「温故知新」~働く女の和風道~



美しい 刺繍

c0225143_17543270.jpg

桜咲くころ
大好きな 叔母と
悲しい別れが
ありました

でも 優しい
笑顔で 元気に
いるような気が
してしまいます

先月の納骨式に
母が参列しました

お墓は 市街から だいぶ 遠く
山深い 自然に 囲まれた 場所だったそうで
山好きだった 叔母は 喜んでいるはず

私も ( お墓は 不要だけど ) 同じように
信州の 山へ 風の吹くまま まいてほしい と 思ってるので
とても 共感します

これは そのとき 母が ゆずってもらった 叔母の 作品
繊細で 丁寧で 可愛らしくて 温かくて 叔母らしい!!

病室に 飾り 最後まで 眺めていたそうです
力作で とても 思い入れがあったんだね

母が なじみの アトリエで きれいに
額装していただきました 

帰省したら じっくり 眺めて 叔母と 対話したい 

by ballerina24 | 2017-07-01 18:15 | 美学 | Comments(0)
<< 環境も 味方 恩師へ 葉書を >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30