「温故知新」~働く女の和風道~



<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ロイヤルウェディング

c0225143_17285829.jpgSomething New,
Something Old.
伝統と格式に溢れた ロイヤルウェディング
結婚とは かくも神聖なものであることに
あらためて 感銘しました

ウェストミンスター寺院内に飾られた
新緑に萌える木々が 若い二人を象徴するようで
印象的な空間を 醸し出していました

お互いの 元カレ 元カノも 招待されていたそうで
お別れしても 公に祝福しあえるのは
二人の 人柄でしょうか ^^

大司教の説く 神の言葉は 意味を全て理解できなくても
抑揚に富み とても美しく荘厳で 私の心にも響きました

イギリスの厳しい財政難の中でも 沿道の人たちが 満面の笑顔で
二人に向かって ユニオンジャックを振る様子を 見ていて
王室や 皇室のある国は 本当に 本当によい ・・・
と 純粋な 誇りを感じました

18年前の新緑のころ 皇太子殿下と雅子さまの ご成婚パレードを
ひとめ見たくて 母と妹と 四ツ谷の沿道から 祝福したことは 良き思い出です

肉体はなくとも ダイアナさんの志は 若い二人が次世代へ受け継ぐでしょう
私達も その証人となったのです
Heritage of pure mind will last generation to generation.
by ballerina24 | 2011-04-30 17:38 | 美学 | Comments(4)

働く女の呑みかた

c0225143_734344.jpg風薫るさわやかな季候
何かを始めたくなる季節です

いよいよ 私も始めますよ
・・・憧れの 「女一人呑み」
親友のちなみさんが 一緒に
つきあってくれて
以前から気になっていた
地元の 小さなバーに やっと
入ることができました

いきつけの地元一人呑みバーを 持つちなみさんも
始めは 慣れたおネエさんが一緒に 連れてってくれて
なじみさんになったそうで 今度は私につきあってくれたのです

初めて入るお店は カウンターのみのちょうどよい 大人の空間で
品がよくて 語り口が優しい 素敵なマスターさん
お店を出して八年だそうで 私は八年間もずっと気になりながら
横を素通りしていたのですね

地元のお話など 話題が広がり お勧めの一杯もいただき
ちなみさんは 「今度は彼女一人で 呑みにきますから よろしくね 」 と
しっかり私のアピールまで してくれました 

背中を押してくれ 今度はいよいよ一人で気軽に行けそうです ^^
バレエレッスンや 仕事帰りに いってみましょう

その後は サングリアと生マッコリを買い 私の家へ直行
やっぱり 究極は親友と夜通し 語り 飲み明かす 「 女の家呑み 」・・・でしょ
Why don't you drop by at my room ?
by ballerina24 | 2011-04-27 07:31 | Comments(6)

近 況 報 告

c0225143_19345067.jpgドイツからの輸入車が予定通り
東京港に到着して一安心
でも 輸入担当者の来日予定は延期に
なってしまいました
残念だけど 今は目の前の仕事を
しっかりやります

気付くと 納豆とヨーグルトが店頭に
戻ってきました
種類や品数は まだ少ないけれど
ある中から 必要な分を買うのには
不足はないです
当たり前の日用品や食品が 慎重な温度管理や
包装材の調達などの さまざまな分業のプロセスを経て
消費者の元に届いていることをいまさら 認識しました
今まで以上に 食べ残さないよう感謝してちょうだいしましょう

そして今 自粛を自粛しよう という声が広がっていますね
じきやってくるGWこそ 家族で集まって 消費も積極的にしなくてはね

それに こんな大変な中 弟家族が3年ぶりに帰国しました
( しかも 幸運にも新居は 私の隣町 )
これまで離れていた時間を たっぷりと取り戻すつもりです ^^

Will power is strengthened by exercise.
by ballerina24 | 2011-04-23 23:17 | 週末 | Comments(6)

かぐわしき名宝 

c0225143_21361066.jpg八重桜が悠然と 咲き誇る上野 
静かに佇む 東京藝術大学美術館にて
「 かぐわしき名宝 香り展 」 へ
ゆかこさんと 出かけました

日本人が 香木を焚くことを知ったのは 六世紀
以降 独自の香りの文化が萌芽し
美しい香炉や 精緻なお道具が作られました

印象的だった展示品は 江戸時代の枕香炉
日本髪に香りを移すために 中で香を焚いた 枕です
いかにも 寝心地が 痛そうな固い枕でも
美意識を貫いた 江戸の女性達
お洒落のためには 我慢もいとわないのは 今昔不変ですね

上村松園の 匂うような美人画も 堪能できました

名宝をゆっくり鑑賞した後は 二人で上野の定番 精養軒へ

和装のときは 色の濃いメニューや パスタはご法度ですが
あの かぐわしきハヤシライスの香りを 嗅いでしまうと・・・

香りの誘惑には勝てず 定番のハヤシライスをオーダーし
決して着物に飛ばさないよう 細心の注意をはらいながら 完食
お洒落よりも 食欲を優先してしまいました
Appetite always comes first.
by ballerina24 | 2011-04-20 21:39 | 週末 | Comments(2)

かぐわしいひととき 香道

c0225143_16411756.jpg五百年続く志野流香道
若き 家元後継者が同席し
かぐわしいひとときを
体験しました

私にとって 香は 源氏物語の
雅なお遊び というより
兜に 香を焚きしめて出陣した
戦国武将の 劇的な美意識の
印象です


体験した香席は 春の海に小舟を漕ぎ出して 日本三景を廻る という趣向

まず 「松島」 「橋立」 「厳島」 「舟」 と名づけられた
四種の香を嗅ぎ ( 聞香 ) よく記憶にとどめ
次に 順を入れ替えて同じ香が出され( 出香 ) その名前を当てるのです

薄暗い和室の中 背筋をのばし かすかな芳香を嗅ぎ
まぶたに思い浮かんだのは 昨年訪れた あの美しい松島の風景
香席の 「 松島 」 は大変貴重な 最上級の伽羅でした

肝心の私の成績は・・・ 「 雲霧 」
舟を出したものの 雲がたちこめ 霧に包まれ
どの三景にもたどり着けなかった  つまり 4点中 0点

雅な世界には そう簡単に仲間入りできないようです 
by ballerina24 | 2011-04-18 22:09 | 伝統芸能 | Comments(6)

和装で お稽古

c0225143_20235474.jpgけやきの新緑がまぶしい週末

初めて 和装でお稽古に出かけました
いつも仕事帰りの服装で お稽古するので
いかにも 日本文化教室の生徒さんらしくて
格別に 嬉しい気分

土曜日は 着物でお稽古に来る生徒さんが
多く まるでお茶会のような華やかさ
「 道を極めるには まず形から 」 というのは
言い得ています 

初めての入子点は 建水にお茶碗をすっぽり
入れた入子状態で お点前に入ります
手品のような 茶巾の難しい扱いも あります
さまざまなお点前があるのには いつも関心するばかり

正確にはわかりませんが 270近くのお点前があるとか 
はてさて・・・ 愉しき奥深き道のりでございます

~ この日の 装い ~
初夏のような 陽気となった この日
鮮やかで美しい 沖縄の紅型を 選びました 
袷なのに 白地に 流れる水草と水鳥が 涼しげで 帯〆も 白でさっぱりと 
by ballerina24 | 2011-04-16 20:41 | 茶道 | Comments(4)

寂 の 心

c0225143_23125699.jpg週末は 茶道の修行でもある
七事式の 花月教室でした

若輩なりに 茶道を通して生きていくことの
心持ちを感じ 学んでいます

千利休が 茶道の心得とした
「 和 敬 清 寂 」  わけいせいじゃく
とくに 寂  ---- どんな時にも動じない心でいる

私は そのような心持ちを 旨としていたいものです

仕事や人とのつきあい 社会の中で 悩みや困難に
遭遇して 初めの一歩が踏み出せないとき

動じず 目を閉じて 一歩を踏み出してみると
おのずと 道が開けていくことがある

無になって 目を閉じて 一歩を踏み出してみましょう
おっと・・・ 茶室では たたみの縁を 踏まないように ね

~ この日の装い ~
 暖かくなった桜日和に 墨絵風の花を咲かせた 袋帯
同じ着物でも 合わせる帯で 季節感や雰囲気を演出できるのが 着物の魅力
帯〆も 白の分量が多いものを選びます
There is no wasting if you experience it wisely.
by ballerina24 | 2011-04-13 23:40 | 茶道 | Comments(4)

都知事選 

c0225143_221015100.jpg石原慎太郎氏が4選を果たしました

反発も招くけれど 歯に衣着せぬ 物言いは
一貫していて 強烈なリーダー力があります
「 ~させていただきます 」 とへりくだらず
常に はっきりと言いきるので
非常にわかり易い

周りに気を配り 他者に同調する 日本人とは
真逆の 石原氏の姿勢にも 羨望を
抱くのかもしれません
あいまいさを美徳とする心は リーダーには
必要ないのです

昨夜の 記者会見では 軒並ぶ自動販売機と
パチンコについて 苦言を呈しました 
私も ずっと以前から日本の 「 残念な美しくない現代文化 」と
思っていたので
これ以上の 乱立や あの照明にブレーキがかかることを望みます

石原氏は 「 我欲 」 を何とかしなくてはいけない とも述べました
「 我欲 」 ド キ ・・・ッ
最近 私は自分の我欲に呆れ 苦笑いしたばかりなのです

それは 先日 緊急用の非難バッグを作ったとき
頭で想定をしながら 必要なものをそろえていくうちに
アレも コレも ・・・・ と増えていき まるでバックパッカーのように膨らんだバッグ
いざというとき この重たいバッグを持って非難できるのかしら

大きなバッグが 自分の 「 我欲 」 のように 見えて
バックも 自分の精神と体も すっきり削ぎ落とさなくては 恥ずかしい!
We will never give in.
by ballerina24 | 2011-04-11 22:31 | 週末 | Comments(6)

快適に 防災

c0225143_16204270.jpg東京の週末は 桜・桜・桜
さて 先日は私の住むマンションの
半年に一度の 消防設備点検

私は 消防法で規定する
防火管理責任者も 務めているので
業者による検査に 必ず立ち会います

事前に 入居者に通知をして 留守宅も含め
全てのお部屋を 検査し パトロール

のぞき見ではないけれど・・・
防災とは 程遠いお部屋が 多いのです

ベランダの非難はしごの上に 植木や
物干し台が 置いてあったり 玄関に自転車を
持ち込んでいたり お部屋は 落下しそうな物が
溢れ まるで地震直後かと見紛う 状態

これでは もし夜に大震災に見舞われ 停電でもしたら
自分の部屋から 逃げ遅れてしまうかもしれません

このような現状を見るにつけ 感じる法則は
「 余分な物を持たず 風通しのよい 快適な暮らし 」 = 防 災

プライバシーに立ち入らない距離をもって 住居者の皆さんへ
伝えていこうと思う 春です
We are all in the same boat.
by ballerina24 | 2011-04-09 23:42 | 美学 | Comments(0)

お稽古で 安らぎを

c0225143_1336876.jpg暖かい春風が優しくそよぎ
待ちかねたように 桜が咲き始め
私も 先月は控えていた 茶道のお稽古へ
通い始めました

仕事をサッと切り上げ 教室へ飛んで行きます
今日は ベテラン生徒さんが練る 濃茶のお点前で
甘くて旨み凝縮の濃茶を ちょうだいできました

先生は 「 濃茶は 残してもいいわよ 」 と
気遣ってくれますが
お茶席以外では なかなかいただけない お濃茶
ありがたく ドロ~リと飲み干しました
爪の先まで 抹茶色に染まりそうです

今日の 私の稽古は 徒然棚を使った 貴人点
先生に 一挙手一投足を見られるお稽古なのに
心が安らぐのは 何故でしょう
本当の至福や満足 快楽は 緊張や集中といった対極の中にのみ
存在するからでは・・・ そう感じるこのごろ

次回 入子点の稽古に進む お許しが出ました
いりこ?だて?  一体どのような お点前でしょう

次の 古くて 新しき世界の ドアを開くのが楽しみです 
Spring flowers are shining with joy.
by ballerina24 | 2011-04-06 23:58 | 茶道 | Comments(4)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31