「温故知新」~働く女の和風道~



カテゴリ:週末( 182 )


新春の母娘紀行

c0225143_2243120.jpg
あけましておめでとうございます。
皆様の新年が実りある発展の一年になりますように。

毎年恒例の母娘旅行。 京都~天橋立へ行ってきました。
まずは商売繁盛の守護神、伏見稲荷へお参り。
木漏れ日に輝く朱色の千本鳥居はどこまでも続き
人々の深い祈りの気に満ちていました。

そして天橋立へつながる丹後地方は昔から鬼伝説のつたわるところ。
自然なままの姿で田畑の間を流れる川に
野焼きの煙があがる山間の風景は日本昔話の世界でした。

日本海に面したこの辺りは冬の寒さが厳しく旬の海の幸が豊富。
立ち寄った威勢のよい漁港市場では出来立てホカホカの
「ぶりのかま煮」をいただきました。

翌日は、朝から大雪の予報にもかかわらず暗い雪雲の間から
青空がサーっと広がり、見事な松並木の天橋立が目の前に!
自然の造形美は優美で雄大で、日本三景にふさわしいものでした。

でも笠松公園をケーブルカーで降りる時には再び暗い雲がせまり
一転吹雪になりあたりが真っ白に雪化粧。
車窓からシュガーな新雪の景色を楽しみながら帰路につきました。

私たち母娘は新年も最強の晴れ女でスタートです。

I was determined to learn more about Japanese culture
and be on a diet.
What's your new year resolution ?
by ballerina24 | 2010-01-02 21:58 | 週末 | Comments(6)

適ワイン適グラス

c0225143_8125080.jpg
町中にクリスマスイルミネーションが華やいでいます。
そんな夜、大切な人と過ごすひとときにとっておきの
ワインを開け乾杯。
でも、ワイングラスの選択が適切でないために
極上ワインの本当の芳醇さが充分に発揮されて
いないとしたら・・・   あまりにも悔しいですよね。

先週末、友達のY子さんとワイングラスの
テイスティング講座を受け、クリスタル製ワイングラスの驚くべき威力と役割を知りました。

ワインの種類に応じて最適のワイングラスを200種以上も
世に送り出し250年の歴史を持つR社。
そこの講座では4種類のグラスをつかって赤と白ワインの
味と香りがどれほど変化するかが体験できます。

いくつかある驚きのポイントを2つに絞ってみましょう。
 
 1. クリスタルグラスの表面は顕微鏡で見るとギザギザしていて
    その溝にスワリングしたワインが残ることで内側全体に
    豊かな香りがあふれ長く続く。

 2. グラスの形や口の大きさ等により飲んだときに舌に流れ込む
    ワインの細さと速度、角度が微調整され、そのワインにベストな
    酸味、甘味、にがみの配分で味わうことができる。

グラスが適していないと酸味だけが強調されたり味にシャープさが
欠けたり、香りが薄れてしまうのです。 驚きでした。

R社のたっぷりしたシェイプのブルゴーニュ用グラスを
手に入れました。 Y子さんは新発売のシャンパングラスも購入。

このグラスならお手頃なワインも極上の味わいに・・・
クリスタルグラスの底力と魅力に脱帽です。

On Christmas day, right wine, right crystal glass
and right parter by your side.
by ballerina24 | 2009-12-09 08:32 | 週末 | Comments(12)


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30