「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:旅行( 75 )


安曇野 食紀行

北アルプスの山々には
モコモコ元気な 夏の雲。
c0225143_12202820.jpg
そして 広がる田んぼの稲穂と 揺れるコスモスに
秋の気配。
ベートーベンの田園交響曲が
聴こえてきませんか・・・♪

俗っぽいけれど 安曇野グルメにも
触れておきましょう。
c0225143_12202100.jpg

豊富な冷たい湧き水が
はぐくむ 良いわさび。

自分のお土産に買い
炊き立てご飯で
ワサビ丼にしました。


爽やかな香りに 辛みはまろやかで
淡い緑色が とてもきれいでした。
( チューブのワサビと雲泥の差。 )

北アルプス牧場の
小さな直売所ではc0225143_22050128.jpg
濃厚な牛乳ソフトクリーム →

柔らかくて 溶けやすく
おいしくて アっという間に
ペロペロ食べてしまった。

3個は 食べられるナ。

今回の旅では
「 腹7分目 」の 自分ルールは
封印しておりました。

最後は ビーナスラインを
走り抜け 雄大な風景を 満喫して
信州蕎麦で しめくくり。
c0225143_12201470.jpg


自家栽培の 季節の
野菜の天ぷらが
サクサクで 箸がすすむ。

お蕎麦は 田舎風で太め。

蕎麦湯を 飲みながら
旅の安全を 守ってくれた
道祖神を 思い出す。

明日からの活力を
しっかり充電できたし
せわしい 下界に帰ると
しましょう。

by ballerina24 | 2018-08-20 11:08 | 旅行 | Comments(0)

安曇野の里へ Ⅲ

c0225143_21464340.jpg

北アルプスの常念岳が
目前に そびえる宿では
夜は 満天の星空。

3つの 流れ星に
出会えました。Lucky me ♪

雪解け水が 豊富な
安曇野は あちこちに
清流があり

近づくと ひんやりとして
心のホコリも きれいに流れました。

道祖神が多いことも 有名でc0225143_21465027.jpg
車窓から 可愛らしい姿を
見つけます。

村の守り神として
五穀豊穣、無病息災、
子孫繁栄を 願って
建てられたそうな。

のどかな 田園風景が
続く 安曇野を 走り
ちひろ美術館へ。

来たかった念願の場所。

愛らしい 子供の絵に
優しいにじみの色調が
好きなのです。

その敷地にも 道祖神を 発見。
男女が 手をとり 寄り添って
ほほえましい。

緑いっぱいの 空気を 深呼吸。
あ~ 人間らしさ 取り戻した~!
c0225143_12275229.jpg


by ballerina24 | 2018-08-18 12:44 | 旅行 | Comments(0)

安曇野の里へ Ⅱ

c0225143_12155915.jpg車を 走らせていると
← こんな 標識に遭遇!

自宅の前を 通る 甲州街道が
はるか ここまで 続いているとは。

感慨深いものがあり
パシャっと 撮影。

松本は もうすぐそこ。

ぜひとも 信州蕎麦も
いただきたい。

こだわり蕎麦屋は
打った分だけで 店を早々に
閉めるので 急ぐ。

前情報を 得ていた 「ものぐさ」へc0225143_12154792.jpg
ランチタイムに 間に合いました。

有名人の色紙が ずら~り
貼ってあり 評判のようです。

先付けの 自家製野沢菜が
とてもおいしい。

おすすめの おろし冷し蕎麦は
上品な 細めんで 私好み 。

レモンと大根おろしが さわやかで
心も胃も満たされ
松本城へ。

安土桃山末期~江戸初期に
建造された天守は 国宝です。

お堀に映る姿と あいまって
勇壮で 麗しく 造形美の極み。
c0225143_12155279.jpg背景に アルプスの山々を従える。

外国人観光客も多く
So cool ! と 叫んでました。

これほどの 立派な建造物を
よく 建てたものだと
日本人の私も 感激です。

by ballerina24 | 2018-08-15 22:50 | 旅行 | Comments(2)

安曇野の里へ Ⅰ

あずさ5号で 暑い下界から
爽やかな 信州の里へ。

現地で レンタカーに乗り換えて
まず 諏訪湖へ。

c0225143_11251989.jpg











近くまで 何度も来ながら
初めて訪れる諏訪湖の 美しい道を 走る。

湖畔に たたずむ ハーモ美術館へ。
アンリ・ルソーの 絵を 9枚も所蔵し
常設展示している 美術館です。

一番に 来たかったところ。
c0225143_11325915.jpg

まず サルバドール・ダリの時計が
お出迎え。

ダリが制作した7点のブロンズ像のうち
こちらは 2点目だそうで こんな
貴重な 作品が 見られるとは!

はやる気持ちで 展示室へ。

アンリ・ルソーに
ジョルジュ・ルオー
アンリ・マティス ミロ ピカソ・・・

珠玉の コレクションに 驚き ためいき。

牧歌的で 優し気な作品が 多く
心が豊かに安らぎました。  

車に乗りこみ 松本へ。

by ballerina24 | 2018-08-13 12:02 | 旅行 | Comments(0)

サマーブレイク

c0225143_17581322.jpg猛暑が続く日本列島。

でも 先日から
ツクツクボウシが
鳴き始めて

わずかだけれど
陽射しの勢いが
和らいできました。

暑いなりにも
盛夏は過ぎ 刻々と 次の
季節に 向かっているのを
感じます。

でも 大人の夏休みは
今始まったところ。

麦わら帽子に
ポシェット
サングラスにチケット・・・ 
ワクワクと旅の準備。

平成最後の 夏を しっかり楽しもう。
皆さまも ク~ルな Summer brakeを ♪


by ballerina24 | 2018-08-11 18:06 | 旅行 | Comments(0)

沖縄の 今

c0225143_12283967.jpg
沖縄を 巡り ニュースで
よく 耳にする 市名の
地理的位置を 認識できたのは
収穫です。

お正月だからか
軍用機の爆音や 気配は
まったく 無くて
米軍基地の 問題を
感じることは 皆無。

← 知念岬 こちらもおススメ。

ところが 先日 沖縄 伊計島に
「 米軍ヘリが 不時着 」の
ニュースが 飛び込み

伊計島は 訪れたばかりなので
その情景が 浮かび 危なさと
憤慨さを 感じました。

そこは うるま市から 海中道路を 渡り
さとうきび畑が広がる のどかな島。

これまで 沖縄の 基地問題は c0225143_13494349.jpg
遠くて 関心外だったのですが

旅をして これは 日本人皆の
関心事で あるべきだと
感じています。
ニュースの 見え方が 変わるでしょう。

きれいな海と 美味しい郷土料理 島唄
それに 根深い現実を 心に刻み
新しい年を 生きます。

by ballerina24 | 2018-01-08 13:54 | 旅行 | Comments(0)

沖縄紀行 Ⅱ 果報バンタ

c0225143_14444136.jpg
雄大で 美しい 果報バンタ。
詠みは 「かふぅばんた」。

沖縄の言葉で 幸せの岬 と
いう意味です。

この旅で 一番 感動した場所。

写真より 実際は この100倍も
素晴らしく 圧巻です。

満月の夜には
下に見える ぬちの浜に
ウミガメが 産卵にやってくる
そうです。

心が震えるような 神聖さと
畏れ多き 美しさ。

近くの 小さな 塩の工場では
この美しい海水から 採れる塩を 販売していて
迷わずに 購入しました。

ここを 訪れたのは 元旦 1月1日。 c0225143_23080901.jpg

ちょっとスゴイことが 起きたのですヨ。

母と 自分用に 選んだ塩を 意識せず
お支払いして 改めて レシートを 見たら

なんと 1111円! 赤でマーク →
1月1日に ワンワンワンワ~ン(戌年だし)

沖縄におわす という竜宮神の
粋な シャレでしょうか。

最高の一年になるよ という
お告げでしょう。 



by ballerina24 | 2018-01-06 23:53 | 旅行 | Comments(0)

沖縄紀行 Ⅱ

c0225143_17044038.jpg
泊まったホテルや 食事の 事も
少し 綴りましょう。

コバルトブルーの 海を
独り占めの ホテルには
沖縄サミットの際に
プーチン大統領が
宿泊したそうです。

贅沢に ホテルライフを 満喫。

そして さんざん 食べた 沖縄料理。

沖縄産和牛 やんばる豚に やんばる地鶏 c0225143_17174603.jpg
グルクンの唐揚げ ラフテー 海ぶどう・・・
そして ブルーシールアイス →

一番 気に入ったのは もずくの天ぷら。
モチッ シャキッとして 美味なのです。

国際通りでは 島唄居酒屋で
泡盛を 飲みながら
三線と 民謡に 耳を傾け
気分は なんくるないさぁ~。

余談ですが
沖縄の方(特に男性)の 顔が 濃い
というのは 本当でした!

by ballerina24 | 2018-01-06 17:37 | 旅行 | Comments(0)

沖縄紀行 Ⅰ

c0225143_14480490.jpg

滞在中は ずっと 陽射しが
ふりそそぎ
どこへ 行っても 海の色が きれいで
こんな風景が 当たり前にある
沖縄の 日常って すごい。

← 静かな ブセナビーチ

旅行前に いろんな人に
おススメの場所を 聞くと
一押しは 「 美ら海水族館 」でした。

なるほど ジンベイザメや マンタが
ゆうゆうと 泳ぐ 巨大水槽は
圧倒的で 素晴らしい。

偶然にも 餌付けの時間に 合い
ジンベイ君は 8m超えの 巨体で
水面に 大きな口を 出して
豪快に ガブガブと お食事。

水族館の お魚たちは c0225143_14481095.jpg
手厚い ケアのもと 天敵はなく
餌に 困ることはない。

でも この美しい海で 泳ぐことは
もう 叶わないし 新たな 出会いもない。

どちらが 本当の 幸せなのかしら。

私が 人魚だったら 苦難があっても
沖縄の 大海原で 自由に 生きたい。

サンピン茶を 飲みながら 自問自答・・・。

次回は 私のベストスポットを 紹介します。

by ballerina24 | 2018-01-03 23:54 | 旅行 | Comments(2)

エルサレム

c0225143_17094715.jpg
6日にトランプ大統領が
エルサレムの 首都認定をし
世界に 動揺が
広がっています。

私が 訪れた 30年前から
「世界の 火薬庫」と
呼ばれています。

そんな 暗さとは 別に

聖書の世界が 息づく 城壁に囲まれた 美しい町
世界3大宗教の聖地でもあり
キリストが 十字架を 背負って 歩いた道があり
そして もっとも低い場所にある 死海

想像もできないその神秘さと
不思議さに 純粋に惹かれc0225143_17094209.jpg
19歳の勢いで 行ったのです。

( 写真は 手元になく ( たぶん 実家?)
これらは お隣 エジプトの写真ですが・・・)

小さな 旧市街に それぞれの宗教の
大切な 場所があって
自由に 入り 礼拝ができ
女一人で 平穏に 歩き回りました。

危ういながらも 保ってきた バランスが
今回の 表明で 崩れて 和平交渉が さらに遠のくでしょう。

美しい 石造りの 町並みが
ずっと 守られることを 祈るばかりです。

by ballerina24 | 2017-12-09 17:58 | 旅行 | Comments(4)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31