「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:旅行( 65 )


戸隠へ

c0225143_18342804.jpg
高い山に 囲まれた
信州は 煙る雲が
神秘的で 空気が おいしい

こちらの
霊仙寺湖の背後には
飯縄山(1,917M) が
そびえます

この辺りの土地は
鉄分を 多く含み
道や 川などが 赤くて
昔は お米が 実らなかったそうです

戸隠では 遠い奥社まで 行けずc0225143_18582356.jpg
初めて 中社に お参り

貴重な 河鍋暁斎の
「龍の天井絵」も 拝見でき嬉しい

以前 小布施で 葛飾北斎の
「八方睨みの鳳凰」を
見たとき以来の 感動でした

森と 点在する 湖を 散策して
フィトンチッドを 胸いっぱい
吸い込み
お楽しみの お昼は 戸隠そばを・・・

この 信州の 馬蹄形なる 盛り付けを
「ポッチ」 と呼びます c0225143_18434742.jpg
細打ちで 上品な 味わい

おやつの そばソフトクリームは
そばの 香ばしい味わい

涼しくて お天気に
恵まれた 安全な 旅を
戸隠様に 感謝でございます

by ballerina24 | 2017-08-21 19:09 | 旅行 | Comments(4)

秋山郷へ

c0225143_18172679.jpg
東京にいると 全く感じない
凄い 日本大陸の 躍動に
出会いました

新潟まで 足を延ばし
苗場山ジオパークへ

約30万年かけて 浸食により
形成された 背後の 柱状節理は
まるで グランドキャニオン!

あちこちで 水や 温泉が 湧きいで
縄文の 石器や 土器も出土する 秘境ですc0225143_18173151.jpg

さらに 驚いたのは
普通の 民家の 脇を 流れる小川に
梅花藻の 群生が さらさらと・・・

冷たい清流にしか 生育しない
貴重な植物が だれに 見せるでもなく
平穏に 咲き乱れていました

可憐で 清く たくましい 梅花藻
私も そのように ありたい

住民の 方々の 環境努力にも
敬意を 払いたい

次は パワースポット 戸隠へ・・・
c0225143_14493345.jpg


by ballerina24 | 2017-08-19 14:52 | 旅行 | Comments(0)

夏の 信州へ・・・

雨と 曇りばかりの 東京を
抜け出して 爽やかな 信州へ

1月から 身心ともに
フラメンコ漬けな 自分を
しばし解放するには もってこい

中央道を 降りれば 美しい田畑と
山々の風景が 延々と 広がり
五感が ふぅっ と安らいでいきます
まず 東山魁夷の絵のモデル になった御射鹿池へc0225143_13552917.jpg










静かに佇む 女神さまのよう・・・
観光化されないことを 切に祈ります

次は 雲海が 見られるはずの c0225143_13554303.jpg
竜王ロープウェイに いざ搭乗
でも 標高1770Mは 一面 まっしろ
ミルキーヴューでした

これも 山懐深い 信州ならでは
雲海は お預けです

by ballerina24 | 2017-08-16 23:08 | 旅行 | Comments(2)

直虎巡り

c0225143_16364883.jpg

天候に恵まれた G.W.
注目度ナンバーワンの
「直虎」 ゆかりの地
巡りの 旅へ

← 気賀の関所で
直虎ちゃんに 遭遇

田んぼが広がる 井伊谷
(いいのや)は当時を
彷彿とさせる のどかさ

でも 直虎ゆかりの 龍潭寺は
拝観の 大行列

いつも 静かなところの
はずなのに
大河効果は 凄い!

全国から 歴史ファンが 押し寄せていました
c0225143_16363740.jpg
子供のころから 家族でドライブに よく来た場所が
違って 見えます
この庭は 浜名湖を模しているそうで
何度も見ていたのに 知りませんでした 

この後 裏手にある 直虎のお墓へ・・・

by ballerina24 | 2017-05-01 16:55 | 旅行 | Comments(2)

下田 ぶらり

c0225143_14173981.jpg黒船の 町 下田では
ぶらり歴史散策

異国情緒 あふれる ペリーロードは
実際に ペリー提督 ご一行が
歩いたそうです 

そして 日米条約が
締結された 了仙寺にお参りして

24日間 拘禁された 長命寺では
渡米が 叶わなかった 吉田松陰を 偲び

開国博物館では
幕末の 資料や 品々を 見ました


昔っぽい 昭和の 名残りに 溢れる下田c0225143_14394472.jpg

伊豆の 最南の地で 鎖国 日本が
大きく 動いたのですね

それにしても 割烹で 頂いた 金目鯛の
煮つけは 美味しかった・・・

こちらは 朝日が 照らし始めた
白砂青松の 美 しき 弓ヶ浜

お宿からの 最高の 眺め
BGMは 寄せては かえす潮騒でした
by ballerina24 | 2016-11-30 23:42 | 旅行 | Comments(4)

ポセイドンの ハート

c0225143_1737751.jpg南伊豆の 旅では
自然の ミラクルにも
出会えました

波に 洗われる
透明な ハート♪

断崖の 上からだけ
眺められる
神聖な 造形美

ポセイドンの
愛の メッセージかも?

そして 「 紅の豚 」 の 舞台モデルに なったc0225143_1746259.jpg
不思議な 竜宮窟 

気が遠くなる 歳月をかけて
波が 岩を浸食して 産み出した 造形美です

響き渡る 波の音が 激しくて
きれいだけど 畏れも 感じる

この後 黒船の 町
下田へ・・・
by ballerina24 | 2016-11-26 23:54 | 旅行 | Comments(1)

こちらが1080万円

c0225143_18373719.jpg
闇に 怪しく にぶく輝く 八本の ワイン

こちらが オークションで 1050万円の値の ついた
ヴィンテージワインです

真ん中の 100年前のものは 瓶に うっすら カビ・・・

ワイナリーのオーナーの コ レクションだそうです

ずっと このまま コルクを抜くこともなく
貯蔵庫で 眠り続けるのでしょうか

味わうことの できない ワインは
すこし さみしい気もします

でも 飲んでしまったら 余韻だけを 残して 消えてしまうし
どちらにしても 儚い 眠れるワインたち
by ballerina24 | 2016-11-23 22:29 | 旅行 | Comments(0)

伊豆で フランス気分

c0225143_13371696.jpg南伊豆へ ゆったり秋旅

途中 丘を 上がって
中伊豆ワイナリーへ

温暖な 伊豆の地で
ワイン造りが できるとは
予想外でしたが

広大な 葡萄畑は
まるで フランス ブルゴーニュの丘?!

甲府の 葡萄棚と異なり 一本植え で
ブルゴーニュの 景色と 同じです

雨上がりで 遠く山に 霞が しっとりc0225143_1354769.jpg

こちらの 地下の貯蔵庫では
8本で 1050万円 という 
超ヴィンテージワインを
拝むことが できました

「 拝む 」 だけです 
「 飲む 」 ではありませんよ

ワイン造りの 行程を 見学したら
お楽しみの 飲み比べ
 
なぜか ワイナリーで 飲むワインは
格別な 美味しさです  
きっと ワインの 精が いるのでしょう
by ballerina24 | 2016-11-21 23:54 | 旅行 | Comments(2)

昇仙峡

c0225143_14202250.jpg紅葉を 期待して訪れた
景勝地の 昇仙峡 

まだ 木々の 葉は 青々として
もう 一か月は かかりそうです

この落差30Mという
仙我滝は 迫力があって
イオンシャワーで 満たされる感じ

巨大な 奇岩が連なる
渓流沿いに ずっと 歩けて
浸食した 花崗岩が
不思議な 景観を 見せてくれます

昔は ここで 水晶などが 採れましたが 
今は ブラジルからの 安い 輸入物におされ
発掘は されていないそうです

秋の定番の ぶどう狩りも いきました
たわわに ぶどう ぶどう ぶどう ・・・ 
c0225143_14313112.jpg

食べ放題だ! と 勇んでも
とても立派なので
ひと房で ギブアップ 

スーパーに並ぶより
ここで ぶらさがって
食べられる方が
幸せそうですね
by ballerina24 | 2016-10-29 22:36 | 旅行 | Comments(0)

酒折ワイナリー

c0225143_17261573.jpg秋の 甲州ワイナリー旅

ぶどう畑が 広がる
甲府盆地の高台に 佇む
酒折ワイナリーで

アルカイックな 情景の
ステンドグラスと 遭遇しました

ヤマトタケルノミコトが
東北遠征の 帰途に
ここ 甲斐の 酒折の宮に 立ち寄り

御火焚の翁と 一夜 歌で 問答した と
古事記や日本書紀に 記されているそう

お酒を たしなみ 歌を詠んだ 勇敢な タケル
勾玉の ネックレスが 似合って 見目麗しい

背景には 富士山も ちゃんと そびえていますね

洒落た 粋な ステンドグラスに 思わぬ学びが ありました
by ballerina24 | 2016-10-24 22:47 | 旅行 | Comments(0)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30