「温故知新」~働く女の和風道~



アルハムブラ・リハーサル Ⅲ 

c0225143_16571964.jpg
11月に入って いよいよ
リハーサルに 熱がはいる。

ステージの 入り順から
オープニング
群舞の フォーメーション
などなど
全体像が 見えてきました。

飽きさせない 内容に
なること 間違いなし♪

踊りだけでなくて
ハレオ もあります。
手拍子と 足を鳴らして
囃し立てる 唄です。

早口言葉のような
歌詞を覚えるのは 一苦労。

これも
ノリノリに キメるためには
練習を積むのが 必要で
メンバーさんが すぐに
練習会を 企画してくれました。

みんなで 力を 合わせ
すでに ケ カロール! 熱い!
# by ballerina24 | 2018-11-14 17:09 | フラメンコ | Comments(0)

チャイナタウン

c0225143_17192981.jpg

秋晴れの 11 11
私の大事な日。

横浜 チャイナタウンへ
出かけました。

賑わう人混みを
抜けて 老舗の 飯店へ。

ふかひれに 松茸
大海老の チリマヨソース
牛カルビや 魚貝の 炒め物 etc
至福の フルコースを
いただく。

店員の サービスも 心地よく
満足度の 高いおもてなし。
よい気分に なれるお店は
ずっと 記憶に残る。c0225143_17214843.jpg

お腹を さすりながら
山下公園へ行き 海風に
吹かれながら お散歩。

銀杏並木が 黄金に
染まり始めていました。

港町 ヨコハマ また来よう♪

# by ballerina24 | 2018-11-12 17:58 | 週末 | Comments(0)

カナダから 質問

c0225143_12472849.jpg

カナダ留学中の 姪っ子から
深夜に ラインが入りました。

← row on row を
どう訳したらいいの~
と 英文つきの 質問。

ちゃんと調べて
すぐに 返答しました。
読むと なかなかに 深い詩。

姪の メモ書きが あって
こんな難しいのを
やっているんだ!と感心。

大学のゼミで
「嵐が丘」 Wuthering Heights
( エミリー・ブロンテ著 )を
やったこと 思い出します。

難解な 長編小説で 陰湿な話で
curse ( 呪う ) なんて単語を 初めて知りました。

女子大生には 重すぎて
結局 ストーリーは よくわからないまま・・・。

また 原書を 読んでみようかな?

伯母は いつ 姪っ子から 質問されてもいいように
ブラッシュアップしておこう!

# by ballerina24 | 2018-11-10 13:04 | 美学 | Comments(0)

ソレア記 Ⅰ

c0225143_13411804.jpg
先日は 元仲間の発表会へ。

大先生も 笑顔で迎えてくれ
古巣がある幸せを実感。

2度目のアレグリアスは
磨きがかかり 素敵でした。

さて 始まったばかりの
私のクラス 「ソレア」。

悲しみと 孤独を 内に込め
燃えるような 踊りです。

フラメンコ歴6年で
これほど じと~~ぉ
ん~~ん~~ と力を込め
ぐぅぅ~~ と ねばるのは
初めてで 驚きの連続 ソレア!

先生が その感覚を おもしろく
表現してくれる。
「 お米20Kgを 体につけて 」
「 お餅で 床に足がくっつく 」
「 ワカメ みたいに 」
実践は難しいけど わかりやすい。

「 嘆きを 表して 」 といっても 
迫害されることのない私たちには
わからないものネ。

フラメンコの母 ソレアは
始まったばかり。

# by ballerina24 | 2018-11-07 13:48 | フラメンコ | Comments(0)

鰻 三 昧

c0225143_14093049.jpg

夜は 母の お友達も
一緒に 食事へ
でかけました。

何がいい? と聞かれ
迷うことなく
「 鰻 」と 即答。
( 遠慮のない子供みたい・・・ )

予約をいれたのは
地元でも
評判の 老舗です。

この ほれぼれ見事な 眺め!
鰻三昧です。

焼き具合 タレの濃さ ご飯 など
お店によって 様々。
こちらのは 涙が出るほどおいしい。

それに加えて だれと 食べるか
は とっても大事。

母が お友達や 仲間と 楽しく
過ごしていることに 心から感謝です。

短い時間だけど 充実の帰省でした。

# by ballerina24 | 2018-11-05 23:09 | 週末 | Comments(0)

秋の 帰省

c0225143_17094316.jpg

週末は G.W.以来の帰省。

そのために
前の夜に みっちり2時間
フラメンコの 自主練習
しました。

偉い!わたし。

というより 実家では
母と ひたすら しゃべって
食べて 過ごすから
消費カロリーは ゼロ で 
摂取カロリーは いつもの3倍。

せめて 前もって
運動して 罪悪感は
打ち消しておきました。

仕事を終え 急ぎ新幹線に 乗り
バスに 乗り継いで
実家近くで 降りると
しっとりと 樹木の香り。

お寺の深い森が そばにあるのです。

母が 出迎えてくれて
しみじみと 帰省を 実感。

体を ゆるめて 骨休めすると しましょう。

# by ballerina24 | 2018-11-03 23:12 | 週末 | Comments(0)

妹と お茶

c0225143_13424651.jpg
二十歳になったばかりの長女が
カナダ留学中の 妹。

心配と不安で いっぱいと
聞いていたので
励まそうと 丸の内に
お茶に誘いました。

手元から 離したことのなかった
可愛い 年頃の娘。

心配な母の思い 察する。

ところが
ラインで 手軽に
連絡がとれて 動画も
まめに 送ってくるので
不安は 落ち着いたそう。

それは 良かった。

私の 18才 欧州一人旅ではc0225143_14002088.jpg
せっせと 絵葉書を
書いたっけ。
届くのは だいたい一週間後で
世界は 遠くて広かった。

美味しいバケットに
かぶりつき
おしゃべりして
豊かな時間に なりました。

# by ballerina24 | 2018-10-31 13:19 | 週末 | Comments(2)

アルハムブラ・リハーサル②

c0225143_17351853.jpg
舞台に向けたリハーサル。

志しの高いメンバーと
舞台を創り上げる
時間は 有意義で
刺激を受けます。
  
全員で 踊る群舞や
唄う 場面もあり
立ち位置など
覚えることは
たくさん。
 
何より 難しいのは
仲間が 踊るときに
打つ パルマ(手拍子)。

日ごろ 寛大な先生も
パルマには とても 厳しい。
そりゃそうダ。

へんな 所で 叩いたりしたら
雰囲気が 台無しになるので
責任重大なのです。

かといって 遠慮がちに
へっぴりパルマなんて
もっと ダメで
すぐ 先生に バレる。

常に 曲の構成と 空気を 感じながら
緊張の パルマは 続く。 あぁ パルマ パルマ パルマ・・・。  

# by ballerina24 | 2018-10-29 15:05 | フラメンコ | Comments(0)

手前味噌 その後②

c0225143_12355964.jpg

あの うだる猛暑を越した
わたしの 味噌ダル。

爽やかな 秋晴れの週末に
ふたを 取ったら
よい香りが 立ちのぼり
しっとりした味噌に
変身していました!
( 熟成して 飴色になってる )

はやる気持ちで お味噌汁にして
頂くと あまりの 美味しさに
ビックリぽん!

おいしい とは聞いていたけど
こんなに 深い味わいとは。
夏の暑さが 功を奏したようです。


手でこねたから 残った大豆の粒々が
素朴で いい感じ

大根や サツマイモ 厚揚げ
色々入れて 楽しんでいます。

仕込んだ2Kgは アっと言う間に 消費しそうなので
次の仕込み会を お仲間にリスエストしました。

これぞ スローフードの 醍醐味 ♪

# by ballerina24 | 2018-10-27 17:30 | 美学 | Comments(2)

てまえ味噌 その後 ①

c0225143_11122209.jpg
コチラ ちょうど一年前に仕込んだ
初めての てまえ味噌 2Kg。

講師の方は
GW頃には 出来上がる
と おっしゃいました。

部屋の片隅に 寝かせ
覗きたくなる衝動を
抑えて 待つこと半年。

5月に いよいよ
フタを開けると
見た目も 香りも
ボソボソと まだ大豆っぽい。

でも 一緒に仕込んだ仲間は
「美味しく 食べてるわヨ~」と
言うし 不安になりました

なぜ 私の子は 違うの?と。

7月ごろに また覗くも
お味噌の香りどころか 別の発酵臭がする・・・。
熟成 失敗なのか 募る不安。

そこで 腹をくくって
あの 異常な暑さの 8月も
部屋の片隅に 放置 ... いや 夏越し。

それにしても 食品や 野菜などは
冷蔵しなければ 猛暑で すぐ腐敗するのに
発酵食品は 本当に 不思議です 。
腐らないのだから!

さあ 秋晴れの週末
覚悟を決め オープン ザ 味噌樽! to be continued...

# by ballerina24 | 2018-10-24 12:13 | 美学 | Comments(0)

アルハムブラ・リハ①

c0225143_13051784.jpg

憧れのアルハムブラで
来月末に ライブをします。

2度目なので
全てが未知だった
昨秋より 少~しだけ
気持ちには 余裕。

チラシも 作りました。

週末のリハーサルでは
群舞の 振りと
唄や パルマを 練習。

このような時は
初めてのことを
いかに 素早く 理解して 覚えて
できるようになるか 必死です。

時間にすると ほんの数分の
踊りなのですけど これが大変~。

スペックが低い脳は フル稼働。
ヒートアップして 汗が でてくる。

でも 自分に挑むように
新しいことに 取り組むって
最高に 気持ちが いい。

慣れたことは 楽だけれど
脳は それでは 満足しないのだ。 オレ~ィ!

# by ballerina24 | 2018-10-22 13:35 | フラメンコ | Comments(0)

スマイル from カナダ 

c0225143_12064570.jpg
カナダ留学中の姪っ子から
届いた写真。

はじけた笑顔で
安心しました。

場所は バンクーバー第二の都市
ナナイモ Nanaimo.

恥ずかしながら ハワイの言葉か
根菜かと 思った。
面白い地名ですね。

カナダは 空が 広いナー!
心も 雄大になりそう。

広い世界は 未知が 溢れている。
私の 行動範囲は
アリみたいに 小さい。

私が ずーっと 心に秘める夢は 世界一周旅行。

カナダも 一度は 行きたいと言ったら
母いわく アメリカに住んでいる頃に
足を延ばしているそう。

ウォータートンや グレィシャー国立公園を
家族でドライブしたそうです。
3歳くらいだから 覚えていない。

再訪せねば カナダ。

# by ballerina24 | 2018-10-20 11:43 | 投資 学び | Comments(0)

悪 夢

c0225143_12372703.jpg

目を覚まして
「あぁ・・・夢でよかったぁ」
と 安心する経験は
そうそう ない。

でも 昨夜 真に迫った
悪夢を 見たのです。

フラメンコの 舞台で
踊る場面でした。

意気揚々と 登場した私は
自分の番に なったとたん
振りが抜けて 立ち尽くすだけ。
( 苦手な ブレリアだった!)

期待をしていた先生も
花束を抱えた 友達も
困惑した様子で
私の面目は丸つぶれ・・・。

そこで 目が覚めて
ホッ 良かった~。現実かと思った。
恐ろしかった・・・。

悪夢は 人に話せば
現実にならないと いうから もう大丈夫。ホッ。

# by ballerina24 | 2018-10-17 12:40 | 美学 | Comments(0)

ソレア

c0225143_23162187.jpg「ソレア」= 孤独

フラメンコの母 と呼ばれ
重厚で 荘厳で 悲哀に
満ちた ナンバーです。
 
だから 黒っぽい衣裳で
ドラマティックに 踊る。

これは 上級者しか 表現できない。
私の先生が 素晴らしく
感動的に 踊る。

今の私は まだ
ソレアの器では ない・・・。

10年ほど修行を 積んだら
やっと 行きつけるだろうか。


が!が! 目の前に突如
現れました。
今度の課題曲が 「ソレア」と
決定し メンバーは ザワザワ。

ほんとうに? こんな早く巡ってくるとは。

ああ どうしましょ ザワザワ。
身が 引き締まる思いです。

ソレアは それほど 特別。

こうなったら 重く 暗く 激しく
とことん 全身で ソレアに なりきろう。

# by ballerina24 | 2018-10-15 02:35 | フラメンコ | Comments(0)

祝 6周年

c0225143_13041912.jpg

この10月で フラメンコ歴が
6年となりました。

嬉しい。

6年は それなりに貫禄が
ついて聞こえるし
やっと 経歴に 格好が着く。

私が 習い始めたころ
クラスには 6年の仲間が
多く 眩しく見上げたものです。

ついに それに到達できた!

やってきた年数は
間違いなく 糧となり 実力と
なっているはずです。

現実には フラメンコを何も
わかっちゃいない と
やればやるほど 無知を知り
悶絶して クラスでは
恥かき場面ばかり。

それでも
暖かい先生と メンバーのおかげで
挑戦する 楽しさを 味わって
自分を 追い込むほど
真剣に なっています。

ルンルンの日々は
フラメンコが あるから。

記念に 3足目の 靴を 検討中 ♪ 何色にしよう。

# by ballerina24 | 2018-10-13 13:07 | フラメンコ | Comments(2)

さすが 伝説の。。。

売上げナンバーワンを 5年間も
誰にも譲らなかった 。

c0225143_16563647.jpg
そんな伝説の 元ホストさんが
講師の コミュニケーション
セミナーに 参加しました。
(ホストさんと接するのは 初めて!)

接客を通して培った 男女の
思考の違いや 好かれる会話の
コツなど ナルホド満載の3時間半。

すっきりした体型を
お洒落な三つ揃いのスーツに
包み 清潔感も漂い
ハイエンドな装い。
さすが。

参加した 40名ほどの女性をc0225143_11032211.jpg
指名するとき 名字でなく
名前で呼ぶのも
ハートを掴む。さすが。

長~くなるので どんな方か
ぜひ 「井上敬一」さんを
検索してください。

この日 印象が強かった学び。
1.相手の話を うなずいて聞く 寄り添う
認める姿勢を 心掛ける。

2.男性は 「称賛」を求め
女性は 「共感」を求める。
だから 話がずれて 平行線のまま。
分かり合えなくても
そもそも思考と 脳が違うだけ。
そう思えば 気は楽 。

3.男性には スゴイ ナルホド オモシロい を
出し惜しみなく 言いましょう。
( もちろん 友達に 同僚に 先輩に 全ての方へ)

接客の達人 元ホスト 敬一さん。 さすが。

# by ballerina24 | 2018-10-10 23:35 | 投資 学び | Comments(2)

合唱団

c0225143_18392014.jpg
合唱と 全く縁のなかった私は
全身全霊で歌う 小学生たちの
姿に 胸を打たれました。

フラメンコの お仲間の
娘さんが 出場する というので
拝聴したのです。

それは Nコン2018
全国合唱コンクール 小学生の部。

休みもなく 練習と合宿を
重ねて 家族ぐるみで 支える
という 話は 彼女から 聞いていました。

が 生放送で知った すごい練習量と努力と
ハイレベルで 熾烈な 戦い。
まだ あどけない小学生が・・・!

全国831校から 選出されるのは
たったの たったの11校。

NHKホールの舞台で 唄う
11校の生徒たちは 全身の力と
表情を豊かに使って
美しいハーモニーを 響かせました。

そして すごいことに
娘さんの学校が 優勝。

おめでとう! よくがんばってきたね。嬉しいね!!
娘さんを 支えてきたお母様へも
心から おめでとうございます!

# by ballerina24 | 2018-10-08 13:06 | 美学 | Comments(0)

伝説のホストさんの 学び塾

c0225143_17022918.jpg
こちらは 先週の
15周年パーティーの
集合写真です。

ずら~り パワフルな女性力
みなぎってる!

私は 左真ん中辺りに
ちゃんと写ってます。

さて 明日も
お出かけの予定ですが

季節外れの 暑さ予報で
着ていく服に 悩み中。

「伝説のホスト」さんに 会うので
装いには 気合いスイッチが 入る ♪ ふふ。

いえいえ そういうクラブに 行くのでなく
元ホストの方の 学び塾です。

テーマは 「 仕事も 異性も 引き寄せる
コミュニケーションの本質 」。
いたって 真面目。

ホストさんの 人を引き付ける会話術って
どんなだろ? 身だしなみや 服装にも
興味シンシン。

レポートを お楽しみに。

# by ballerina24 | 2018-10-06 14:38 | イベント | Comments(0)

姪の 振袖

c0225143_14181496.jpg
来年に 成人式を迎える
姪っこの
あでやかで 清楚な 振袖姿。

ちゃんと 足を 内向きに
して立ち 首筋も きれいに
伸びて 和の 華やかオーラに
包まれている。

20才の 誕生日には
記念に ビールを
飲んだそう。

アルコール分解体質か
どうか?
気になるでしょ。

母 ( 私の妹 )と同じで
顔が 赤くなって
飲めない体質と判明した
ようです。

( 今度会ったら ワインで 乾杯しよう♪
と もくろんでいた 私 )

11月から と思っていたら
来週には カナダ留学へ 出発するそう。
二ヶ月も! 夢と 希望で いっぱい。

伯母は 土産話しを 楽しみに待とう。
乾杯は ジュースで ♪

# by ballerina24 | 2018-10-03 23:36 | 美学 | Comments(0)

はたちの エンジェル

c0225143_14181039.jpg
私の 初めての
可愛い 姪。

人間は 生まれて
7歳か8歳くらいまでは
天使なんだっ て
知りました。

可愛くて 可愛くて
いっぱい 抱っこして
チュ~して
伯母バカでした。

その 姪が すっかり
きれいに 成長して
成人式を 迎えます。

心配だったお天気も
なんとか持ってくれて
前撮りした 振袖姿。

まっすぐ 明るくて 優しい子に
育ってくれました。
もう 「 子 」 じゃなくて 女性・・・だネ。c0225143_14431984.jpg

艶やかな 振袖が 似合って
初々しい 横顔も
かわいい。

11月には カナダ留学に
旅立ち
たくましくなっておいで。

いろいろ 伯母に教えてね。

はたちに なっても
エンジェル だ ♪


# by ballerina24 | 2018-10-01 23:54 | 美学 | Comments(0)

TSL15周年


c0225143_17105644.jpg
働く女性に特化した
トップセールスレディー
育成塾。

12年ほど前に受講し
強くしなやかで愛される
働く女性をテーマに
学びました。
(今なお 追求中! )

その15周年
記念パーティーが
ありました。

数人から始まった育成塾は
今や 2000人を超える
卒業生が全国にいます。

率いる朝倉千恵子先生のc0225143_17105054.jpg
圧倒的な魅力と
キビキビ動くスタッフの
皆様の姿を 拝見し
自然と 背筋が伸びる。

女性ならではの
アイデアで起業して
がんばる多くの
塾生さんに会えました。

女性の潜在力ってスゴイ。

私の親友も →
幹部として大活躍。

私も 天に恥じない生き方
してまいります。
15周年おめでとうございます。

# by ballerina24 | 2018-09-29 23:24 | イベント | Comments(0)

FBでつながる

c0225143_12584132.jpg

ちょうど2年前の
← 振り返り写真を
フェイスブックが
知らせてくれました。

ほんの2年前なのに
懐かし~い。

そうそう
地元で この同級生6名で
自主公演を やったよネ。

忘れかけていた 当時を 思い出しました。

わずらわしさもあるFB(フェイスブック)ですが
こういった 心憎い 演出も
工夫して 色々としてくれる。

先日には
イタリアはローマから
ご無沙汰している 同級生の
FB投稿があり

c0225143_13440309.jpg
コメントを 入れると
アルバニアに引っ越したそうで
( 一体 どこ??と調べる ) 

弟も 赴任した ギリシャの真上。→
イタリアが近いから 遊びに
来たそうです。

幼稚園から 高校まで
一緒だった 彼女。うれしい。

国境や時空を 越えて FBが
つなげてくれる。
これからも FBサプライズが 楽しみ♪

# by ballerina24 | 2018-09-29 08:26 | 美学 | Comments(0)

秋祭り

c0225143_17225174.jpg

秋晴れの週末。

近所の 秋祭りがあって
お囃子や 大太鼓の音
掛け声が 聴こえてきました。

日ごろ 交通量の多い
交差点の真ん中でも
おみこしを ワッショイワッショイ。

5分 いや10分は 続けていたから
すっかり 車の 大渋滞。

でも
クラクションを 鳴らすことなく
みなさん 静かに 見守り
過ぎるのを 待っていました。

豊穣の神様を 敬う
瑞穂の国 日本人の寛容さ・・・
でしょうか。

いいねぇ 秋。

# by ballerina24 | 2018-09-26 23:24 | 週末 | Comments(0)

父の 好きな画家

c0225143_17075001.jpg
心地よいお散歩をしながら
せたび (世田谷美術館) へ
でかけました。

お目当ては
日本画家の 向井潤吉の展覧会。

日本中を 旅して 藁ぶき屋根や
山里の 風景を多く描き
民家の画家 とも呼ばれます。

私の父は 彼の絵が 好きだったのでc0225143_17075787.jpg
会話をするように
ゆっくり鑑賞しました。

緊張と重圧が続く仕事の合間に
油絵を 描いていた父。

雄大な 風景画が 多くて
潤吉の 絵を見ていたら
ただよう のどかな空気が
似ていることに
気付きました。

父が共感を得た絵を 見られて
充足感で いっぱい。

鑑賞後は カフェテラスで
ガレットのランチ。
また来よう せたび。

# by ballerina24 | 2018-09-24 17:44 | 週末 | Comments(2)

練習あるのみ


c0225143_17251127.jpg

「あとは 練習あるのみ」

これは ギターさんが
私に かけてくれた言葉。

饒舌ではない方が
言ってくれたのだから
グッと 心に来ました。

これは励ましなのだ!と。

録った動画で 改良点を チェックして
自主練をし 2回目のギターレッスンに 臨みました。

ちょっとしたタイミングで
ギターと 打つ足が合わないc0225143_17311778.jpg
難所があって さらなる練習で
この不安は 打ち消したい!
ムムム~。

タブラオ・メンバーは
動きや タイミングや
それぞれの 課題をもって
向き合っていきます。

自分の 踊りだけではなく
メンバーの踊りを 手拍子と
掛け声で 盛り立てることも
とても大事。
c0225143_17311346.jpg

難しい技は できないけれど
恐れず 手を叩いてみます。

掛け声も 「オレ!」が
多いので もうすこし
バリエーションを
増やしたい。

あとは 練習あるのみ!


# by ballerina24 | 2018-09-22 23:49 | フラメンコ | Comments(0)

秋 到来

c0225143_12541538.jpg

あの 異常な暑さは
どこへやら・・・。
秋はちゃんと 約束通り
やってくるのですね。

今夏は 人生で一番
きつかった。

35度近くになると
掃除をする気も
ウォーキングする気も
お洒落する気も
失せてしまう。

異常な暑さは
人から 意欲を奪い ダメにする。
少なくとも 私は 使いモノに
ならなかったです。

人だけでなく 蚊も セミも
元気が なかったです。

いまや 近所の 道端から
スクスク 伸び 咲き誇る 彼岸花。

やっと 待ちわびた秋。 秋は 短い。
人間らしさを 取戻し やりたいことが いっぱい♪

# by ballerina24 | 2018-09-19 23:01 | 美学 | Comments(2)

男達の 熱い夜

c0225143_16473148.jpg

こちらのフラメンコライブに
親友と ウキウキ♪出かけました。

満員御礼という 人気ぶり。

日本にも 魅力的で
個性あふれる
フラメンコ男子が
いらっしゃるのです。

フラメンコ教室は どこも
女性優位ですが
キレと 力強さと しなやかさと
ほとばしる汗は
男性ならではの 魅力。

それを 堪能できる
贅沢な ライブで

7名の シャープでクールな ファンダンゴで
幕開け。

お客様からは
たくさんの 掛け声が
出て 盛り上がりました。
( キャ~!じゃなくて
オレ~!)

個々に活躍する 7名が c0225143_10203890.jpg
美しい回転や圧巻の足技で
熱い舞台を 見せつけ
あっと言う間の 2時間。

しめの セビジャーナスは
男性ならではの 遊びに溢れ
会場が 笑いと オレに
包まれました。

ぜひ 第2弾を ポル ファヴォ~ル!
私も 後ろで手を振って写ってる ♪ →

# by ballerina24 | 2018-09-17 22:41 | フラメンコ | Comments(0)

本気のギター

 c0225143_13213169.jpg
今 フラメンコの先生は
スペイン研修でお留守。

なので 数名の 生徒だけで
ギターさんを呼び
レッスンしました。

プロの方ですから
畏れ多くて
いち生徒ごときが あれこれ
聞くなんて 失礼だと思い
ずっと 遠巻きに見てました。

でも ソロで踊るなら
自分の疑問や 考えを
伝え 対話できなくちゃ
いけないのよね。。。

私のために 弾いてくれる
時間を 余さず 生かそうと
準備もして 臨みました。

ギターを 指で弾く というよりc0225143_13231786.jpg
体中で 深呼吸して 熱く奏でる姿に
感じた プロの凄さ!

フーーーッ スーーーッ と息が
聞こえる。全身全霊。

本気のギターに
あらためて 敬意を抱きました。

頂いた アドバイスを大切に
意識して 次の レッスンまで
取り組もう。

最後に ポソっと言った
「グアヒーラ 合ってるよね」
が 嬉しかった。 よし!バモス!

# by ballerina24 | 2018-09-15 23:58 | 美学 | Comments(0)

チャレンジ フルーツ編

c0225143_12045631.jpg

ふと思ったのです。

日々 スーパーマーケットで
私が 買う果物は ほぼ同じで
りんご キウィ ぶどう バナナ 。

せっかく 地球に生まれて
多様な フルーツを食べないのは
勿体ないんじゃない?

目についた
鮮やかなる ドラゴンフルーツ
思い切って買ってみました。

ネットで調べると
カットして そのまま
食べるそう。


ヴィヴィッドな 断面がきれい♪c0225143_12054329.jpg

気になるお味ですが
ぼやけた甘さと ネトっとした
食感で 美味しくない・・・。

ハズレに 当たったのか
こういう味なのか
わからないけれど

せっかく買ったので
カットしてサラダに
混ぜこんで
食べてしまおう。

懲りずに
チャレンジ フルーツ編は
続けます。

# by ballerina24 | 2018-09-12 23:13 | 美学 | Comments(2)

ロ ス 

c0225143_18450378.jpg

大きな目標を 達成すると
燃えた分だけ
その反動は 大きくて
「 ロス状態 」となる。

昨年の発表会のあとは
まさに 燃え尽きて
かなりドロドロの
ロスに おちいりました。

でも 今年の発表会では
爽快感につつまれ
後味 すっきりさっぱり。

Porque ? Why ?

どちらも 愚直に 自主練習して
燃えて 取り組んだのは 同じ。

去年は 初の大曲 バタ デ コーラと
難解な ソレア ポル ブレリアに
大きな不安と 極限まで 切羽詰まって
練習シーンを 夢にも見ました。
( うなされていたかも・・・)

今年は 念願の曲だったから
楽しさや 喜びが 強くて
ストレスが 打ち消されたのかな。
曲調も 陽光ふりそそぐ 
カリビアンで 明るいし。

それとも 動じなくなったのか
図太くなったのか。

次なる 晩秋の目標は
より 大きな覚悟と責任が いる。
やっぱり ドロドロの ロスに なりたい。 

# by ballerina24 | 2018-09-10 18:52 | フラメンコ | Comments(0)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30