「温故知新」~働く女の和風道~



ほたるの 夕べ Ⅰ

c0225143_11280159.jpg
連日の 猛暑の中 
涼を 求め 山里へお出かけです。

都心から 50分ほど
離れただけで
気温が 5度ほど 涼しく
森の香りで い~っぱい。

夕暮れ時だったので
ヒグラシの 鳴き声が
響いて 俗世にまみれた
心を 浄化してくれる。

せせらぎから
吹く風は ひんやり・・・。

手間でも 浴衣でc0225143_11372160.jpg
出かけて 良かった。

洋服では 夏のヒロイン気分は
味わえませんから。

ちなみさんの 浴衣は
紺地に 花火柄で 鮮やか。

では いろり炭火焼きの
鶏と 牛肉のコースを
いただきながら
ほたるを 鑑賞しましょう。

# by ballerina24 | 2018-07-16 11:48 | 週末 | Comments(0)

夏の 支度

c0225143_14502416.jpg
一年ぶりの 浴衣で
おでかけするので

余裕をもって
夏の 小物類を準備。

これだけ暑いと
出かける間際になり
アレが ない
コレが ない
草履は どこだ と
慌てるのは NG。

すぐに汗が 噴き出し
着付けが 台無しです。

暑い夏こそ
頭は 常にクールに
余裕をもって 支度するのが
とても 大事。

懐石を いただきながら
蛍も 見られるというので
楽しみです。

はて! 一年ぶりで 帯の結び方の 記憶が
あやふやだ。
ネットで 確認しなくては!!! バタバタ・・・・。

# by ballerina24 | 2018-07-15 15:02 | 週末 | Comments(0)

レッスンの前の気合

c0225143_12472491.jpg
今夜は 初めての
スペイン人による
レッスン。

スペインはへレスから
来日中のチャノ・カラスコ氏。
こてこてフラメンコの地。

踊りのレッスンではなくて
舞台で欠かせない
ハレオ(掛け声)と
パルマ(手拍子)を
教わります。

ついていけるかな…。

受けるべき貴重なレッスンと
先生も 強く おススメ。

個人的にも
スペインの方から
教わるのは初めてで
それだけでドキドキします。

手拍子だから
ネイルにも気合を込めました。

通訳の方がつきますが
少しでもお話もしたいし 気合満々。

1時間でたくさん吸収してまいります!

# by ballerina24 | 2018-07-14 12:56 | フラメンコ | Comments(0)

情熱の オレンジ

c0225143_15194676.jpg

毎回 熱をいれて
こだわる 発表会の 衣裳。

私の 唯一の贅沢です。

G.W.の頃に ショップへ
出向いて 相談しながら
候補を 2点選び

最終の 生地が
先日 やっと 確定しました。

← お洒落な 色合わせでしょ。

今回踊る キューバ由来の
「グアヒーラ」には
情熱の オレンジ がピッタリ と
メンバーで 話していたので

第一希望の オレンジで
決まり みんな ニコニコ ♪

個人的にも この色の衣裳は
持っていないし ぜひとも
着てみたかった。

出来上がりは 今月の終わりごろ。

メンバー5名で揃って 着たら とても華やかでしょう。

# by ballerina24 | 2018-07-09 22:41 | フラメンコ | Comments(0)

七夕の お願い

c0225143_13055725.jpg

陽射しが さらに強くなり
暑さが 厳しい。

それでも 私は
屋内の仕事だから マシ。

屋外で 仕事に 従事する方や
災害に あった方々を
思うと 不満は 言えません。

火星移住の プロジェクトが
実際に 進んでいますが
もうすでに
地球も 火星化しつつあって
数十年後には カプセルの中での
生活に なるのかも。

歴史的な 米朝会談が 実現して
盛り上がりましたが
気付くと その後 具体的に
どう 非核化へ 進んでいるのか
一般人には 見えてこないし
忘却のかなた。

すすむ温暖化が もたらす
未曾有の災害を
目の当たりにして
核も 戦争も 個人単位の 争いなども
している場合じゃない。

みんな もっと 一緒になって
平和に 仲良くして 地球を 守ろうヨ。

七夕の お願いです。

# by ballerina24 | 2018-07-07 13:14 | 美学 | Comments(0)

50代の イメージって・・・

c0225143_14531990.jpg
「 孫の顔が ~ ~ 」と 喜ぶ
← こちらの 女性
いくつ位に 見えるでしょう?

老眼用のメガネを
鼻に かけて
タレ気味の 目じりに
ダボっとした洋服で
中途半端な ボブヘアーと
楽ちんオバサン靴。

私には 80歳超えの
おばあちゃまに
見えるのですが

スマホを使い始めた
この「携子さん」は
新聞の土曜版に
登場しています。

まだ不慣れで 困ると
20代の 甥っ子に スマホ術を
教えてもらう
という 設定です。
( 私も 少し近いものが・・・! )

主題から それましたが
この携子さんは
「 50代の 主婦」 設定なのです。 

50代って こんなイメージ・・・? で す か・・・???
なんか 悲しくなる。

50代でも 前半と 後半では
だいぶ 変わるでしょうけれど
ちょっと ヒドくないかしら?

日経新聞さん!
50代は もっと軽やかで お洒落で キレイよっ!! プン。

# by ballerina24 | 2018-07-04 22:07 | 美学 | Comments(0)

エレベーターの 学び

c0225143_14014388.jpg
築35年超の 居住マンションの
古いエレベーターを
改修工事することになり

全面ストップしている
この一週間。

想定外の 梅雨明けと
重なり 酷暑の中を
階段で 行き来しています。

エレベーターが使えず
その便利さが
身に沁みるし
災害時の 訓練のようだし
脚力を つけておくことの
重要性も もちろん。

それに 流行りのタワマンには
絶対に 住むまい
と 思ったり。

高くても 7階までだナ。

便利に慣れてしまって
忘れていた 教訓を 得ました。

# by ballerina24 | 2018-07-02 23:03 | 美学 | Comments(0)

貫禄の カーニャ

c0225143_17442565.jpg

梅雨明けの 青空がスカーッと
広がる 週末。

お仲間の さとこさんと
親友 ちなみさんの
発表会へ 出かけました。

今回は マントン という
大判の 布を 使って 「カーニャ」と
いう 大作に 挑戦。

マントンは 扱いが
高度で ひっかけたり
アクシデントも 心配。

でも 自主練習を 積み
努力し続けてきた様子を
見て 知っているので
( 勝手ながら ) 信じていた私。

ちなみさんはc0225143_17441780.jpg
見事に 魅せてくれました。

重厚で 荘厳な カーニャを
情感たっぷりに 踊り
マントンが 力強く きれいな
弧を描いて 宙を舞い ブラヴァ~。

技術だけじゃなく 表現力や 風格も
備わって グアッパでした。

若輩の私が 言うのは おこがましいけど
このカーニャで ググっと さらなる
ステージに 上がった貫禄を 感じました。

カーニャ いつか 踊りたい。

# by ballerina24 | 2018-06-30 23:48 | フラメンコ | Comments(2)

Wカップ @ ロシア

c0225143_12271943.jpg

スポーツ観戦に興味がない
私でも 4年に一度の
W杯は 特別。

世界の強豪プレーに
釘づけになります。

今回も まさかの展開に
運命のいたずらなのか
それが実力なのか
予想を裏切るから
おもしろすぎる。

取り引き先でもある ドイツを
つい 応援したいが
アジア勢の 韓国も 肩入れしたくなる
ドイツ VS 韓国。

終盤の 韓国の 粘り強さと 勢いは
素人の 私にも 明らかで
王者 ドイツを 破り 見事でしたネ!

両チームとも 一次リーグ敗退では
ありますが 韓国は 選手も
観客も 最高に いい顔してました。

スポーツ選手じゃなくても
ドイツの人は 皆 長身で 大柄で
身体的に 勝っているはずなのに
アジアが 負かすとは・・・。

しばらく 取り引き先の H氏は
ご機嫌ななめかな。

次は 同じく 勢いづいている ニッポン戦! 

# by ballerina24 | 2018-06-27 23:31 | 美学 | Comments(4)

主人公に なりきるフラメンコ

c0225143_14414528.jpg
いつもの 古巣の
チルドレンメンバーで
武蔵野舞踊団の
公演に 出かけました。

結ばれない 身分違いの
オリジナル悲恋ストーリー。

ベタな ストーリーが
フラメンコの踊りと
華やかな 演出や 構成と
真剣な 演技で
見応えある 2時間でした。

女性が 男役を踊るのも
見どころで ほんとうの
男性より ずっとカッコイ~。

( 宝塚人気に うなづける )

発表会でも 朝から大変なのに
この大がかりな公演を 二日行うのだから
舞踊団の愛と 情熱は 深い。c0225143_14413824.jpg

お芝居には 縁がなくとも
その曲の 出生や 情景
歌詞の意味を 意識して
主人公に なりきって
踊ることは
私も やってみるべき。

「 グアヒーラ 」だから
イヤよん と 逃げながらも
男性を 挑発する
小麦色の セニョリータ。

ムムー 無理があるな。 私・・・。
でも 気分だけでも セニョリ~タ 大事 ♪

# by ballerina24 | 2018-06-25 22:32 | フラメンコ | Comments(2)

100歳時代

c0225143_12572355.jpg

仕事柄 英語の辞書を よくひきます。

100才時代の 話題を
取り上げたばかりですが

← 偶然にも 見つけた例文。

" It is seldom that a man lives
 to be a 100 years old."

”人が 100歳まで生きることは まれだ。”

この辞書 1971年の発行。
47年も 昔・・・。
なるほど 当時は まれだった
でしょう。

父が 使っていた辞書なのです。

これも 大切にしながら
最新の 英語辞書を まず買おうっと。

100歳まで 生きてしまったら
あと50年も 使える ということダ。

# by ballerina24 | 2018-06-23 22:08 | 美学 | Comments(0)

人生100歳

c0225143_16042891.jpg

今や 時代は
人生100歳。

でも
ヨボヨボ しわくちゃの
100まで 生きるなんて
酷だ というのが
正直な 印象です。

一方で 私が10代の頃
50代 = 哀れな 年寄りで
「終わってる」 と本気で思った。

なのに こうして ありがたくも
命を いただいて 輝く今がある。

10代の私が 忌み嫌った 50代は
健康で 充実していて おしゃれを楽しみ
まだ(?)けっこうキレイで 何より仲間と
過ごす時間が もっと おもしろい ♪

100才も ひょっとしたら そうなのかな??
足腰が 弱くなるのは しかたないけど
案外と 楽しいかもしれない。

やっぱり 元気に 長生きしたもの勝ち。
だって 今 こんなに 楽しいのだものネ。

# by ballerina24 | 2018-06-20 23:20 | 美学 | Comments(2)

初夏の プチ同窓会

c0225143_12212867.jpg









初夏の 風物詩
プチ同窓会@関東圏が
ありました。

固定した顔ぶれが多いなか
毎回 初参加の仲間が
加わるので
いつもフレッシュ。

懐かしいのに 新しい気分になれる
同窓会は 素敵ですよネ。

話題は やはり 高校時代の
共通の思い出話が 多く
「ブルマー」という死語が
飛び出して 懐かし 恥ずかし 大笑い。

当時は 当たり前に 女子は
はいていたけど
今の時代なら 人権侵害的で
差別的で ありえない モノ。

今の 若者は 何か知らないでしょう。

昭和の 遺産 「ブルマー」で
かなり 盛り上がりました。

ともに過ごした 古き良き時代を
時々は みんなと 振り返りながら
温め 大事にしていこう。
c0225143_17414805.jpg

# by ballerina24 | 2018-06-18 12:25 | イベント | Comments(2)

シュガーフロスト

c0225143_14345611.jpg
ネイル用に 綺麗な色を
いつも 物色しています。

そんな中
簡単で おしゃれに決まる
マニキュアを発見。

「シュガーフロスト仕上げ」と
いうので どんな風になるか
買ってみましたヨ。

← ランダムに 白いぽつぽつが
広がって 上品な 仕上がりが
とても気に入りました。


サロンにいかなくても プロのような ネイルが
とっても簡単にできる!
しばらく シュガーフロストにはまりそう♪

おススメです。

# by ballerina24 | 2018-06-16 22:51 | 美学 | Comments(0)

セビジャーナスの 学び

c0225143_18261877.jpg
初めて 外の世界に出て
多くの学びをいただきました。

情熱や 激しさ 嘆きを
表現するフラメンコだけれど
根底には 思いやりが
あるのですね。

スペイン舞踊の草分けの
小松原庸子さんが わざわざ
控室に 挨拶にいらしたのには
とても 驚き 感動。 

あ あ あの 小松原庸子さんが!! 
ほがらかで 気さくで
「みなさん 控室はずっと使っていいのよ。
今日は よろしくね 」 などと 声をかけてくださいました。

老弱男女 楽しく踊れる セビジャーナスを
もっと 広めたいそうです。 私も 大賛成!

基本的に セビジャーナスは 相手と組み
見つめあい よい距離感を保ちながら
気遣いをもって 交差したり 足を鳴らしあって
楽しく踊ります。

照れ屋の 日本人は 視線を合わせ続けるのは
苦手かもしれません。

でも 審査員は 笑顔と 相手への意識の大切さを
強調されていました。
これは 今後の 意識するポイント。

小松原さんは 控室に ふたたび 顔を出して
入賞をのがした 私たちに
「 がんばって 来年は賞をとってね!」 と
直々に エールを 贈ってくれ
最後まで 気遣ってくれました。

感謝と 達成感で 胸いっぱい。

素敵な先生と 仲間と セビジャーナスに サリュ~♪ 

# by ballerina24 | 2018-06-13 23:26 | フラメンコ | Comments(0)

セビジャーナス フェスティバル2

c0225143_18284166.jpg













セジャーナスはほんの 5分ほどの踊り。 

そこに 全て 放出する!
不完全燃焼だけは
すまい !と誓っていました。 

プロのように スゴイ
上手な踊りは できなくても
華やかで 楽しく 明るく
踊るなら 負けないわヨ と。

審査員が 期待しているのは
そこのはず。

そう思ったら 緊張が解けて
スポットライトを 満喫しながら
のびのび 踊れました。

どのチームも 趣向を凝らし
カスタネットあり 扇子あり
マントンあり 闘牛士あり
子供から シニアまで 見応え十分。

結果ですが ラス フローレスは 入賞ならず。
あ~ くやしいな。
強敵ぞろいで 上には上があることを 知る。

応援に 来てくれた 母や 仲間 親友など
マイサポーター6名様 ありがとう!
素敵な先生と チームの仲間に 感謝!

貴重な経験で 得た学びは 次回に・・・。

# by ballerina24 | 2018-06-11 18:34 | フラメンコ | Comments(4)

セビジャーナスフェスティバル1

c0225143_22132371.jpg

ついに 迎えた
第一回 セビジャーナスフェスティバル
晴れ女力が 効きすぎて
30度の 暑さ!

← ホールに到着した
ラス フローレスチームです。 

スタッフの 方々が
とても 親切で
きれいな 控室の用意もあり
不自由なく 過ごせました。
感謝です。

22組もの エントリーがあり
一部と 二部に 分かれ
審査を 受けます。

ロビーは 創意工夫した衣裳で
着飾った 22チームが 集いc0225143_22120574.jpg
まるで 舞踏会のよう。

みんな どんなセビジャーナスを
ひっさげてきているのか。。。
周りが 手ごわく見える。。。

発表会とまったく違う 雰囲気に
「 審査 」される 重みを
ひしひし実感。

外の世界に出てみて
初めて 身に染みる
先生と チームの 心強さ。

( 帰る港があるっ て
なんて ありがたい! )

私たちも 緊張するけれど
見守る 先生は もっと
ドキドキでしょう。

第一回目 の 一番。
悔いのないセビジャーナス
いってきます。

# by ballerina24 | 2018-06-09 23:06 | フラメンコ | Comments(0)

奥深い セビジャーナス

c0225143_18110048.jpg
ラス・フローレスの 8名。

日西外交150年を 記念する
フェスティバルに 向けて
ファンタスティコな
セビジャーナスが
仕上がりました。

たった 一か月弱でも
先生の 熱いご指導と
集中力で 成せるのだ !

自信も 生まれた。
体力も ついた。
チーム力も 深まった。

これまで セビジャーナスは 300回 いや500回以上は
踊っているはずだけど
もっと 深い 魅力や 重み 広がりを 知りました。

2度目の バタ デ コーラ も
きれいに フワァ~ っとあげるコツが
つかめたように 感じる。

出勤前には
踊りに 使う CD曲を 繰り返し 聴いて
セビージャナスに 染まっています。

# by ballerina24 | 2018-06-06 18:54 | フラメンコ | Comments(4)

描いてみる

c0225143_18210688.jpg

昨年の10月から
練習している 曲の振りが
やっと ほぼ 完了。

谷あり 山ありだったな~ と
感傷に浸る間は なくて
ここからが 正念場です。

先生が 鮮やかに
フォーメーションを
つけていきます。

踊りに さらなる 膨らみや
華麗な 展開が 加わり
おもしろいところ。

私は ノートに 描き出して
頭の整理をします。

この おたまじゃくしは バタマーク →c0225143_18433899.jpg
平行している セビジャーナス用。

すその長いバタは 回転したときに
どこに しっぽがあるか
理解しておかないと 次の動きに
きれいに つながらない。
ケガに つながってしまう!

紙面と 3Dの 動きを
合体させて イメージトレーニング。

こんな作業も 楽しい。

# by ballerina24 | 2018-06-04 22:52 | 美学 | Comments(0)

ラス フローレス

c0225143_12363758.jpg
日西外交150年を 記念する
フェスティバルに
エントリーした 私たち。

♪ 精鋭 美女揃い♪ チームに
先生が
「 ラス・フローレス 」と
命名してくれました。

花が 舞うように 美しい
セビジャーナスのために
短期集中で 特訓中。

当然ながら 真剣に
表彰台を
ねらっている中

私たち ラス・フローレスの
出番が 一番と決まり
先生も チームも 俄然
顔つきが 変わりました。

第一回目の フェスティバルの 幕開けが
私たちの セビジャーナス!

願っても こんな 光栄なチャンスは そうない。
お客様も 審査員も 大注目!

華々しく 盛大に 会場を 盛り上げる
大切な 任務を 与えられたのだ。
( 来年も 開催するかどうか 左右する !??)

みんなで 喜びとも 悲鳴とも つかない
声を あげながら 目が キラキラしている。

オ~ ディオス ミオ!! (オーマイゴッド)

# by ballerina24 | 2018-06-02 23:50 | フラメンコ | Comments(0)

笑顔 の 力

c0225143_13275663.jpg
マンション管理の
仕事もしていまして

契約から 日ごろの御用聞き
入居や 退室 を 通して
学びが 多いです。

8年ほど 入居している
ある男性は 長身で
彫が深く 見目が良いけど

笑顔の ない方で
いつ 会っても 無表情で
友達や 女性といるところも
見たことがなく

人嫌いで 孤独な印象でした。

その方が 退去することになり
部屋の明け渡しの 立ち合いが あったのです。

最後に 私が「 長い間 ありがとうございました」と
述べて その方を 見上げたら

「 こちらこそ お世話になりました 」 と言い
なんとっ 微笑んでる!

ちゃんと 笑うんだ??!・・・と 仰天しつつ
初めて見たその笑顔は
とても 爽やかで ナイスガイ。

笑顔の 力は なんて強くて 平和なのだろう。

最後の最後に よい印象を 持つことができて
私も 幸いです。

# by ballerina24 | 2018-05-30 20:29 | 美学 | Comments(2)

先生は 異星人

c0225143_12322907.jpg
美しい講師の 成江先生。
( 直接 習う機会は
残念ながら なかったけど )

最後に 扇子を 持って現れ
私が 今取り組んでいる
グアヒーラを 踊りました。

7分位の 長い踊りも
アっと言う間で
アンコールしたいほど
見目麗しく グアッパ。

こんな エレガンテで 気品に
満ちたグアヒーラが
あるなんて・・・。


踊っている間 ずっと 指先まで
きれいなポーズを 保ち
首を長く 背筋が スッと伸びて
眼差しにも 輝き。

なにか一つでも 真似したい。

「 先生って スゴイね~」など
3人で おしゃべりしながら 帰る。

全ての曲のレシピが 頭に入っていて
熟練度や気質の異なる生徒さんを 指導して
そして 自分も 期待に応える踊りを してみせ
また生徒さんの 羨望を 浴び 輝き続ける。

成江先生も 私の先生も 雲の上の人 まさに異星人!

# by ballerina24 | 2018-05-28 23:50 | フラメンコ | Comments(0)

チルドレンの 発表会

c0225143_12332263.jpg元仲間の 発表会へ。

難しいアレグリアスを
ソロで 魅せてくれました。

定番の ブルーではなく
赤の ボレロで キリリと
決めたのも 素敵。

身体ごと リズムの 波に
乗せることに
毎度 苦労する私と
大違い。すごいナ。

仲間の成長は 眩しい。

↑ 私たち 元仲間4名は 自称
「 斎藤克己チルドレン 」♪
( 当の先生は たぶん知らなくって 勝手に !!)

年齢が近くて 気が合うのも 運命的。

今 それぞれ違う教室に 通っていますが
始まりが 同じであることを
忘れずに 大切にしたい。

このあとに 大ファンの 講師の先生も
ムイムイ グアッパに 踊りました。
それは 次回に。
# by ballerina24 | 2018-05-26 23:13 | フラメンコ | Comments(0)

不思議発見 ! グリンピースごはん

c0225143_11081428.jpg
初夏の ごちそう
グリンピースごはん。

すでに 五回目。

日本酒 大さじ 1 と
塩ひとつまみを 入れて
炊きます。

先日
お米と豆に 水を加えて
ホイっと お酒を
注いだつもりが
うっかり ごま油を
いれちゃった!

しばらく お釜の前で
立ち尽くし・・・。 

覆水 盆に返らず。
エイっと スイッチON。

炊きあがった ごま油入りグリンピースご飯 ↑

これが モチっと なめらかで
美味しいではありませんか。
不思議 発見 !

しかも お米が お茶碗にくっつかなくて
食べやすい。

今度は 健康によい
亜麻仁オイルで 炊いてみるつもりです。

# by ballerina24 | 2018-05-23 23:50 | 美学 | Comments(2)

セビジャーナス con バタ

昨年 大奮闘した 裾の長~い
すてきな バタ デ コーラ。
c0225143_13061256.jpg











盛大な 発表会が 終わって
もう お蔵入りだろうナ と
さみしい気持ちで
しまいこんでいましたが

記念フェスティバルでの
セビジャーナスで その出番が
再到来しました。

贈り物のような 舞台は 来月。

現実には バタ デ コーラの
セビジャーナス・レッスンは
頭の体操さながらで
全く 余裕は ない。

メンバーと 息を 合わせて
フォーメーションを
創りあげるのに すさまじい
集中力が 要る。

あと半月しかないのに
振りも 完了していません。

手さぐり 足さぐり バタバタ 状態ですが

でも レッスン中 幸せ いっぱい...
あ~ バタ デ コーラが 大好きなんだな 私。

日本と スペイン
150年前に 国交を結んでくれて
i ムーチャス グラシアス!

# by ballerina24 | 2018-05-21 23:02 | フラメンコ | Comments(0)

そば みそ

c0225143_18552435.jpg
週末は 爽やかな 陽気。

多湿の梅雨が 来る前の
贈り物の ような
この空気を 愉しもうと
深大寺へ。

お蕎麦屋が 軒を連ねて
いつも迷うのですが

オープンエアの
古めかしい お店に 入り
十割蕎麦せいろを
いただきます。

トロっ とした
蕎麦湯も 供されて
幸せ感 いっぱい。


そういえば 昨年の秋に しこんだ
手前みそ。

G.W.に 味噌樽の 中を覗いたら
まだ お味噌に なっていませんでした。

先生いわく それは 日本人の嗅覚で すぐわかるらしい。
熟成に もうすこし時間が 必要そうです。

気長に 待ちましょう。

# by ballerina24 | 2018-05-19 23:15 | 美学 | Comments(0)

セビジャ~ナス・フェスティバル

今年は 日本とスペインの 外交150年。

それを 記念して 開催される
「セビジャ~ナス・フェスティバル」は
今 一番の 目標です。
c0225143_11214839.jpg

有志が 集まり
特別レッスンが
始まりました。

振り返ると 私は
踊りを 発表するばかりで
競うことは なかった。

でも
このフェスティバルでは
入賞チームには
豪華賞品が 用意されている。

いやがおうにも
心の 鼻息 荒くなる!
絶対に 何か 取りたい。

初めての 記念イベントなので
何組の エントリーが あるのか
どう進行するのか
来年も あるのか さっぱり 未知です。

ますます ハラハラ ドキドキ ♪

一か月も満たない 短期間で
どれだけ エレガンテに きれいに
仕上がるでしょうか。

# by ballerina24 | 2018-05-16 12:29 | フラメンコ | Comments(2)

名古屋の 親友

c0225143_12363052.jpg

名古屋で 過ごした大学時代の
親友と ひさしぶりに ランチ。

親友は 宝塚ファンなので
私の 知らない 華麗なる
ヅカ話しや 内情を
いろいろと 聞き

私も フラメンコの
最新の 話題や レッスンの
ことを 話したりして

30年以上の つきあいなのに
いつも 会話が キラキラして
新鮮です。

お互いの家族や 弟 妹のc0225143_12362498.jpg
話題も よく します。
身内の 健康と 活躍 = 自分の幸せ。
と しみじみ感じる。

一番 嬉しい ニュースは
小さい時から知る 長女ちゃんの
結婚が 決まったこと!

私と 同じ名前の 長女ちゃん。
余計に 思い入れが 深くて とても嬉しい。

親友の幸せ = 私の幸せ。しみじみ。

# by ballerina24 | 2018-05-14 23:19 | 週末 | Comments(0)

憧れの アバニコ

c0225143_12434604.jpg
春の お祭りステージの
一場面を とっても素敵に
撮ってもらいました。

まっすぐ 前を見つめ
皆の 表情には 微笑み。
ムイ ボニ~タ ♪

十代の お嬢さんが
加わって グッと 若くなった
平均年齢の せいかしら。 
フフッ♪

フラメンコ道 5年半にして
やっと 辿りつけた 憧れの 扇子踊り。

扇子は スペイン語で アバニコと
呼びます。

いま 毎週のレッスンで アバニコを ヒラヒラ パタパタして
楽しいし 幸せいっぱい・・・。
もちろん どの 曲も 楽しかったけど
待ち焦がれていたナンバーの 喜びは この上ないです。

i Estoy feliz !

# by ballerina24 | 2018-05-12 23:13 | フラメンコ | Comments(0)

G.W. 充実の展覧会

c0225143_11265452.jpg
帰省したら 町じゅうに
麗子像の ポスター。

市美術館で 展示中だ と
いうので 母と 出かけました。

まさか 岸田劉生の絵が
地元で 見られるとは!

何点かある 麗子像は
不気味で キモカワ
ばかりですが
こちらの麗子は あどけなく
可愛らしい ♪

「 麗子になりきるコーナー」では
再現した毛糸のショールを
かけてみました ↑。c0225143_17071165.jpg

父が好きだった 向井潤吉 はじめ
黒田清輝や 青木繁
高橋由一
そして レオナール藤田の
絵も 見られて ラッキー!

彼らの絵は 教科書にも 出ているし
日本が 誇る 近代画家ばかり。

地元で 贅沢な
珠玉の 絵画と 出会えました。

しかも 東京なら 毎度 すごい人垣なのに
閑散・・・ いや ゆったりと鑑賞できました。

出世城の 公園に 溶け込んだ
素晴らしい美術館です。

# by ballerina24 | 2018-05-09 23:37 | 週末 | Comments(0)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31