「温故知新」~働く女の和風道~



シュトーレンの 呪縛

c0225143_16241772.jpg今年こそ! と期待して
買ってしまった シュトーレン

こんどこそ 美味しいはず
と なかば 祈るような 気持ちで・・・

ヨーロッパ風の 洒落た
クリスマスを 気取って
毎年 買ってみるけど

この 味と 食感には
どうも なじめません 

この 味が わからないと
カッコ悪いような 呪縛に 囚われて
伊勢丹や 有名な お店の
シュトーレンを 買うのだけど


やっぱり そんなに 美味しくないんです!!

今年は 最後の 望みをかけて
有名パティシエの
お高めの シュトーレンを チョイス

分厚い 糖衣を まとって かなり スパイシーで ハード

残念かな  こちらも やっぱり 口に 合わなくて
ついに シュトーレンの 呪縛を  解くことにしました 

来年の クリスマスに向けて 気持ちが 軽くなる

・・・ それでも まだ 気になる
みなさん 美味しくて 食べてるのかな ? ほんとに ?
by ballerina24 | 2015-12-26 23:34 | イベント | Comments(2)
Commented by もりりん at 2015-12-30 10:52 x
シュトーレンってなあに?……ということで調べてみたら、クリスマスに食すドイツのお菓子なのですね。

ドイツという所から、固めなお菓子かな?コーティングのお砂糖は、めっちゃ甘いかな?と、イメージしました。パン?の部分はもしかしたら酸味もあるのかな?そんな味のイメージです。

こちらはクリスマスは仕事で、気がついたら過ぎていた。飛び越えてお正月モードのモンボリアン夫婦です。(12/29は父の祥月命日ですしね)
Commented by バレリーナ at 2016-01-02 19:26 x
もりりんさんへ

そう! イメージ通りの味ですヨ 白いおくるみの赤ちゃんのイエス様をイメージしているそうです それを切って食べてもいいのかしら・・・と思うけどネ  やっぱり日本のスイーツが一番おいしいわよネ 
お仕事続きのクリスマス、本当にお疲れさま!
同窓会はみんなで盛り上がりましょうね♪ 
<< 雪の 世界遺産 黄金の パエジャ >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31