「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:週末( 212 )


チャイナタウン

c0225143_17192981.jpg

秋晴れの 11 11
私の大事な日。

横浜 チャイナタウンへ
出かけました。

賑わう人混みを
抜けて 老舗の 飯店へ。

ふかひれに 松茸
大海老の チリマヨソース
牛カルビや 魚貝の 炒め物 etc
至福の フルコースを
いただく。

店員の サービスも 心地よく
満足度の 高いおもてなし。
よい気分に なれるお店は
ずっと 記憶に残る。c0225143_17214843.jpg

お腹を さすりながら
山下公園へ行き 海風に
吹かれながら お散歩。

銀杏並木が 黄金に
染まり始めていました。

港町 ヨコハマ また来よう♪

by ballerina24 | 2018-11-12 17:58 | 週末 | Comments(0)

鰻 三 昧

c0225143_14093049.jpg

夜は 母の お友達も
一緒に 食事へ
でかけました。

何がいい? と聞かれ
迷うことなく
「 鰻 」と 即答。
( 遠慮のない子供みたい・・・ )

予約をいれたのは
地元でも
評判の 老舗です。

この ほれぼれ見事な 眺め!
鰻三昧です。

焼き具合 タレの濃さ ご飯 など
お店によって 様々。
こちらのは 涙が出るほどおいしい。

それに加えて だれと 食べるか
は とっても大事。

母が お友達や 仲間と 楽しく
過ごしていることに 心から感謝です。

短い時間だけど 充実の帰省でした。

by ballerina24 | 2018-11-05 23:09 | 週末 | Comments(0)

秋の 帰省

c0225143_17094316.jpg

週末は G.W.以来の帰省。

そのために
前の夜に みっちり2時間
フラメンコの 自主練習
しました。

偉い!わたし。

というより 実家では
母と ひたすら しゃべって
食べて 過ごすから
消費カロリーは ゼロ で 
摂取カロリーは いつもの3倍。

せめて 前もって
運動して 罪悪感は
打ち消しておきました。

仕事を終え 急ぎ新幹線に 乗り
バスに 乗り継いで
実家近くで 降りると
しっとりと 樹木の香り。

お寺の深い森が そばにあるのです。

母が 出迎えてくれて
しみじみと 帰省を 実感。

体を ゆるめて 骨休めすると しましょう。

by ballerina24 | 2018-11-03 23:12 | 週末 | Comments(0)

妹と お茶

c0225143_13424651.jpg
二十歳になったばかりの長女が
カナダ留学中の 妹。

心配と不安で いっぱいと
聞いていたので
励まそうと 丸の内に
お茶に誘いました。

手元から 離したことのなかった
可愛い 年頃の娘。

心配な母の思い 察する。

ところが
ラインで 手軽に
連絡がとれて 動画も
まめに 送ってくるので
不安は 落ち着いたそう。

それは 良かった。

私の 18才 欧州一人旅ではc0225143_14002088.jpg
せっせと 絵葉書を
書いたっけ。
届くのは だいたい一週間後で
世界は 遠くて広かった。

美味しいバケットに
かぶりつき
おしゃべりして
豊かな時間に なりました。

by ballerina24 | 2018-10-31 13:19 | 週末 | Comments(2)

秋祭り

c0225143_17225174.jpg

秋晴れの週末。

近所の 秋祭りがあって
お囃子や 大太鼓の音
掛け声が 聴こえてきました。

日ごろ 交通量の多い
交差点の真ん中でも
おみこしを ワッショイワッショイ。

5分 いや10分は 続けていたから
すっかり 車の 大渋滞。

でも
クラクションを 鳴らすことなく
みなさん 静かに 見守り
過ぎるのを 待っていました。

豊穣の神様を 敬う
瑞穂の国 日本人の寛容さ・・・
でしょうか。

いいねぇ 秋。

by ballerina24 | 2018-09-26 23:24 | 週末 | Comments(0)

父の 好きな画家

c0225143_17075001.jpg
心地よいお散歩をしながら
せたび (世田谷美術館) へ
でかけました。

お目当ては
日本画家の 向井潤吉の展覧会。

日本中を 旅して 藁ぶき屋根や
山里の 風景を多く描き
民家の画家 とも呼ばれます。

私の父は 彼の絵が 好きだったのでc0225143_17075787.jpg
会話をするように
ゆっくり鑑賞しました。

緊張と重圧が続く仕事の合間に
油絵を 描いていた父。

雄大な 風景画が 多くて
潤吉の 絵を見ていたら
ただよう のどかな空気が
似ていることに
気付きました。

父が共感を得た絵を 見られて
充足感で いっぱい。

鑑賞後は カフェテラスで
ガレットのランチ。
また来よう せたび。

by ballerina24 | 2018-09-24 17:44 | 週末 | Comments(2)

タテルヨシノ@銀座

c0225143_15123100.jpg
お料理は 左から
・軽くスモークしたサーモン ミーキュイ ステラマリス風
・牛ホホ肉の赤ワイン煮込み 色鮮やかな野菜をまとわせて
・仔羊のロースト 香草のペルシャード仕立て

ほんの添えられたソースにも
情熱と 手間が かけられている。
c0225143_17335030.jpg

デセールは
チョコレートのクープグラッセ。

さまざまな素材が ぜいたくに
溶け合って 至福のハーモニー♪

食後のコーヒーと ともに
プティフールも・・・。

3種のマカロンと
プティ カヌレ。c0225143_17335790.jpg



お皿も 繊細で 斬新で
おどろきの演出も 楽しい。

苦手なものが多い 二人の分も
私は 遠慮なく全部食べて
ウエストは パンパン。

淑女の ようにふるまっても
食欲は 青虫並み・・・でした。

美味しいから 我慢は いたしませんワ。

by ballerina24 | 2018-07-30 23:48 | 週末 | Comments(4)

タテルヨシノ@銀座

c0225143_14174696.jpg
約束の 銀座ランチは
台風が 迫りくる週末。

幸いにも 雨雲が遅れて
親友3人で 素晴らしい
時間を 堪能しました。

「タテルヨシノ」

美しいお料理の数々に
広々と 贅沢な空間と
一流のおもてなし。

全てが 洗練されながらも
リラックスした
優しい雰囲気に
満たされている。

私たちの 親友仲間の
甥っ子くんが
働いているご縁で お邪魔しました。

なんと 甥っ子くんから c0225143_14452876.jpg
グラスシャンパンの
心遣いを いただき
感激から スタートです。

私は フルコースのフレンチが
大の大の大好きで
長く難しい お料理名に
ワクワクしてきます。

こちらは 前菜の スープならぬ
ふわふわ仕立ての ボルシチ →
ビーツの 鮮やかなピンク。

美しいお皿と盛り付けが
彩りを添えています。

感動の お料理を 次回に
ご紹介しましょう。

by ballerina24 | 2018-07-28 23:53 | 週末 | Comments(2)

ほたるの 夕べ Ⅱ

c0225143_12223870.jpg

山懐 深く
小旅行気分に
胸 踊らせて

お食事の 席へ…。

屋内は クーラーが
効いているので
浴衣でも 足袋を
はきます。
( これ おすすめ )

味のある 日本家屋で
食事を しながら
蛍を 鑑賞できる
時間と なりました。

全ての 明かりを落とすと
闇が 広がり 星が 良く見えc0225143_11090483.jpg
それだけで 感動。

昔の夜空は こうだったのだ。

たくさんの 蛍が 放たれて
自由に 飛び交う 様は
幻想的で 美しい。

小さな体で 命を 燃やすような
薄緑色の光は はかなくて
メランコリックな 気持ち…。

翌日
体が重いはずの 連休明けが
足取りも 心も 軽い。
森の 空気が 癒してくれた
のですね。

by ballerina24 | 2018-07-18 12:36 | 週末 | Comments(4)

ほたるの 夕べ Ⅰ

c0225143_11280159.jpg
連日の 猛暑の中 
涼を 求め 山里へお出かけです。

都心から 50分ほど
離れただけで
気温が 5度ほど 涼しく
森の香りで い~っぱい。

夕暮れ時だったので
ヒグラシの 鳴き声が
響いて 俗世にまみれた
心を 浄化してくれる。

せせらぎから
吹く風は ひんやり・・・。

手間でも 浴衣でc0225143_11372160.jpg
出かけて 良かった。

洋服では 夏のヒロイン気分は
味わえませんから。

ご一緒の
ちなみさんの 浴衣は
紺地に 花火柄で 鮮やか。

では
いろり炭火焼きの
鶏と 牛肉のコースを
いただきながら
ほたるを 鑑賞しましょう。

by ballerina24 | 2018-07-16 11:48 | 週末 | Comments(2)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30