「温故知新」~働く女の和風道~



恥じらい

c0225143_2143267.jpgこの時期 お花屋さんで 豪華に咲く 芍薬
花言葉は 「恥じらい」 「慎ましさ」

見事に 咲く姿もいいけど
茶席に 活けた 丸々したつぼみと
青々した葉が 好きです

その 清楚な姿をみると
花言葉にも 納得できます

さて
茶道の段が 進んでいけば
掛け軸の 書も 読めるように
なることが 求められます

「 露 」は 読み取れるけど 
日本語が 読めないなんて


芍薬を 前に ちょっと 恥ずかしい・・・

軸とお花は 季節に合わせて 替わっていくので
お茶席では 一瞬の出逢いが とても 愛しく 大切です
It's never too late to learn something.
by ballerina24 | 2012-06-16 11:36 | 茶道 | Comments(2)
Commented by ayu at 2012-06-17 23:22 x
はじめまして。
以前から 拝読させていただいております。
読み逃げで ごめんなさい。
掛け軸 気になりました。
ネットで 明 と 露 を入れて検索しましたら
明歴々 露堂々 というのがでました。
もしかしたら これかも・・・・・・
いろいろ 勉強になります。

Commented by ballerina24 at 2012-06-18 11:34
ayuさんへ

Enchantee, ayuさん ^^

調べてくださりありがとうございます!
ネットで すぐ調べるのか そのままにするか・・・
この違いが 大きな差になっていく

ayuさんから 大きな気づきを いただきました

 「めいれきれき ろどうどう」

なんと 奥深く 心髄を突くような 禅の教えですね
さぁ これを読んでくださった方
自身でさっそく調べましょう ^^

また 遊びにきてくださいネ
<< たたみ の 作法 Classic style >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31