「温故知新」~働く女の和風道~



<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


タベルナ でも タベル!

c0225143_223790.jpgギリシャには 家庭的なタベルナ( 食堂 ) が
多くあり 真っ青な海を 眺めながら
食事を 楽しめるのです

そんな思い出をいっぱい連れて
三年ぶりに 帰国した弟家族

ギリシャの料理教室で 腕を上げた
義妹のまよさんが
ホーム・タベルナを オープン

母と私を 招待してくれました
地中海テイストのクロスや 食器類で
雰囲気も パーフェクト

スパイスをたくさん使うので 日本の食材でも
エキゾティックな味わい
KENTは 大好きなズッキーニのフライばかり 食べる ^^
真っ青なTシャツには ギリシャの国旗

家族集まれば 美味しい手料理と会話が ごちそうです
あの水晶のように美しすぎる海を 各自で思い浮かべて・・・
The table is gorgeous with nice meals and smiles.
by ballerina24 | 2011-08-31 22:27 | ギリシャ | Comments(6)

魅力的 な 日本女性

c0225143_2332193.jpg先日の 茶道のお稽古では
長いパリ生活から帰国された 女性と
一緒になり 親しくお話しました

気になる フランスでの
日本の評判も 聞きましたら・・・

「 フランス人は 神秘的な日本が 大好き 」 で
パリでは 茶道を熱心に習う方が多いそうです
( 正座はできないので 稽古は立礼式で )

誇らしく 気持ちが 引き締まる思い
シラク元大統領の 日本ひいきは 有名です
愛人も 日本女性なのだから 筋金いり

当て推量は 慎みたいのですが・・・
その女性は 間違いなく 黒髪を清楚にまとめ 
日常的に和服を着て
古い物を大切に暮らし 軽快に竹かごを持って
マルシェに 買い物へ行くのです
控えめで でも自分のぶれない 強い軸をもっている・・・ きっと

故バルテュス氏の 夫人 節子・クロソフスカさんのような イメージ

海外の方から見て 魅力的に映る 日本女性の 良さを 意識したいです
Don't hesitate to express yourself in your way.
by ballerina24 | 2011-08-29 23:40 | 美学 | Comments(4)

着物 の お手入れ

c0225143_21551749.jpg暦の上では 立秋を過ぎ
早くも 処暑

そろそろ 夏物の整理の 頃
着物の 手入れについて よく聞かれます

「 餅は 餅屋 」主義なので
自分で しみ抜きや 汗取りなどせずに
一度でも 袖を通したら 数日吊るして
風にあてたら クリーニング屋へ GO

風に当てるだけで また桐のタンスにしまう
という話も聞きますが とんでもないこと

数年後に 着ようと出したとき
思わぬシミが 定着していたら あまりに悲しい
自覚していなくても 汗をかいているのです

少々手間であっても 着物を楽しんだら
早いうちに 専門のクリーニング業者へ お任せして
次回 気持ちよく着る体制を 整えるところまでが
真 の 和装道 と思います

~ 夏 の 帯 ~
川の流れに 色づいたもみじが さらさらと漂う・・・
透かすと向こうが見えるほど 薄く 軽やかで 今夏大活躍
by ballerina24 | 2011-08-27 22:02 | 着物 | Comments(2)

歌舞伎俳優 は すごい

c0225143_8455988.jpg東京で過ごした夏休み
母と歌舞伎も楽しみました

会場は 東銀座の 新橋演舞場
歌舞伎座よりも シックで
ショップが広く ゆったりできます

獅童さん 福助さんに 勘太郎さん と
若く 麗しい 花形メンバー揃い
 
眼目だったのは 人形浄瑠璃の人形のように
舞う 七之助さんの 初々しい妖艶さ

「 人形振り 」 といい
まるで 等身大の人形を 本当に操るように
二人の黒子が ずっと七之助さんの背中に
ついてまわる舞です
人形になりきり 顔の表情は一切 変えません

踊り続けて 息もかなり 上がるはずなのに!

二人三脚 というのか 三人一体 というのか
浄瑠璃の人形の 動きさながらの 美しい舞いに ため息

どれほど研究し 稽古を積みこんだことでしょうか
軽快な言葉回しといい 長丁場の舞台といい 歌舞伎役者は 本当にスゴイ !

Kabuki actors are amazing ! and powerful !
by ballerina24 | 2011-08-24 23:01 | 着物 | Comments(6)

香りの マナー

c0225143_2191537.jpg初秋の涼しさに包まれた週末
茶道の花月教室に でかけました

さっぱりと 簡素を宗とする茶室では
お茶の道具たちが 主役

したがって 香りにはいっそう 気を配ります
余計なにおいを 自分から排除することです

茶を点てる 香り
釜の湯が沸く 湿った香り
たたみや 木のお道具の 香り

これらを壊さないよう 私は徹底して 香りの陰に
なるように努めます


自覚できない匂いが漂うと 茶室の香りが 台無しなので
5日前には 桐のたんすから 予定の着物や帯を出し 広げて
風にあてて 空気浴させ こもった匂いをとばします

和装する日のための ちょっとした準備で 繊細な香りが生きてきます

~ この日の装い ~
 前回締めた 草色の夏帯に
 濃緑の 透ける紗の着物と 爽やかな水色の帯揚 帯締めを合わせ
 全く違う雰囲気を 愉しむ・・・ 
by ballerina24 | 2011-08-22 23:41 | 着物 | Comments(8)

夏 の 栂池自然園

c0225143_22101726.jpg猛暑の東京は 今日一気に秋の涼しさ

夏休みに 母と旅をしてきた信州の
あの山々は 今日は冬並みの寒さかも・・
猛暑のうちに 旅行してきて良かった^^

今回の 夏の母娘旅行
北アルプスにたたずむ 栂池自然園へも
足を 伸ばしてきました

標高1,900Mにある 桃源郷

木道が整備され 雲上の湿原を
雪渓の残る 白馬連峰を 望みながら
ゆったりと 散策できます

栂池は 早春のミズバショウで 有名ですが
夏の最後を飾る花々も とても美しい

イワショウブ ワタスゲ オニシオガマ モウセンゴケ・・・c0225143_22111086.jpg
たくさんの 山の妖精たちに 出会えます
母と 花の名前を 確認したり教えあう時間も 楽しい

誇らしげに 鮮やかな実をつけた 植物たち
早くも 結実の秋に移りゆく湿原です

秋草に 夏の名残を 惜しむなり
by ballerina24 | 2011-08-20 23:52 | 旅行 | Comments(4)

夏 の 千畳敷カール 

c0225143_2124561.jpg夏休み いかがお過ごしですか

私は 6日間の休みを頂き
美味しく済んだ空気に
花が咲き 小鳥がさえずる別天地で
体中の細胞を 浄化して参りました

標高 2,612Mの 中央アルプス
千畳敷カール です

気温は ひんやりと14度ほどで
生き返りました

カールとは 2万年前に 氷河期の氷の
すさまじい力で 削り取られた
すり鉢上の 地形です
アルプスのような美しい風景に 言葉を失います

咲き競う可憐な花も 氷河時代からの 贈り物

一時期 山野草に魅せられ たくさん覚えた 花の名前
だいぶ忘れましたが 姿を見て名前がわかると 花と お友達になれます

古の人々が 山岳信仰を 深め 山を神として 畏れ敬った その気持ちが
私の中にも 自然と 湧きおこるのです
It was a speechless landscape. Fastinating trip.
by ballerina24 | 2011-08-17 21:24 | 旅行 | Comments(0)

夏 の 絽

c0225143_21553912.jpg夏休みシーズン
街は目に見えて人口が減り
静かな東京はいいものです

盛夏には 絽 (ろ) という薄物の軽やかな
着物が 楽しめます
透けるように織った絽は ひんやりとした
生地に 見た目も涼しげ

こちらは 生成色に濃紺の切り絵のような
模様が 晩夏らしい雰囲気

初めて 袖を通し 草色の帯を合わせ
お茶の稽古にでかけました
和装での稽古は 学びが詰まっています

着物は 洋服よりも かなり動きに制限が出るので
本来のお点前を 身をもって体感できるからです

洋服でずっとお稽古を積んだまま 本番のお茶席に いきなり和装で臨むと
普段のような動きが取れず 粗相したり 最悪は転んでしまうかもしれません

自然で流れるようなお点前と 動作は 一朝一夕には身につかないものです
Even one thousand mile journey starts from a single step.
by ballerina24 | 2011-08-13 23:41 | 着物 | Comments(6)

男らしい 点前

c0225143_23584818.jpg茶道のお稽古の日は
主菓子を美味しく頂くために
朝から 甘いものを絶ちます

ビールを美味しく飲むために
水分を控える サラリーマンみたい

懐紙に取り上げた 季節の和菓子の
甘さが 口から全身に染みわたる瞬間は
まさに至福で やめられません

昨夜のお稽古は男性の生徒さんが多く
お茶室は よい緊張感に 包まれます
男性の生徒さんの姿勢は
とても熱心で見習うところが多いです

会社では それなりの役職についている方々も
茶室では 足の運びにとまどったりして
真剣に取り組む その姿は 初々しいほど

でも 男性は せっかくの主菓子を 二口ほどでアッというまに
食べてしまうので そんな豪快さは やはり ・・・ 男性
by ballerina24 | 2011-08-10 23:50 | 茶道 | Comments(2)

66回目 の 夏

c0225143_18174621.jpgヒロシマが66回目の夏を迎えました

被爆者の平均年齢は77歳だそうです
遠い過去のようで そうではないのですね

No more HIROSHIMA と 叫んできた日本は
自然の驚異の力によって 再び
放射線の見えない驚異と不安にさらされています
制御できなくなった原発は 原爆と同じ・・・

楽しい夏は これからも鎮魂の思いと 同居し続けます

被爆した罪のない多くの人たちが
水か欲しい 水が欲しい と息絶えた
悲惨な事実を思い 一杯の水と 日々を大切に
生きようと 強く思うのです

私達が存在していることは 先立つ歴史の惨禍と
切り離すことは できません

What is done can not be undone.
by ballerina24 | 2011-08-08 23:41 | 歴史 | Comments(2)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31