「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:週末( 187 )


並木通り ナイトクルーズ

c0225143_10161423.jpgカルティエ ブシュロン シャネル など一流店が軒をつらねる
銀座並木通り

2日間のみ22時まで開店延長して
シャンパン フィンガーフード やマカロン などをいただきながら
サイトショッピングを愉しむ粋な企画がありました

仕事を終えタイムカードを押したらリングを指にはめ
靴を履き替え 銀座へGO! 能観劇帰りの ゆかこさんと合流

なかなか入れないVIPサロンで 驚きのマジックショーや
ジャズ演奏 フラメンコギターショー など趣向を凝らしていました

各ショップで頂くシャンパンがふんわりとよい心地を誘い
気ままにハイジュエリーや 最新バック、絵 などを見ていた私は
ふと アメシストの揺れるピアスに目が留まりました

銀座のラグジュアリーな闇夜 とお酒の力で思わず
I'll have this one! となってしまいそうです

「 勤続20年の自分のご褒美は? 」 とゆかこさんに聞かれて
特別に何も買っていないことに気付きました

かといって衝動買いをする性分ではないので
気長に 「絶対に欲しい!」 と思えるご褒美との出会いを待つのもいいかな

良い物はじっくりと時間をかけて手に入れるものかも・・・
二人でそんな話をしながら 帰路につきました
シャンパンの泡のようにいつまでも続く想いを待ってみましょう

You shouldn't shop on impulse.
by ballerina24 | 2010-05-29 23:42 | 週末 | Comments(6)

母なる港より愛をこめて

c0225143_20505134.jpg五月晴れの週末
姪たちと 第63回東京みなと祭りにいってきました
昭和16年に国際貿易港として開港した東京港
島国日本は港により安定した生活が
守られ大きく発展してきたことをあらためて感じました

食料自給率41%の日本が海外から輸入する
食糧の99%は船にたよっています
( 航空便はたったの 1%弱 )

私の会社で扱う商品も欧州から船積みされ約40日の
船旅を経て 東京港に荷揚げされます

そんな事情もあり私は船がとても好きで 鉄子ならぬ「船子」です
(去年は横須賀までイージス艦を見に行きました)

この東京みなと祭りのみどころは

 ・消防艇9隻とヘリ3機による水上ショー  まるで海のトップガン

 ・-30℃ の冷凍コンテナ体験   輸入ハムになった気分

 ・しゅんせつ船 南極観測船など珍しい船3隻に乗船体験

私が輸入で関わる船の名前は 
トラヴィアータ  アイーダ  ボエーム など どれもとってもロマンティック
昔から 船と海は女性にたとえられてきました

妙なる恵みを与えて広く大きく母のように優しく守ってくれ
でも荒れ狂うと恐ろしく手がつけられない・・・ ?

そんな空想をしている私の横で 姪たちは夏休みの
自由研究の題材にしようとはしゃいでいました

We Japanese has been blessed with great benefit of sea.
by ballerina24 | 2010-05-19 21:15 | 週末 | Comments(6)

プロフェッショナルとワインのマジック

c0225143_844935.jpg週末、高層ビルから東京メトロポリタンの絶景を眺めながら
ワインの世界旅行を楽しみました

シニアソムリエが選りすぐった白、ロゼ、赤10種類のワイン。
甲州/勝沼を出発して~ドイツ、スペイン~アメリカ、アルゼンチン
~ニュージーランド~南アフリカまでめぐりました。

一定の条件で味を純粋に飲み比べる理由で
用意されていたのは国際基準のテイスティンググラス。
( 厚みのある素っ気のないシンプルなものです )

10年前は、フランス・イタリアといった生産地で選んでいたワインは
今は生産者で選ぶ時代だそうです。
そして、その土地と風土の味がストレートに出るステンレス・タンクで
醸造したワインがお勧めだとか。

もうひとつ印象的だったのは
シニアソムリエのスマートで洗練された立ち居振る舞いです。

ゴールドに輝く左胸のソムリエバッジが誇らしく
その端正なお顔立ちに、品が漂う立ち姿やゆったりした話し方で
ワインの味を優雅に高めてくれました。

そういえばホテルのラウンジのバーテンダー達も
しぐさがセクシーでハンサム、絵になっている・・・
ちょっときざにポーズを決めて、ロマンティックカクテルをスマートに注ぐ。

私が感じたプロフェッショナルに通底するオーラーは

 ・身を持って特別なムードを演出
 ・提供する商品のグレードを何倍にも高め
 ・お客様を最大限に満足させて酔わせる

今日から歩き方、しぐさ、話し方と仕事にもワインマジックを
少しふりかけてみましょう。

The benefits of learning something is immeasureable.
by ballerina24 | 2010-03-10 09:04 | 週末 | Comments(8)

大人の女のご褒美

c0225143_22325533.jpg空高く名残の月が輝き、東の高層ビルの合間からは
燃えるような朝焼けが立ちのぼっていく。

目の前には目覚め始めた皇居の深い森。

その静寂の中、私は一人きりプールでぷかぷか。
いつもハードワークでちょっとお疲れのリコさんは
極上のふかふかベッドでシーツの波の中です。

ここは憧れの ザ・ペニンシュラ Tokyo

プールから部屋に戻りバスローブをはおって
ルームサービスのスペシャルブレックファーストを
いただきながらお互いの積もる近況話に花が咲きました。

親友のリコさんと年に数回ステイするラグジュアリーホテルは
自分への最上のご褒美です。

二胡のアジアンBGMが流れ心からリフレッシュ。
遠くへいかなくても非日常へ逃避行したみたいです。

つぎの逃避行はシャングリ・ラ ( 桃源郷 )がいいね、と話しながら
リコさんと熱い別れをしました。
たっぷり充電した分お互いまたしっかり働かなくてはね。

We were totally satisfied and refreshed ourselves
at luxury hotel.
by ballerina24 | 2010-02-10 22:35 | 週末 | Comments(8)

子供は世界共通の宝

c0225143_87355.jpg週末は妹家族とにぎやかに過ごしました。

かるた大会に初参加した小学生の二人の姪は
百人一首をお正月から始めて全ての決まり字を完全に
覚えたのだから育ち盛りの能力には驚きです。

2人に会うたびに増える新しいキャラクター、進化したプリクラや
ゲームなど選択肢も豊富で最先端の子供グッズには圧倒されます。

でも、やはり皆で一緒に盛り上がるのは 定番の「ぼうずめくり」やトランプの
「大貧民」 「ばば抜き」
私の子供時代も同じカードゲームで家族揃って遊んで笑いました。

姪たちと一緒に遊べるスポットを調べたり喜びそうなお菓子を
探している時は私も童心に・・・
可愛い姪とギリシャに住む小さな甥は多くの喜びと幸せを
もたらしてくれる存在です。

でも世界には貧困のために一度も誕生日を迎えられず
死んでしまう子供が600万人もいるそうです。

一方で、せっかく授かった宝の子供を虐待して死なせてしまう
先進国の歪んだ親達。

根深い家庭事情や政治、社会事情などが複雑に絡み個人レベルでは
無力ですが、こういった事実を知ることや身内も含め
周りの子供達に温かい関心を寄せることをしていきます。

「 子供は世界共通の宝 」  心から共感します。

Children are our common property.
by ballerina24 | 2010-02-03 08:56 | 週末 | Comments(4)

新春の母娘紀行

c0225143_2243120.jpg
あけましておめでとうございます。
皆様の新年が実りある発展の一年になりますように。

毎年恒例の母娘旅行。 京都~天橋立へ行ってきました。
まずは商売繁盛の守護神、伏見稲荷へお参り。
木漏れ日に輝く朱色の千本鳥居はどこまでも続き
人々の深い祈りの気に満ちていました。

そして天橋立へつながる丹後地方は昔から鬼伝説のつたわるところ。
自然なままの姿で田畑の間を流れる川に
野焼きの煙があがる山間の風景は日本昔話の世界でした。

日本海に面したこの辺りは冬の寒さが厳しく旬の海の幸が豊富。
立ち寄った威勢のよい漁港市場では出来立てホカホカの
「ぶりのかま煮」をいただきました。

翌日は、朝から大雪の予報にもかかわらず暗い雪雲の間から
青空がサーっと広がり、見事な松並木の天橋立が目の前に!
自然の造形美は優美で雄大で、日本三景にふさわしいものでした。

でも笠松公園をケーブルカーで降りる時には再び暗い雲がせまり
一転吹雪になりあたりが真っ白に雪化粧。
車窓からシュガーな新雪の景色を楽しみながら帰路につきました。

私たち母娘は新年も最強の晴れ女でスタートです。

I was determined to learn more about Japanese culture
and be on a diet.
What's your new year resolution ?
by ballerina24 | 2010-01-02 21:58 | 週末 | Comments(6)

適ワイン適グラス

c0225143_8125080.jpg
町中にクリスマスイルミネーションが華やいでいます。
そんな夜、大切な人と過ごすひとときにとっておきの
ワインを開け乾杯。
でも、ワイングラスの選択が適切でないために
極上ワインの本当の芳醇さが充分に発揮されて
いないとしたら・・・   あまりにも悔しいですよね。

先週末、友達のY子さんとワイングラスの
テイスティング講座を受け、クリスタル製ワイングラスの驚くべき威力と役割を知りました。

ワインの種類に応じて最適のワイングラスを200種以上も
世に送り出し250年の歴史を持つR社。
そこの講座では4種類のグラスをつかって赤と白ワインの
味と香りがどれほど変化するかが体験できます。

いくつかある驚きのポイントを2つに絞ってみましょう。
 
 1. クリスタルグラスの表面は顕微鏡で見るとギザギザしていて
    その溝にスワリングしたワインが残ることで内側全体に
    豊かな香りがあふれ長く続く。

 2. グラスの形や口の大きさ等により飲んだときに舌に流れ込む
    ワインの細さと速度、角度が微調整され、そのワインにベストな
    酸味、甘味、にがみの配分で味わうことができる。

グラスが適していないと酸味だけが強調されたり味にシャープさが
欠けたり、香りが薄れてしまうのです。 驚きでした。

R社のたっぷりしたシェイプのブルゴーニュ用グラスを
手に入れました。 Y子さんは新発売のシャンパングラスも購入。

このグラスならお手頃なワインも極上の味わいに・・・
クリスタルグラスの底力と魅力に脱帽です。

On Christmas day, right wine, right crystal glass
and right parter by your side.
by ballerina24 | 2009-12-09 08:32 | 週末 | Comments(12)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31