「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:美学( 377 )


人生100歳

c0225143_16042891.jpg

今や 時代は
人生100歳。

でも
ヨボヨボ しわくちゃの
100まで 生きるなんて
酷だ というのが
正直な 印象です。

一方で 私が10代の頃
50代 = 哀れな 年寄りで
「終わってる」 と本気で思った。

なのに こうして ありがたくも
命を いただいて 輝く今がある。

10代の私が 忌み嫌った 50代は
健康で 充実していて おしゃれを楽しみ
まだ(?)けっこうキレイで 何より仲間と
過ごす時間が もっと おもしろい ♪

100才も ひょっとしたら そうなのかな??
足腰が 弱くなるのは しかたないけど
案外と 楽しいかもしれない。

やっぱり 元気に 長生きしたもの勝ち。
だって 今 こんなに 楽しいのだものネ。

by ballerina24 | 2018-06-20 23:20 | 美学 | Comments(2)

シュガーフロスト

c0225143_14345611.jpg
ネイル用に 綺麗な色を
いつも 物色しています。

そんな中
簡単で おしゃれに決まる
マニキュアを発見。

「シュガーフロスト仕上げ」と
いうので どんな風になるか
買ってみましたヨ。

← ランダムに 白いぽつぽつが
広がって 上品な 仕上がりが
とても気に入りました。


サロンにいかなくても プロのような ネイルが
とっても簡単にできる!
しばらく シュガーフロストにはまりそう♪

おススメです。

by ballerina24 | 2018-06-16 22:51 | 美学 | Comments(0)

描いてみる

c0225143_18210688.jpg

昨年の10月から
練習している 曲の振りが
やっと ほぼ 完了。

谷あり 山ありだったな~ と
感傷に浸る間は なくて
ここからが 正念場です。

先生が 鮮やかに
フォーメーションを
つけていきます。

踊りに さらなる 膨らみや
華麗な 展開が 加わり
おもしろいところ。

私は ノートに 描き出して
頭の整理をします。

この おたまじゃくしは バタマーク →c0225143_18433899.jpg
平行している セビジャーナス用。

すその長いバタは 回転したときに
どこに しっぽがあるか
理解しておかないと 次の動きに
きれいに つながらない。
ケガに つながってしまう!

紙面と 3Dの 動きを
合体させて イメージトレーニング。

こんな作業も 楽しい。

by ballerina24 | 2018-06-04 22:52 | 美学 | Comments(0)

笑顔 の 力

c0225143_13275663.jpg
マンション管理の
仕事もしていまして

契約から 日ごろの御用聞き
入居や 退室 を 通して
学びが 多いです。

8年ほど 入居している
ある男性は 長身で
彫が深く 見目が良いけど

笑顔の ない方で
いつ 会っても 無表情で
友達や 女性といるところも
見たことがなく

人嫌いで 孤独な印象でした。

その方が 退去することになり
部屋の明け渡しの 立ち合いが あったのです。

最後に 私が「 長い間 ありがとうございました」と
述べて その方を 見上げたら

「 こちらこそ お世話になりました 」 と言い
なんとっ 微笑んでる!

ちゃんと 笑うんだ??!・・・と 仰天しつつ
初めて見たその笑顔は
とても 爽やかで ナイスガイ。

笑顔の 力は なんて強くて 平和なのだろう。

最後の最後に よい印象を 持つことができて
私も 幸いです。

by ballerina24 | 2018-05-30 20:29 | 美学 | Comments(2)

不思議発見 ! グリンピースごはん

c0225143_11081428.jpg
初夏の ごちそう
グリンピースごはん。

すでに 五回目。

日本酒 大さじ 1 と
塩ひとつまみを 入れて
炊きます。

先日
お米と豆に 水を加えて
ホイっと お酒を
注いだつもりが
うっかり ごま油を
いれちゃった!

しばらく お釜の前で
立ち尽くし・・・。 

覆水 盆に返らず。
エイっと スイッチON。

炊きあがった ごま油入りグリンピースご飯 ↑

これが モチっと なめらかで
美味しいではありませんか。
不思議 発見 !

しかも お米が お茶碗にくっつかなくて
食べやすい。

今度は 健康によい
亜麻仁オイルで 炊いてみるつもりです。

by ballerina24 | 2018-05-23 23:50 | 美学 | Comments(2)

そば みそ

c0225143_18552435.jpg
週末は 爽やかな 陽気。

多湿の梅雨が 来る前の
贈り物の ような
この空気を 愉しもうと
深大寺へ。

お蕎麦屋が 軒を連ねて
いつも迷うのですが

オープンエアの
古めかしい お店に 入り
十割蕎麦せいろを
いただきます。

トロっ とした
蕎麦湯も 供されて
幸せ感 いっぱい。


そういえば 昨年の秋に しこんだ
手前みそ。

G.W.に 味噌樽の 中を覗いたら
まだ お味噌に なっていませんでした。

先生いわく それは 日本人の嗅覚で すぐわかるらしい。
熟成に もうすこし時間が 必要そうです。

気長に 待ちましょう。

by ballerina24 | 2018-05-19 23:15 | 美学 | Comments(0)

ずっと チャレンジ

c0225143_13390678.jpg
仕事を終えて 親友と久しぶりに
食事会しました。

今月になって
自身の 発表会に向けた練習に
身内の サポートが重なり
スーパー忙しかった親友。
元気な顔をみて ホッ。

二人で 注文したのは
春野菜の メニューばかり。
体が 欲っしたのでしょう。

私たちは そろそろ
身近な人を 支えていく
ようになる年代。

心の 片隅で そんな準備を
していきながら
自分が 打ち込めるものは
大事に 継続しようと 思う。

親友も それを 犠牲にすることなくc0225143_13390189.jpg
しっかり打ち込み 初めての 大作に
挑戦しています。
6月の ステージが より楽しみ♪

報告ですが 保険の「一般」と「自動車」
試験に 一発合格しました!

あと 2科目 「火災」と「傷害」は
GWまっただ中に テストです。

チャレンジが楽しい って素晴らしい。

by ballerina24 | 2018-04-28 14:00 | 美学 | Comments(2)

初任給の 思い出

c0225143_17181757.jpg
多くの 新入社員さんにとって
初任給の 本日。

どんな 思いで 受け取って
どう 使うのでしょうネ。

私の 初任給の第一印象は
朝から晩まで ほぼ毎日拘束され
たった これだけ・・・? でした。 

学生気分が抜けていなくて
保険料やら税金が 色々と
差し引かれることが
わからなかったのですね。

あきれるほど 世間知らずだった。

母がアドバイスをしてくれ
祖母をはじめ お世話になった
方々へ 小銭入れを 贈りました。

選んだのは プチポワンの刺繍が 入った
革製の 上質なもの・・・。

仕事に慣れ いつしか すっかり
忘れ去っていましたが

祖母が あるとき 「これ 覚えてる?」
と 見せてくれたのです。

20年ぶり位に 見たのに
すぐに 判りました。

初孫の 私が 初任給で買った
それが とっても嬉しかったのだろうな。
私が思っている以上に・・・。

初任給は 天国の祖母の思い出です。

by ballerina24 | 2018-04-25 22:31 | 美学 | Comments(0)

待ってました 豆ごはん

c0225143_13081970.jpg
この季節
スーパーには 野趣あふれる
春野菜が いっぱい登場。

うるい ぜんまい ふきのとう・・・
心惹かれるけれど 手間を 思うと
いつも 眺めるだけです。

その中で まっさきに 買うのは
グリーンピース。

子供の頃 母が この季節に
炊いてくれる 豆ごはんが
大好きでした。

サヤ入りを 買って
キッチンで 豆を ポロポロ取り出す
この手間は 惜しみません。

以前 赤坂の高級料亭「ふくでん」で c0225143_13544809.jpg
この時期 豆ごはんを
いただきましたっけ。→

蓋付きの 小ぶりな お茶碗に よそった
それには 別に 煮含めた
まんまるの お豆が 品よく 5粒ほど。

それに 比べて
自炊ならば ぜいたくに どっさり 入れて
こんなに お豆だらけ~! 

一緒に炊くから つぶれたり シワが 寄ったり。
それでも 幸せな 春の味です♪

by ballerina24 | 2018-04-16 23:58 | 美学 | Comments(0)

卒 業 式

近くの 大学が 卒業式で
ハイカラさんのように
華やかな袴姿の 女学生を
大勢 見かけました。

その袴が 小学生にも
人気上昇中だそうですね。
( アニメの影響だとか )

一度 はいてみたいと 憧れる袴。

でも 私は 能楽研究会 という
古めかしいクラブに入ったため
能舞台での 発表会で
さんざん はきました。

もう忘れたけど チャンと たためました。
 c0225143_14304671.jpg
むしろ 憧れたのは
博士みたいな 角帽とマント。

まるで
オックスフォードか
ケンブリッジ大学生!!?

このマントが 着られるのは
英文科だけの 栄誉で
母の時代から そうだったらしい。
華やかな 袴姿の 卒業生たちに いり交じって
誇らしく感じたものでした。

今 振り返ると 粋な 計らい と 感じます。

この日をもって 社会にデヴューしたのですから
卒業式は 感慨深いです。

by ballerina24 | 2018-03-24 14:47 | 美学 | Comments(0)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30