「温故知新」~働く女の和風道~



地元の 祭り

c0225143_139023.jpg地元で 3.4.5日と 開催される
伝統の お祭り

そこで 引かれる 御殿屋台です

100基近く 夜の街に
繰り出す光景は 壮麗です

普段 閑散と しているのに
お祭りの 3日間だけは
人口が かなり 膨らみ

こんなに 活気が あったかしら?
という 盛り上がり

母と 久しぶりに なじみの
お店で お昼を 食べたとき

お隣の 若い男性が
お祭り談義に 夢中で
横で 聞いているだけで
その情熱が 伝わってきます

一日中 お祭りのことを 話しているかも

しばらく参加せず 観客になっていますが
また 法被を 着て 祭り人に なりたい

地元に 熱いお祭りがあることは 自慢で 誇りです 
by ballerina24 | 2014-05-10 13:21 | イベント | Comments(2)
Commented by もりりん at 2014-05-10 23:11 x
祭りのある地域は、やはり人が集まる場所になると。最近やっと実感しています。私は一度も法被を着たことはありませんが、お祭りを暖かくみまもりたいと思います♪
Commented by ballerina24 at 2014-05-12 11:09
もりりんさんへ

同感です お祭りは老若男女 ひきつけますね 
にわかイベントではなくて 伝統のある お祭りですし
深みが 違いますよね

ただ 規制が増えてしまったようで おとなしくなってしまい
20年ほど前の あのすごい盛り上がりが懐かしいです
<< 母の日 名古屋の 親友 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31