幸せ。しみじみ。

by ballerina24 | 2018-05-14 23:19 | 週末 | Comments(0)

憧れの アバニコ

c0225143_12434604.jpg
春の お祭りステージの
一場面を とっても素敵に
撮ってもらいました。

まっすぐ 前を見つめ
皆の 表情には 微笑み。
ムイ ボニ~タ ♪

十代の お嬢さんが
加わって グッと 若くなった
平均年齢の せいかしら。 
フフッ♪

フラメンコ道 5年半にして
やっと 辿りつけた 憧れの 扇子踊り。

扇子は スペイン語で アバニコと
呼びます。

いま 毎週のレッスンで アバニコを ヒラヒラ パタパタして
楽しいし 幸せいっぱい・・・。
もちろん どの 曲も 楽しかったけど
待ち焦がれていたナンバーの 喜びは この上ないです。

i Estoy feliz !

by ballerina24 | 2018-05-12 23:13 | フラメンコ | Comments(0)

G.W. 充実の展覧会

c0225143_11265452.jpg
帰省したら 町じゅうに
麗子像の ポスター。

市美術館で 展示中だ と
いうので 母と 出かけました。

まさか 岸田劉生の絵が
地元で 見られるとは!

何点かある 麗子像は
不気味で キモカワ
ばかりですが
こちらの麗子は あどけなく
可愛らしい ♪

「 麗子になりきるコーナー」では
再現した毛糸のショールを
かけてみました ↑。c0225143_17071165.jpg

父が好きだった 向井潤吉 はじめ
黒田清輝や 青木繁
高橋由一
そして レオナール藤田の
絵も 見られて ラッキー!

彼らの絵は 教科書にも 出ているし
日本が 誇る 近代画家ばかり。

地元で 贅沢な
珠玉の 絵画と 出会えました。

しかも 東京なら 毎度 すごい人垣なのに
閑散・・・ いや ゆったりと鑑賞できました。

出世城の 公園に 溶け込んだ
素晴らしい美術館です。

by ballerina24 | 2018-05-09 23:37 | 週末 | Comments(0)

G.W. おもしろき地元

c0225143_18163969.jpg









子供の頃 恰好の 遊び場だった
貝塚遺跡の 公園。
30年ぶりに 散歩がてら
母と 訪れました。

ここで 出土した 縄文時代の 家屋が
再現されています。
縄文人が 食した 蜆の貝殻も
多く出ています。

遊び場が 貝塚だったとは なんと まぁ贅沢。 

c0225143_18154933.jpg
次は 家康と 秀吉ゆかりの
東照宮を 訪れました。

こじんまりと 小さいですが
出世の 最強パワースポット。
(地元なのに 訪れたのは
初めてだったりして・・・)

なんと 灯篭に
← ハートを 発見!
なぜ? ともかく 可愛い ♪

歴史上にも 重要な
おもしろい史跡や
町名が 多く残る 地元は 
おもしろき場所なのです。

稀少な 展覧会も 開催されていて
母と 行ってみることにしました。

それは 次回に・・・。

by ballerina24 | 2018-05-07 23:08 | 週末 | Comments(2)

ノ―ベルの母

帰省して 母と過ごした
ゆったりGWを 振り返ります。

さっそく ご近所さんに
お呼ばれしました。
c0225143_11215363.jpg









それは
2014年に ノーベル物理学賞を
取った 天野浩氏 一族の
ガーデンBBQ。

とても気さくな 皆様で
3ヶ月の 赤ちゃんから ご年配まで
15名ほどで ワイワイ♪モクモク。

( 残念ながら 天野氏ご本人は
海外へ 出張中。)

スウェーデンの 授賞式にc0225143_11215929.jpg
参列された お母様は
温和で でしゃばらないのに
貫禄があり 風格の佇まいでした。

きわめつけは こちら!
ノーベルの横顔が刻まれ
崇高で 燦然と 光輝く・・・
c0225143_10424900.jpg






チョコレート!
です。

当地の 有名な
お土産品 原寸大の
ノーベルチョコ。

親戚縁者に 配るために
600個 買って
帰国されたそう。

なんて ありがたい チョコでしょう。

ノーベル賞と 少しお近づきになれたような
気が しています。

by ballerina24 | 2018-05-05 23:45 | イベント | Comments(0)

S の 呪縛

c0225143_17224692.jpg
ショップで お目当ての 衣裳を
取り寄せて ワクワクの 試着。

曲の ムードに 合っていて
軽めで 踊りやすいので
めでたく決定。 

ブラウスや フリルの
生地を あれこれ 替えて
もっと キュ~バの
太陽のように
明るくします♪

(フラメンコで 唯一
キューバ由来の 曲なのです。)

次に S・ M・ L サイズ を
基準にして 採寸しました。

↑ 私は Mだと 少し ダブつくので
多少 詰めてもらえば
よいと考えていました。ら!ら!?c0225143_17223067.jpg

Sサイズを 着るよう 勧められ
着たらば 肌のごとく ピッタピタ。
店員さんいわく
「フラメンコは これくらいが 美しいです」。

有無を 言う間もなく Sサイズで オーダーと
なってしまいました。

決して 1ミリも 太れない運命と なり
以来 「 Sの 呪縛 」に 囚われています・・・。

楽しい 食べ過ぎ解禁の G.W.を 目前に・・・。

Sの 呪縛・・・ これも修行かしらん。

by ballerina24 | 2018-05-02 17:56 | フラメンコ | Comments(2)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31