「温故知新」~働く女の和風道~



安曇野の里へ Ⅱ

c0225143_12155915.jpg車を 走らせていると
← こんな 標識に遭遇!

自宅の前を 通る 甲州街道が
はるか ここまで 続いているとは。

感慨深いものがあり
パシャっと 撮影。

松本は もうすぐそこ。

ぜひとも 信州蕎麦も
いただきたい。

こだわり蕎麦屋は
打った分だけで 店を早々に
閉めるので 急ぐ。

前情報を 得ていた 「ものぐさ」へc0225143_12154792.jpg
ランチタイムに 間に合いました。

有名人の色紙が ずら~り
貼ってあり 評判のようです。

先付けの 自家製野沢菜が
とてもおいしい。

おすすめの おろし冷し蕎麦は
上品な 細めんで 私好み 。

レモンと大根おろしが さわやかで
心も胃も満たされ
松本城へ。

安土桃山末期~江戸初期に
建造された天守は 国宝です。

お堀に映る姿と あいまって
勇壮で 麗しく 造形美の極み。
c0225143_12155279.jpg背景に アルプスの山々を従える。

外国人観光客も多く
So cool ! と 叫んでました。

これほどの 立派な建造物を
よく 建てたものだと
日本人の私も 感激です。

by ballerina24 | 2018-08-15 22:50 | 旅行 | Comments(2)
Commented by 坂の上の竜馬 at 2018-08-17 12:04 x
松本城、壮大ですね。私は、会津若松の鶴ヶ城に行ってきました。会津藩士の涙を感じました。 お城巡りはいいもんだ!
Commented by ballerina24 at 2018-08-17 18:01
坂の上の竜馬さんへ

鶴ヶ城もいいですね。
お城には古のドラマがしみ込んでいます。
城下の人々は羨望の思いで
天守閣を見上げたのでしょうね。
私も当時に思いを馳せます。
<< 安曇野の里へ Ⅲ 安曇野の里へ Ⅰ >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31