「温故知新」~働く女の和風道~



フラメンコ 耳

c0225143_152717.jpg老舗の タブラオで
親友の ちなみさんと
フラメンコステージを 堪能

華やかさと 憂いと
フィエスタのような 舞台で
また 私の フラメンコ熱が 上昇

さまざまある 曲は
発祥 背景 リズム 衣裳 に
特徴が あって 奥深い

今回 ハッと 気付いたのは
ギターが 曲を 弾きはじめると

ティエントス だわ・・・
あ グァヒーラ ・・・
次は アイ タララ だ 

と 耳で わかるようになっていたこと

恥ずかしいお話だけど
最近まで どれも なんだか
よく わかっていなくて

でも 舞台を 見たり 踊るうちに
沁みこむように 味わいが わかってきたみたい

この秋で フラメンコ歴 三年 
遅咲きでも 好きで やっていると 耳が そうなってくるのね 

小さな でも 大きな 前進・・・ ムイ ビエン♪
by ballerina24 | 2015-12-05 18:03 | フラメンコ | Comments(2)
Commented by もりりん at 2015-12-08 15:55 x
いろんな世界が奥深く感じる知性が育っている=耳が育っている

と、私は捉えているので、バレリーナさんの知性は、フラメンコにかぎらず深まっているのだと思います♪素晴らしいです。
Commented by ballerina24 at 2015-12-09 18:39
もりりんさんへ

ピアニストならではの深いコメント!
一朝一夕ではなく日々しみ込むように・・・
どの分野でも小さな積み重ねなのですね
<< 日 展 天浜線 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30