「温故知新」~働く女の和風道~



<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


お気に入りタオル

c0225143_10424348.jpg私の 姪っこは 一歳半

ちょっと 人見知りだけど
とっても かわゆい

一番の お気に入りは
ピンク色の タオルケット

いつも 抱きしめて
部屋中を 歩くので 踏んで
つまづかないか ハラハラしますが

上手に 両足の間から 垂らし
引き擦って 歩く姿は 可笑し可愛い 

実は パパである 弟も
幼いころ 水色のタオルケットを
常に 抱っこしていて
それが ないと ご機嫌ななめで 大変でした

弟に それを話すと 照れて 笑っています

母にも 同じ話をしたら なんと 私にも
大事な お気に入りタオルケットが あって

ピンク色の それが ないと 泣くので 洗うこともできず
母は はさみで 切って 段々 コンパクトに していったそう

私にも あったとは  お気に入りタオルケット・・・ 
きっと 姪っ子と 同じように 歩いていたのね
by ballerina24 | 2015-08-29 22:26 | 美学 | Comments(2)

オセロ

c0225143_22535390.jpgツクツクボウシが 鳴く週末
弟ファミリーの 家で
ランチタイムしました

小4のKENTの 身長が
さらに伸びて びっくり
会うたびに その成長ぶりには
感動させられます

でも 無邪気で やんちゃで
私に まとわりついて
まだまだ 可愛い 

久しぶりに オセロゲームで 真剣勝負

思い出せば 私も 同じ年頃に
両親や 祖母 妹と 弟と
オセロに 興じました 

だんだんと コツをつかみ
先が 読めるようになり
頭脳の 成長?に 大きく
寄与したのでは・・・

古臭くても なかなか 面白い オセロ 
KENT は 何歳まで 私と対戦してくれるかな
by ballerina24 | 2015-08-24 22:57 | 週末 | Comments(0)

鶴の 恩返し

c0225143_21465670.jpg子供の頃 親しんだ 昔話
「 鶴の恩返し 」 

佐渡に 残る 民話が
もとになっているそうで

佐渡を 旅して なるほど
広がる 田園風景には
シラサギや 鶴
そして 佐渡の 象徴 トキ

鳥は 身近な 存在で
美しい女性に 姿を変える 物語が 見えてきます

子供の頃は 機織りの場面を 見られた
鶴の おつうが 夫に 別れを告げ
飛び去っていく 真意が わからなかった

幸せだったのに なぜ? 鶴でも いいのに と

でも 大人になり 私なりに 同情するのは 
女性なら 「 舞台裏の 姿を 愛する人には 絶対に 見せたくない 」

千羽織が高く売れて 夫が 欲深くなった のも 一因だけど
一途な 女心ゆえに 去る悲しさに 共感します 
by ballerina24 | 2015-08-22 21:55 | 美学 | Comments(0)

佐渡島の 食卓

c0225143_23201647.jpgOECD によると
加盟34ヶ国では 成人の
18%が 肥満

最も少ないのは
やっぱり 日本で 3.6% だそう

誇らしいでは ありませんか

佐渡島での 三日間で
おそらく 半年分の 海藻と
魚介を 食べました 

ここの 旬の 献立は その数字を 証明しています

3品以上の海藻メニューが 登場して
おばあちゃんの 食卓みたい
c0225143_23213751.jpg
季節なのか お造りは
毎回 ぶり 甘エビ いか 

ご飯は 佐渡産の コシヒカリ

デザートは これも 佐渡名産の
冷やした おけさ柿 ( 右上 )

滋味に 富み 低カロリーで
太るはずが ない 

でも・・・ でも・・・ 
ヘルシーでも 三日で すっかり 飽きて
恋しくなったのは イタリアンや お肉料理 カレー
・・・かっこ悪いナ
by ballerina24 | 2015-08-17 23:30 | 美学 | Comments(2)

来いっちゃ 佐渡島

c0225143_21424815.jpg古より 流刑の島として
知られる 佐渡島

さぞ 不毛で もの悲しい
へき地を 想像してました

が! 魚介だけでなく 果物も
お米も お肉も 自給でき
山登りも スキーも 楽しめて
金銀までも 取れる 豊かな
スーパーアイランド なのです

お盆だというのに
どこも ゆったりした 時間に
包まれて せわしさが ないc0225143_2149173.jpg

過剰な 観光化もなく 風光明媚

島中を 巡って
特に 印象的で 感銘を受けたのは

徳川幕府を 支えた 佐渡金山
佐渡スカイラインの 眺め
そして 大切にされている トキ 

夕暮れの 空を飛ぶ 自然界の トキに 遭遇できたのは
まさに 日ごろの 行いの良さ・・・ですネ
by ballerina24 | 2015-08-15 21:50 | 旅行 | Comments(0)

30年前の 手紙

c0225143_18145978.jpg30年ぶりの 恩師は
教頭先生に なられ
お若くて 穏やかな
話し方は 変わらず

15名の 元生徒が 集まり
自己紹介から 始まって

17歳の頃と 変わらない
笑いの 絶えない 時間でした

驚くほど 先生は 当時の
出来事を よく 覚えていらっしゃる

担任だったときは 36歳という 若さ! 一同 驚き 

何より 感激だったのは
先生が 「もう 覚えていないだろうけど・・・」 と  取り出した 封筒には 
30年前 卒業間際に 私が 先生に 送った 手紙 !

大学合格の 報告と キャンパスの 様子 そして 謝意 を 綴っている

拙い 私の手紙を 先生が ずっと 大切に とっていたことに
驚きと 嬉しさと 感激 
やっぱり 恩師は ずっと 恩師で いらしたのです
by ballerina24 | 2015-08-10 18:46 | イベント | Comments(2)

恩師を 囲む 会

c0225143_18204434.jpg今週末には 高校時代の
「 恩師を 囲む 会 」 です

2年の理系クラスの
クラスメートが 集まる 予定

会場の お店も 同級生が
経営している 和食店

皆 それぞれ 輝いて
恩師を 囲んで・・・
とっても ワクワク 楽しみ

私は ちょっぴり
ヤンチャ女子だったので
先生には 謝意を 伝えたい

あの頃の先生は
立派で 自信に溢れた 大人に 見えました

でも もしや  今の自分より 若かったのでは・・・

先生も 日々悩んだり 苦労して 生徒 指導していたのかな
30年ぶりに お会いできたら 共有できることが いっぱい ありそうです
by ballerina24 | 2015-08-05 18:23 | イベント | Comments(2)

和で スウェーデンな ウェディング

c0225143_18431643.jpg古風で 和風で
国際的で
スウェーデン式の
結婚パーティー

そして 蛍狩りに
フラメンコも お披露目

みんなで 唄って 踊って
新郎新婦の 人柄に
包まれた 式でした

北欧の 蒼い 国 スウェーデン

気難しそう・・・ という
印象が 吹き飛ぶほど
みんな 陽気で フレンドリー

私も 自己紹介から 交流しc0225143_18381072.jpg
懐石料理も 可能な限り 説明して おもてなし( の つもり)

和食店が 増えて お箸を 上手に 扱うし
笑顔で 目をみて 真摯に 話してくれる
そして 男女ともに 鴨居に頭をぶつけそうな 長身

c0225143_1842865.jpg
新婦 たかこさんが
恋に落ちたのも
わかってきました・・・

おめでとう!

遠い スウェーデンに
いってしまうけど
いつか 遊びに
いくワ
by ballerina24 | 2015-08-03 23:53 | イベント | Comments(0)

永遠の ゼロ

c0225143_1884680.jpg話題を呼んだ 映画
「 永遠の ゼロ 」 を
観ました

戦争には 知らない事実が
まだ まだ たくさん ある

戦争は なんと つらく
かなしく 愚かで 非情なのか・・・

敵の 攻撃以上に 恐ろしく
感じたのは
日本軍の 盲目的で
血気盛んな 勢い 

弱音や 同情など 見せようものなら
上官に 殴られ 罵倒され
周りも 黙って 体罰を 見守るだけ

孤独に 散った 多くの 特攻隊の若者を 悼みます

祖父と祖母に 当時の 話しを もっと 聞けばよかった
孫の 私になら 話してくれたことが たくさん あったはず

ふと 見渡しても 戦争を 体験した身内は もうほとんど
いないのです
by ballerina24 | 2015-08-01 23:10 | 美学 | Comments(2)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31