「温故知新」~働く女の和風道~



曽根崎心中

c0225143_12474992.jpg命を賭けて 貫く 愛

300年も 昔 元禄16年
来世で 結ばれることを願い
死を 選んだ 若い 男女

あまりに 切ない 本当に起きた
心中事件は 有名です

阿木耀子さんプロデュースの
「 フラメンコ 曽根崎 心中 」
観に行ってきました

フラメンコの 激しく 打ち鳴らす足が
ドラマティックに 感情を 表現して

着物風の 衣装も フラメンコの舞に
自然に 溶け込んでいて

哀愁のフラメンコギターの音色が
土佐琵琶  篠笛  和太鼓 など
さまざまな 和楽器と 調和して
稀有な 哀しき美しさを 徹底追及した 舞台に ジィーン・・・

幕後は 食事をしながら 友達の美保さんと 感想話が 尽きませんでした

驚きなのは 千秋楽のこの日 4月6日 なんと お初と徳兵衛が 心中をした日だそうで
カーテンコールで 現れた 阿木耀子さんは 感無量の 表情

草葉の陰から 結ばれた お初と徳兵衛が 一緒に 観ているように 感じました
by ballerina24 | 2014-04-07 12:59 | フラメンコ | Comments(2)
Commented by もりりん at 2014-04-08 23:01 x
フラメンコで日本の物語を表現なんですね。
意外と合っているかもですね。
フラメンコのネネルギッシュな感じと和って
通ずるものがある気がするの。

どう思いますか?
Commented by ballerina24 at 2014-04-09 11:00
もりりんさんへ

阿木さん作の歌詞は 時代劇風で 物語の進行も
とてもわかりやすく 激しい感情表現が 打ち鳴らす足に
溶け合っていましたよ

徳兵衛を歌った 歌手 三浦祐太朗の 声が
悲哀に満ちて 素晴らしく 驚きました
阿木さんが 徳兵衛は 彼しかない! と見込んだそうで 
なるほど 心に響く 歌声でした

情熱の表現に ボーダーラインはないですネ
<< 大切な カメオ 幻の ケータイストラップ >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31