「温故知新」~働く女の和風道~



<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


愛しきTOMATO

c0225143_21245938.jpgひたすらかまびすしい アブラゼミに
ツクツクボウシが加わり にぎやかです
相変わらずの過酷な暑さ

手元の茶道手帳を開くと 今週の季節の言葉は
   秋立つ  晩涼  宵涼し

スーパー店頭には マツタケがおめみえし 
梨や葡萄の種類も 豊富になり 秋はすぐそこ

トマトの種類も 驚くほど多彩になっていますね
細長いもの 黄色 枝つき ・・・など
名前も シンシア もてもてトマト アメーリア とどれもお洒落

今が旬の トマトに含まれる カロテンは12月の約2倍
効率よく栄養が摂れる ビューティー野菜 ^^
大きなトマトより プチのほうが栄養価は濃厚です

子供の頃からトマト嫌いで 26歳の夏に突如 その魅力に
目覚めた私にとって 毎日の欠かせない お手軽食材です

先日お友達からいただいた 可愛い瓶入りの 赤い 「 トマト蜂蜜 」
もったいなくて まだ未開封です 9月になったら開けようカナ

I can't help fall in love with TOMATO.
 
by ballerina24 | 2010-08-29 21:53 | 週末 | Comments(4)

Photograph

c0225143_7465617.jpg今日は掲載する写真にフォーカス

カメラの扱いは素人ですが
生来 写真を撮るのも撮られるのも好きです

載せる写真にさりげなく意味を込めてみたり
季節に合わせたり楽しんでいます

週末の蓼科の朝 
目で見た 新鮮な感動を切り取ったようなショットが
思いかけず撮れました

空気がまだしっとりとしている朝 一人散策していたら
足元の草むらが一面に 虹色にきらめき 美しいこと!


しゃがんでみると 朝露の玉が細い草の先で鈴なりに揺れています
見惚れているうち いつものデジタルカメラでカシャ

夏の太陽が昇り じき日差しが当たればあっけなく消えてしまう 繊細な自然の造形
小さきものに気付き 愛でる気持ちの余裕を 教えてくれた風景です

Nature is a scenic artist.
by ballerina24 | 2010-08-25 23:45 | 美学 | Comments(6)

避暑の蓼科へ

c0225143_2253421.jpg6年ぶりに標高1500Mの蓼科高原に
行ってきました

厳しい残暑が嘘のような涼しい風に
とんぼがスイスイと飛ぶ 避暑地
夜は18℃くらいで ひんやりと虫の音に包まれます

以前はゴルフに ハイキング ドライブと早朝から
アクティブに動き回り 帰京するときにはいつも
遊び疲れていた蓼科の週末

今回の大きな 3つの目的は
  ・ 温泉三昧  ・ 読書 & お昼寝  ・ 満天の星空

窓から夜空を見上げると 無数の煌く星 星 星・・・・・
一切の人工的な光と音が届かない 怖いくらいの闇

温泉には15回くらい浸かって 本を気ままに読み
気が向くと 白樺の森を散策して 初秋の風を感じました

3つの願いを全て叶え とても贅沢な大人の休日  帰り 24Kmの大渋滞を除けば・・・

I indulged myself in hot spring , taking a nap and twinkling stars.
by ballerina24 | 2010-08-22 22:40 | 週末 | Comments(8)

cicada 夏の賛歌

c0225143_22424679.jpg妹と二人の姪っ子たちと共に 地元ボランティアによる
夜の 「 セミ探検ツアー」 に参加しました

19:30 懐中電灯を手に 暗い公園へ
すでに 蝉の幼虫が木を ゆっくり這い上がっています
生で見るのは 幼稚園児の頃以来でドキドキワクワク

20:00  茶色い鎧のような背中が割れると
真っ白な体と可愛い黒目が ゆっくり現れて・・・
殻から出ると 次は縮んでいた薄緑色の羽がぐんぐんと伸びいきます

絹のように繊細な美しい羽となり 皆で大歓声
見守る私も すっかり童心に帰っていました

蝉たちは 夏の強い朝日が顔を出すまでに 後戻りのできない
命がけのミッションを成し遂げるのです

自然には 我々人間が学ぶべき 全ての形がある
姪たちの心にも何かが残ったでしょう

暑苦しい蝉の音も 賛歌に聞こえる晩夏です

A lot of cicadas is chirping noisly, it brings me back to my childhood.
by ballerina24 | 2010-08-18 23:03 | 週末 | Comments(6)

憧れのお稽古へ

c0225143_18363628.jpg帰省シーズンの東京は静かです

先日の茶道のお稽古は 冷たい竹筒入りの水羊羹
そのあとの一服は 本当に格別です

私は 大先生のお弟子のいずみ先生に稽古を
つけてもらいます

茶道を20年以上もされ その指導は 厳しく
些細であっても 美しく見えない位置や品のない所作
手の形は 見逃さずに指摘されます
お陰で 自分では気付かない改善点を知り 直す努力をすることが できています

それでも いずみ先生は 生徒さんの性格 ペース 目的意識 を感じ取って
指導の具合を加減されるそうです

でも 厳しさを手加減されるような 生徒では情けない
先生が持っている 「 知識の宝庫 」 から 様々なお話や教えを
引き出し 聞かせてもらえるような生徒でありたい

そのいずみ先生より 次回から棚のお稽古に入ることを告げられました
いよいよ 憧れの棚を使った 雅なお手前です

決してはやることなく 心の面がついていくよう 修養を積んでいきます

A bowl of tea will show you a spirit of gratitude.
by ballerina24 | 2010-08-15 18:57 | 茶道 | Comments(6)

手帳の中の情景

c0225143_2254544.jpg働く女の必需品 それは上質なスケジュール手帳

私は 5年ほどashfordの革手帳 ( ジャケット )に
毎年同社のリフィールを差し替え 使っています

名前入りの 水色の型押しレザーの質感が好きで
この先もずっと愛用するつもりです


でも 今年はリフィールは買わずに 教室で頂いた茶道手帳をさして使っています
これが 日本女性が持つにふわさしい 非常に風雅なものなのです

巻末には 「茶道六家元系譜」 「季節の茶花リスト」 などが掲載され
また 三月二十八日には 裏千家利休忌 と書かれています

何より好きなのが 一週間ごとのページ下に書かれた 季節の言葉
今週ならば
  迎え火  盆の月  灯篭流し  走馬灯 ・・・・・
来週は
  遠花火  虫の音  鐘涼し  軒の夕顔 ・・・・・ 秋めいてきます
    
目にしただけで季節の情景が思い浮かび
なんとも懐かしい気持ちになる日本の美しい言葉の数々

あわただしい中でも 手帳をめくるたびに
忘れかけていたような四季の里山や野に咲く花の風景 
豊かな季節の移ろいに 心が奪われます

Japan has been blessed with seasonal landscape.
I truely love it.
by ballerina24 | 2010-08-11 23:40 | 美学 | Comments(6)

立秋 そして 残暑

c0225143_22214057.jpg連日 青空に日差しが照りつけ
展示車のルーフで 目玉焼きが作れそうです

でも ドイツの取引先の Ms.イングリッド からは
既にあちらは日中でも20℃くらいで 夏は終わった とか

日本も立秋を向かえ 暑さも徐々に緩んでいきます
日陰にいると 吹く風は爽やかで いつの間にか
空は高く 薄絹のような雲がたなびいてます

まさに 風の音にぞ おどろかれぬる


年々 夏の過ごし方が後のエイジングに大きく作用するように感じます 
私の 「 夏の鉄則 」 とは・・・

 ・筋肉量を落とさない
 ・決して 日焼けしない
 ・冷風も熱気も 直接肌に当てないよう 長袖を着る
 ・氷の入った飲物は厳禁  ただし焼酎のロックは例外 OKとする ^^

猛暑の先日 八百屋で夏野菜を買ったときに 店主のおじさんが
私をまじまじとみて 「 お姉さん 涼しぃー顔してるねぇ~ 」

背中は汗びっしょりなんですけどネ
さぁ 残暑も ヘルシーに 楽しく 味わいましょう

What is your tip of beating summer heat ??
by ballerina24 | 2010-08-07 22:32 | 美学 | Comments(8)

身近な生き物たち

c0225143_8462348.jpg24時間 車や人通りの騒音が絶えないビジーエリアに
住んでいます

でも この時期は 意外な生き物が身近に現れて
童心に帰るような 安らぎをくれます

夕暮れ時になると 中空を音もなく羽ばたく こうもり
決まった場所に必ず現れる やもり
( 昨日は大小4匹も やってきて びっくり )

何より嬉しいのが ひぐらしが鳴く場所が 近くにあるのです

週末の夕暮れに お気に入りの散歩コースの公園へ行くと
透明で涼感ある声で鳴き 響きあいます  まさに 天然の心のクーラー

田舎の実家でも耳にすることがないのに 東京で ひぐらしが聞けるとは幸せ

よく考えると 身の回りは生き物でいっぱい
冷えたビールもパン チーズ など美味しいものは全て
微生物たちの活動のお陰ですね
この猛暑が 生き物たちの活動にも悪影響しないよう・・・

Human beings have been supported by small creatures.
by ballerina24 | 2010-08-04 09:35 | Comments(6)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30