「温故知新」~働く女の和風道~



アルハムブラへの道 Ⅱ

c0225143_17004366.jpg

憧れの舞台は 予想以上に
いばらの 道

覚えることが 多くて
夢にまで 唄の メロディー♪
が リフレインしています

でも ほんの 短い
がむしゃらな この月日を
味わい 苦しんで 楽しみたい

何より 一緒に 出る 8名が
素晴らしいアミーゴス
なのです

私と同じく タブラオ・ソロデヴューの
さとこさんとは 特に 励ましあい 相談したり
ほんとうに 心強い

キレがあって ムイ グアッパ (すごくキレイ) な さとこさんは
とても デヴューと 思えない貫禄に 溢れていて
おおいに 刺激を くれます

私も デビューなのだけど そんな 甘ちゃんアイレ(雰囲気)が
でないように 堂々と しっかりしなくては・・・
「 初めてだから 」は 通用しない

ノーブルな 紫の 衣裳に合わせて 購入した ピアスを 眺め
自分を 鼓舞しています 

by ballerina24 | 2017-11-13 22:04 | フラメンコ | Comments(0)
<< ご両親の 思い 晩秋のワイナリー巡り >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31