「温故知新」~働く女の和風道~



<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


女三人 の 夜噺

c0225143_21154795.jpgゆきこさんと ちほこさんと
過ごした 週末の夜

サングリア片手に 花盛り乙女の
夜噺は尽きず・・・

Facebookを活用し 人脈を広げる
二人は アクティブウーマンです

三人一致した意見は これからの時代は
"女性の力こそが 日本の国力を 高める"

第一線で 活躍している 男性の影には必ず
支え 褒め 健康管理を担っている 女性がいるのです

夫 恋人は 6才児と思って扱い(!!) 朝と 夜寝る前には
必ず 褒めてあげるのが 賢い育て方だとか・・・
女性力を高め 社会を良くする意識を 新たにしました

また 私たちは リフトアップが気になる 年頃
江戸時代の姫さまが 使ったような 固い枕を首にあてて 寝るのが
顔のリフトアップや 体の歪み矯正に 効くそうで
共通の お知り合いの女性が その「 シンデレラ枕 」を開発しました

私も近いうちに 枕を入手して ご紹介するつもりです
新風を吹きこみ 新しい挑戦へ導き ともに年を重ねる友人は 宝です
Lead your friends to the goal of victory !
by ballerina24 | 2011-10-31 21:23 | 週末 | Comments(8)

My ハロウィーン

c0225143_21132445.jpg日本に すっかり定着の ハロウィーン
10年前くらいから徐々に広がりました

これをきっかけに 家族や 友人同士
集まって 元気で 笑顔になれるなら
外来の 真似事イベントも
悪くないですね

ハロウィーンは 私にとっては
生を受けて初めての 記憶の ひとつです

アメリカで過ごした 幼少時代
2歳くらいで 「Trick or Treat」を体験しました

近所の 子供達にくっついて ゾロゾロと
夜道を ランタンを持って 不安いっぱいで
歩いたことを覚えています

母いわく 仮装の代わりに 小さい私に着物を着せたそうなので
これは 私の和装好きの ルーツかも ?

大きな家々の玄関の外には 大きなカボチャの Jack-o' lantern が
置いてあり 子供には あの悪魔顔が とても怖かった ・・・

とまれ この週末は 大切な心友の ゆきこさんと ちほこさんが
訪ねてきてくれます
今夜は 得意のカボチャのパウンドケーキを焼いて 大人のおつまみも用意して
二人の 笑顔を ワクワクしながら 待つとしましょう
Begin your own tradition.
by ballerina24 | 2011-10-29 21:17 | 週末 | Comments(0)

越後街道 の 旅

c0225143_23561053.jpg不安定な 秋空の週末
母と 紅葉に出会う旅に
いってきました

上越新幹線の越後湯沢で下車
目的は八海山と奥只見湖の紅葉

この辺りは おいしい日本酒やお米で
有名な 新潟県は魚沼地区
名将 直江兼継の 里でもあります

見渡す限り広がる刈り田や
古い家屋に 柿の木の風景は
まるで 日本昔話のようです

民家の屋根は 独特の傾斜がつけられ
離れの 車庫は キューピーちゃんの頭の形
有数の 豪雪地帯ならではの 先人の知恵ですね

紅葉は 今が盛りで
特に ブナや落葉樹の原生林で囲まれた 奥只見湖は 言葉を失う 美しさ
雨あがりの しっとり煙る紅葉に 私達の心も 潤います

ところで 今月末で70億人を突破する世界人口
隙間なく 70億人が総起立すれば 香港の広さに立てるのです
でも 70億人分の食料をまかなうのに 必要な広さは ロシア大陸 だとか

広がる 越後の刈り田の風景を眺めると 厳しい寒さと雪に耐え 大切なお米を
作り続けてきた 地元の方々への 深い感謝が沸き起こるのでした

日本人の心と食のふるさと 越後へ ぜひおでかけください

The familiar rural scene drew both our eyes and mind.
by ballerina24 | 2011-10-26 23:55 | 旅行 | Comments(6)

秋 の お茶会  ~茶道会館にて

c0225143_227355.jpg未明から降る 強い雨が
着付を終え 家を出る頃には
見事に あがりました

美しい着物姿の 生徒さん達が
稽古の成果を披露します

自分のお点前の手順も 大事ですが
茶室では お客様としての振舞い方が
とても大切です

一緒に座した方々への 思いやり
茶道具や茶室を 大切に思う気持ち
それらを忘れずに 心静かに
一服の茶を 五感で味わいます


茶道は「 和 」の 心
「 和 」は 助け合い 思いやり 譲りあう心
「 和和する」 と書いて 「 にこにこする 」と読むそうです

開け放った障子から 雨上がりのしっとりした庭園と 路地を眺め
ゆったりした静寂と 愉しみの時間を 持てることに 深く感謝
また 来年の 秋の茶会へ向けて 精進していきます

いつも忙しい 大切なあの人へ ゆっくり 心をこめた一服を 差し上げたい

Please find comfort in a cup of tea during your busy schedule.
by ballerina24 | 2011-10-24 22:12 | 茶道 | Comments(4)

明 眸 皓 歯

c0225143_10572870.jpg明 眸 皓 歯   めいぼうこうし

楊貴妃の美しさを 形容した 中国の言葉
意味は 「明るく澄んだ瞳と 白く輝く美しい歯」

おすまし顔ではなく ふわっとこぼれる
楊貴妃の笑顔がとても美しかったのでしょう

この言葉が 25才の私の心を 強く惹き
以来 半年に一度の 歯の定期検診を
欠かしていません

昨日の定期検診でも 担当の先生から
「 素晴らしい ! よく手入れしていますね 」 と
お褒めの言葉をいただき ufufu...

褒め言葉は 日ごろの手入れの励みに なります

「歯」医者とはいいますが
特に重要なのは 歯茎のケアなのです
鏡で歯茎をみて お肉がキュッと締まり 薄いピンク色ですか?

就寝前の フロスのお手入れが 効果テキメンですよ

こつこつと 私が目指すは 「 80歳になっても 明眸皓歯 」 です
She has beautiful eyes and teeth. It gives the decemt impression.
by ballerina24 | 2011-10-19 23:55 | 美学 | Comments(4)

秋 の お茶会 

c0225143_23484317.jpg先週末は季節はずれの暑さで
蝉が 鳴きましたが
秋の空気は 爽快

今週末は いよいよ秋のお茶会
生徒さんの 発表会です

私は 華やかな 立礼のお点前を
いたします
椅子に座って 気楽に 和む
ティーパーティーのような お席
昨年の夏の茶会でも いたしました

たたみに正座する点前と 違い
足まで 着物が見えるので

椿が描かれた 上品な藤色の 明るい着物を用意しました

一緒にいく 母の着物も 見立てておきます
小さな花の刺繍が散る 秋らしいボルドーの着物が
いいかと 思っています

そして 結ぶ機会の少ない 豪華な袋帯も たんすから出して
あれこれ当てて 着物との組み合わせを考える 楽しさ

昨年やった立礼なので 気持ちには少し余裕もあり 愉しめそうです
気になるのは 週末の お天気だけ 
It's very fine, isn't it ?
by ballerina24 | 2011-10-17 23:55 | 茶道 | Comments(6)

芸術の秋 ~ 薪 能 ~

c0225143_98244.jpg夜の新宿御苑にて ゆかこさんと
薪能を 愉しみました

十三夜の おぼろ月が 天高く輝き
秋虫の音に 幾重にも囲まれた
深々とした 夜の森

能舞台を照らす かがり火は
薪能( たきぎのう )ならではの
醍醐味です
夜空を 時折舞う蛾さえ 風流な趣

狂言は 「 越後婿 」シテ 野村 萬斎さん
能は  「 石 橋 」 シテ 観世 清和さん

贅沢なキャストで 五穀豊穣を願う獅子たちが
長い毛を鮮やかに振り 舞う演目は 豪 華

短大生のころ 能楽部に入り 薪能を よく観たものです
あの頃は 中盤になると 心地よい子守唄となり コックリコックリしていた・・・
20年経って観る能に まったく違う深みを感じます

終演後のデザートは 同じく学生時代に 能を習っていた ゆかこさんと弾む 能談義

夜のピクニック気分で 薪能を見におでかけください
長く伝承されてきた日本文化に 触れる秋です
Traditional entertainment always gives us an unusual moment .
by ballerina24 | 2011-10-15 00:39 | 伝統芸能 | Comments(4)

紬 に とりこ

c0225143_2202759.jpg秋空が澄み渡る十月になり
着物は 袷のシーズンへ

初夏に 友達の真由美さんから
いただいた紬を 着ました

その絹地は はりがあって 非常に若く
背中や襟元が うまくきまらず
着付けに ずいぶん時間がかかりました

でも 身にまとうと 着崩れせず
シャキッと軽く 着心地が抜群

会う人 皆が「 渋くて 粋ね 」と
褒めてくださる
すっかり 紬に とりこ



以前は ファンシーで 華やかな染めの着物ばかり
選んでいたのに 今は紬の 味わい深い艶と 手織りの風合いの 良さがわかってきました

紬の良さは 着こむほど 生地がやわらかく なじんでくること
この紬も あと10回ほど着たら 角が取れて 襟元にスッと合ってくれるでしょう

~ この日の 装い ~
玉虫のごとく 色が艶めいて変化する 渋い紬には
明るめの帯を合わせ やわらかい印象をつくる
自然界にある色味で まとめます
by ballerina24 | 2011-10-12 10:48 | 着物 | Comments(4)

ジョブズ氏 の 遺言

c0225143_239316.jpg先日の スティーブ・ジョブズ氏死去の
ニュースは 大きな衝撃でした

アナログな私は アップル製品を
何ひとつ使用していませんが
その偉大な功績と 影響力は
よく知っています

親友のちなみさんは 彼の追悼と
思って iフォンを使いこなしたい と
言いました

それにしても 56才とは若すぎる・・・
もっと実現したいことがあったでしょう

彼のようなbillionaireでも 克服できなかった病
豊富な財力があれば 超最先端医療の どんな治療でも受けて
なんとかできるもの と思っていました

宇宙規模から見ると 砂粒でしかない人間
でも 人生はかけがえない 一度きりのもの

日ごろから 健康や生活習慣 食事に気を配って
病を遠ざける努力をしながら 今日一日を大切に生きることを
ジョブズ氏は 教えてくれました
Live and learn as you die tomorrow
by ballerina24 | 2011-10-08 23:16 | 週末 | Comments(2)

華麗 な スイマー

c0225143_23411933.jpg肌寒い雨の一日
アンチ日焼けでも 日差しが恋しくなる

こんな日こそ 退勤したらプールへ
寒さが 本格的になってくると
プールは 歴然と空いてきます

まさに チャンス到来であり 勝負時
プールは 広々と快適だし 水もきれい
皆がサボっている間に せっせと
鍛えて 心身軽やかな春を迎えるのです

さまざまな スイマーをウォッチしながら
ひたすら walking walking

男性は ダイナミックな泳ぎへの
憧れが かなり強いよう
バタフライを 熱心に練習する男性が
本当に 多いです


手と足の絶妙なタイミングと 肩から背中の筋力がないと
まるで 池に落ちた モスラーの ジタバタフライ・・・
学生時代 水泳部だった私も やらなかったバタフライ

これから 晩秋 冬 へと移り変わっても 強い目的意識で通い続けた
スイマーだけが 春には華麗な バタフライになっているでしょう

Train yourself during winter, then you'll be a flying butterfly in spring.
by ballerina24 | 2011-10-05 23:55 | 美学 | Comments(4)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31