「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:美学( 363 )


親友と エンディングノート

c0225143_13060846.jpg

出張先から 親友りこさんが
遊びに来てくれました。

会うのは 今年お初で
積もる話が いっぱい。

話題が 広がる中で
二人とも 以前から
「エンディングノート」が
気になっていたことが 判明。

決して 悲壮的な イメージは無く
先の 人生を さらに自分らしく
デザインしたい!という
強く 前向きな思いが 下地にある。

私は もうすぐ誕生日が 来てしまうので
新しい歳を 迎えたらば
りこさんと 一緒に エンディングノートを
探しにいこう!

自分最後の セレモニーについても
なんとなくあるイメージを
具体的に 書いてみたい

エンディングノートに ワクワクしてきた♪

さぁ お土産の 那須の御用邸チーズケーキを
いただきましょう。 

by ballerina24 | 2018-02-17 13:51 | 美学 | Comments(0)

ハグハグ

c0225143_10522990.jpg
伊勢丹で見つけた
バレンタインの 赤ワイン。 
ロミオとジュリエットの
台詞が 綴られて お洒落。

リキュール入りボンボンと
合わせて 思わず買いました。


さて
平昌オリンピックでは
選手たちの 泣き笑いの
ハグハグ嵐を
連日 目にして こちらの
気持ちも 暖かくなる。

シャイと 言われる日本人だって
みんな 熱く ハグしあって
喜びと 労いを
分かち合っています。

国境も 人種も 超えたハグは 周りまでも
平和にして 優しく包む 力があるんだな。

世界終末時計( Doomsday clock ) が さらに縮まって
滅亡まで 残り2分 とされる私たち・・・。

ハグしあって たくさんの ハートで 満たせば
人類は きっと 救われると 信じています。

by ballerina24 | 2018-02-14 22:25 | 美学 | Comments(0)

オープン ザ みそ樽

深呼吸を して 覚悟を定め
4か月ぶりに みそ樽を
開けてみました。

おっ!
ホワホワした 白いカビが
少し あるけど
生地は きれいで
香ばしい 匂いがする。

善玉菌が ウヨウヨと 働いている証拠。
チーズでもあるように 白カビはOKです。
( 黒いのは 絶対ダメ )

講師いわく 白カビは そのまま 生地に混ぜこんで
いいそうですが 私の 気分的には
除去いたしました・・・。

記録として 撮った みその 写真は
茶色い泥にしか 見えず どうも ビジュアル的に 美しくないので
ベランダから 見えた 沖縄の 海の写真を・・・。 

新しく ラップを ピッタリかけて
GWまで また眠ってもらいましょう。
c0225143_11582231.jpg






by ballerina24 | 2018-02-12 22:14 | 美学 | Comments(2)

節分の 思い出

c0225143_12104438.jpg
厳しい寒さにあって
春の訪れを 感じ始める2月が好き。

まず立春が そして 節分。

子供の頃は 父が 鬼になって 
三姉弟で 家じゅうに 豆を
盛大に 撒きました。

喜々と拾い集めても
歳の数しか 食べられず
それが 口惜しくて・・・

7個や8個 10個では すぐ食べ終えちゃう。
香ばしいお豆を もっと食べた~い!
両親の豆の 数が 多くて うらやましかったナ。

それでも 親の言うことを 素直に 聞き分けて
我慢した自分も 無垢でした。

時が経って 今は 個装のままで豆を 撒いて
すっかり合理化 と 効率重視。
それに 当時の 両親よりも どっさり 食べられる今・・・。

100才まで 生きたら どうしようかしら?

by ballerina24 | 2018-02-03 21:10 | 美学 | Comments(0)

年を重ね 自分発見

c0225143_14402784.jpg
日ごろ 自分の周りは同年代か
上司などの年配者。

居心地も 悪くないし
歳の近い人は 話題も合います。

ふと 気付くと 若い人と しばらく
接することなく 過ごしているかも。
( ここで言う 若い人は
10代~20代前半の 本当の若者。)

でも 最近 フラメンコのクラスに
10代の綺麗な方が 加わって
空気感の フレッシュさ アップ♪


10代。なんて素敵な響きでしょ! ネェ・・・

スゴ~イ と みんなで 称賛していると
先生が ウフフと かわいく微笑んで
「 でも 私たちには 経験があるから 」

年齢不詳の 素敵な先生が言うと おおいに 心強い。

過ぎた 年月は 取り返せないけれど
積み重ねた経験は 財産となって
若いころには なかった
アイレ(空気感)を 発揮できるはず。

さまざまな年代の方と 接して
もっと 自分発見を していこう。

by ballerina24 | 2018-01-31 22:45 | 美学 | Comments(0)

いつかは グレイヘア 

c0225143_14454857.jpg
いつか グレイヘアに なった時の
髪型は 決めています。

← ばっさり 長い髪を切り
クルンと 巻いて 軽やかに
白髪を 楽しむのです。

(数年前に 雑誌を切り抜き
メモまでしている・・・)

でも ありのままに 白髪を
伸ばせるのは いつかしら。


残念ながら 一年ほど前に
私も ヘアカラーデビューしました。
「 薬漬けにして ゴメンね 」と
健やかな髪に 謝りながら・・・。

チラホラと 見えてきた 白い髪を
受け入れる勇気は ありません。

だいいち 同年代の友達の 髪は 一様に 黒いし。
正しくは 「 黒くしている 」でしょうけど。
みんな どの時点で ヘアダイから 卒業するのかな。

聖子ちゃんが 染めないまま
出演するようになれば
素直に 私も 受け入れられます。 それはいつだろう?

by ballerina24 | 2018-01-27 17:34 | 美学 | Comments(2)

魅惑の デーツ

c0225143_17260461.jpg
外交官の弟からの
お土産は
バティールの デーツです。

高級スイーツなのですが
半分にカットした
デーツに ナッツを
はさんだ アバウトさが
中東らしい。

(大きなサナギに 見えなくも
ない・・・?!)

コーヒーを淹れて 母と 食べたら
なかなか 美味。

ネト~っとした 濃い
デーツに カリッとナッツが
絶妙なハーモニーです。

日本に バティールの代理店はなくて
バレンタインの特別企画で 伊勢丹が 仕入れたことが
あるようです。
さすが 伊勢丹バイヤー。

世の中には 出会っていない 魅惑のスイーツが
いっぱいあるのですね。

by ballerina24 | 2018-01-24 22:56 | 美学 | Comments(0)

自 家 発 熱

c0225143_12551002.jpg
「めったにない寒気」と
NHKの気象予報士さんが 表現する
寒さが やってきました。

自家発熱の能力が
乏しい 私は 25歳のころから
寝る前に お湯を沸かして
湯タンポを 2個も
用意しました。

朝方に 足から 氷のように
冷えて 寒さで 眠れなかったのです。

それが 一昨年から 湯タンポ要らず!

理由は たぶん 7年ほど前に シャワー派から
お風呂派に 転向したこと。

それ以来 徐々に 発熱能力が 高まったようです。

湯タンポを 用意する 作業は
危ないし 面倒だったので
今は とっても楽で 快適 ♪

週明けの関東圏は 記録的な積雪となり
目覚めたら 一面 真っ白で 寒ーい!

それでも ちゃんと 自家発熱で よく眠れています。 
ありがたい。

by ballerina24 | 2018-01-22 21:08 | 美学 | Comments(0)

ワン ワン ワン

c0225143_13413283.jpg
お正月 1月1日に訪れて
いたく感動した 果報バンタ。

沖縄 うるま市 宮城島にある
美しい 景勝地です。

そこで 採れた海水のみで
創られた塩の 購入代金
1,111円 に
歓喜した話は 先日 綴りました。
(しかも お釣なく ぴったり
支払っていた!)

本題はここから・・・。
東京に戻ってから
お料理に 使おうと
あらためて 袋を見ると
内容量までも 「111g」
ワン ワン ワ~ン!!

戌(ワン)年 1月1日 1,111円 c0225143_19182895.jpg
そして 111g

さらに ワンが揃った 奇遇に
ウキウキ ♪

美しい エメラルドグリーンの
海から パワーを いただける
一年に なりそう。








by ballerina24 | 2018-01-20 19:50 | 美学 | Comments(2)

不倫報道に 思う

c0225143_16452341.jpg
その報道を受けて 綴ろうとしてたら
先程 彼は引退を表明したようです。

前置きしておくと
不倫に 賛同は しません。

でも 昨今 芸能界のみならず
政治や スポーツ界にまで 広がる
不倫スッパ抜き報道
(っていうのでしょうか?)は
正直 よい気持ちがしません。

さまざまな 事情があって
精神的に つらく タフな日々の中で
恋する気持ちや トキメキが
大きな 励みになるのは
よく理解できます。

それで 頑張れることもあるだろうし
生き生きとした自分を
とり戻す大きなパワーに
なっていたのでは・・・。

70億人以上いる 人間の
ライフスタイルは さまざま。

それを 知人でもない他人が 断罪するような
記事が 先を争うように 公表されて
これまでの 人生そのものを
否定したり 制裁を下すような
風潮は どうなのでしょう。

しんどい 日々も ひとときのトキメキで
なんとかバランスをとって
前向きに がんばれるのなら
大人なのだし ソっとしておいたら・・・。

もちろん だれかの 幸せや希望を 踏みにじるような
愛の形は 絶対に よろしくないです。

それに 大袈裟に 公表されることで
かえって 傷ついたり 保っていた生活に
支障がでる 周囲の人が いるかもしれない。

不倫を 肯定はしない。 一方で 人間は パッションなのだ!
他人さまが どうの 言うことでないと 感じるのです。

by ballerina24 | 2018-01-17 16:50 | 美学 | Comments(2)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28