「温故知新」~働く女の和風道~



古代女性の 高い美意識

c0225143_11464517.jpg久々に満点の青空の週末

東京都美術館の
古代エジプト展へ
(美術館前に 鎮座する
この 輝くオブジェ 
ポカ~ンと口を開けて 面白い)

発掘により眠りから醒めた
紀元前の 素晴らしい 王家の
品々を 堪能しました

ファラオとして 君臨した
女王ハトシェプストの 治世では
国が 金取り引きで うるおい
争いが なかったそうです

電力もない古代に 精巧で
手の込んだ 見事な 彫り物や  
装飾品に 目を奪われる

女王は 女神として 崇められたため
身だしなみや 美容にも 余念がなく 一日に三度も 身繕いしたそうで
黄金の 毛抜きや 手鏡 化粧瓶 には 溜息が・・・ 

たしかに 女王像の顔立ちは 端麗で 女優のような 美しさ
古代の女性の 高い美意識に おおいに刺激を 受けました

私も ちゃんとネイルを 手入れして 秋色の マニキュアしましょ
by ballerina24 | 2014-09-15 12:19 | 週末 | Comments(0)
<< 深 大 寺 天からの 授かりもの >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30