「温故知新」~働く女の和風道~



ラグジュアリーな 御 傘

c0225143_176325.jpg秋雨の 季節となりました
雨降りの 朝は とても緊張します

なぜなら ラグジュアリーな
傘の 出番だから

自分なら 手の出ない
皇室御用達の 特別な
御傘 ( おもわず 「御」 をつけたくなる)

美しく エレガントな ローズピンクで
誕生日に 頂いた 大切な 一本です

絶対 どこにも 置き忘れまい と
自分に 強く言い聞かせ
柄を つかむ手に 力を こめます

なのに 今日 あちこち 買い物に 行き
帰社してから 手に 持っていないことに
気付いて まっさお・・・

「 私の ばかばかばか~っ! 」 と 自分を叱りながら
わが子を 探す 母親のように
懸命の 形相で 来た道を 辿る 

がっかりと 相当に暗い気持ちで 戻ったら 会社の 入口に 置いてあった
拍子抜け へなへな・・・

これからも この御傘には ハラハラ させられそうです
by ballerina24 | 2016-09-12 23:21 | 美学 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2016-09-14 08:36 x
会社にあって良かったですね!

でも、傘ってホント
ハラハラさせられます。
Commented by ballerina24 at 2016-09-14 10:35
もりりんさんへ

(^^;ほんとに・・・
何の気なしにポンと置いてしまうと
いつもこんな感じです
気を付けよう!と強く念じているのに
いい対策はあるのかしらネ
<< 敬老の日 仲間の ソロ・デヴュー >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30