「温故知新」~働く女の和風道~



いわさき ちひろ美術館

c0225143_11535888.jpgずっと来たかった いわさきちひろ美術館

母と 訪れることが
できました

住宅街に 優しく溶け込む
小さな 美術館

「 戦後70年 平和と 愛 」がテーマ

ちひろが ベトナム戦争下の 子供たちを 多く
描いていたことを 初めて知りました

戦時下でも 無垢な瞳の 小さな兄弟たちが
助け合って 生きる 姿 
靴など なく はだし の まま 

けなげで 可愛いだけに 心が 締め付けられます 

目の見えない お母さんが 涙をいっぱいためて
冷たくなった わが子を 抱く 絵

今 思い出しても 胸が 痛くなります

ちひろが 描き 一番 伝えたかったのは 平和と 愛
大人になって わかりました

その 思いを 私たちが 次世代に 伝えていかなくては いけません
by ballerina24 | 2015-09-26 23:57 | 週末 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2015-09-28 23:40 x
本当に伝えたいものがある人の作品は、直接的なメッセージがなくても心にのこりますね♪力がある。
Commented by ballerina24 at 2015-09-29 13:05
もりりんさんへ

誰もが子供の頃なじんだちひろの世界
大人になってその新たな良さが心に沁みましたよ・・・
もりりんさんにもぜひおすすめです
<< 近所の 電気屋さん ソプラノ・リサイタル >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30