「温故知新」~働く女の和風道~



人生100歳

c0225143_16042891.jpg

今や 時代は
人生100歳。

でも
ヨボヨボ しわくちゃの
100まで 生きるなんて
酷だ というのが
正直な 印象です。

一方で 私が10代の頃
50代 = 哀れな 年寄りで
「終わってる」 と本気で思った。

なのに こうして ありがたくも
命を いただいて 輝く今がある。

10代の私が 忌み嫌った 50代は
健康で 充実していて おしゃれを楽しみ
まだ(?)けっこうキレイで 何より仲間と
過ごす時間が もっと おもしろい ♪

100才も ひょっとしたら そうなのかな??
足腰が 弱くなるのは しかたないけど
案外と 楽しいかもしれない。

やっぱり 元気に 長生きしたもの勝ち。
だって 今 こんなに 楽しいのだものネ。

by ballerina24 | 2018-06-20 23:20 | 美学 | Comments(2)
Commented by 坂の上の竜馬 at 2018-06-23 11:37 x
確かに今の100才のイメージと50年後では違ってるかもしれませんね。
でも私は、人間の体には決まった寿命があって無理に進化した医療とかで自然の流れを崩すと、世の中のバランスが崩れるような気がするので(高齢化社会の問題とか)、65才で失礼しまーす(^。^)y-.。o○
Commented by ballerina24 at 2018-06-24 23:16
坂の上の竜馬さんへ

え? 65才は早すぎませんか?
今は70代も十分アクティブで充実しているから
そこまでがんばりましょうヨ (^^
といっても無理な延命や不健康な長生きは
私も望みません・・・。
やはりクオリティーある日々を大切して
年を重ねたいですネ。
<< 100歳時代 初夏の プチ同窓会 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30