「温故知新」~働く女の和風道~



30年前の 手紙

c0225143_18145978.jpg30年ぶりの 恩師は
教頭先生に なられ
お若くて 穏やかな
話し方は 変わらず

15名の 元生徒が 集まり
自己紹介から 始まって

17歳の頃と 変わらない
笑いの 絶えない 時間でした

驚くほど 先生は 当時の
出来事を よく 覚えていらっしゃる

担任だったときは 36歳という 若さ! 一同 驚き 

何より 感激だったのは
先生が 「もう 覚えていないだろうけど・・・」 と  取り出した 封筒には 
30年前 卒業間際に 私が 先生に 送った 手紙 !

大学合格の 報告と キャンパスの 様子 そして 謝意 を 綴っている

拙い 私の手紙を 先生が ずっと 大切に とっていたことに
驚きと 嬉しさと 感激 
やっぱり 恩師は ずっと 恩師で いらしたのです
by ballerina24 | 2015-08-10 18:46 | イベント | Comments(2)
Commented by もりりん at 2015-08-12 19:24 x
師の愛をものすごく感じるエピソードです。
先生、すごいな。

そして、その先生へ有難うを素直に送ったバレリーナさんも素敵♪
Commented by ballerina24 at 2015-08-17 09:00
もりりんさんへ

私なら30年前の手紙は行方不明になってしまうはず
本当に感激でした
書いた私自身も忘れていたし・・・
これからは年賀状を必ず出しますよ ^^
<< 来いっちゃ 佐渡島 恩師を 囲む 会 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31