「温故知新」~働く女の和風道~



模索中の 表情

c0225143_18185846.jpg
いまだに 模索中なのが
舞台上での 表情を どうするか

フラメンコの踊りは
7分ほどで 結構 長いです

左右に 動き回る時には
気になりませんが
前を向くポーズが 続くとき
「 顔 どうしよう 」と
雑念に かられます

真面目顔だと コワいし

目が キョロキョロ パチパチ
するのは カッコ悪いから
惑わず 一点を 見て…

ずーっと 笑顔でいると
緊張で カラカラの歯に
くちびるが 貼りついて 大変なことになるし!!

ご覧になっている お客様は おおかた無表情なので
それに 笑いかけ続けるのは 強い気持ちが 必要

場面に応じて まじめ顔 ⇔ 笑顔 をリピートして 変化を つけたり
いまでも 試行錯誤

ステージから 生き生きした表情を 伝えるのは
踊りと 同じほど とても 難しい

by ballerina24 | 2017-04-08 15:44 | 美学 | Comments(0)
<< 仲間と パエジャ 人生の お手本は 近くに >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31