「温故知新」~働く女の和風道~



春の 和装  赤坂へ

c0225143_11464258.jpg心躍る 弥生の始まり

春らしい 桃色の 小紋に
春霞のような 帯を
あわせて
帯揚げは 色調を合わせると
ちょっとつまらないので
やさしいたまご色を・・・

ゆかこさんは 絞りのお着物で
赤坂の 老舗料亭にて
春の懐石を いただきました

すばらしいお料理の数々に
魯山人の器も 供され
かなり贅沢な ランチ うふふ♪

お友達と 一緒に和装で おでかけできると
もっと特別で なでしこなランチと なり
つい お昼から冷酒もいただきました

お料理の内容は 次回 紹介しましょう
by ballerina24 | 2014-03-03 23:16 | 着物 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2014-03-06 00:36 x
以前、京都の嵐山にて懐石をいただきましたが
魯山人の器でいただいてみたかったからだったのに
その時は、ソレが登場しませんでした。

器の展示会で魯山人を見て以来
「この器で焼き魚をいただきたい……」と、
夢、膨らむばかり。

バレリーナさんが羨ましいです。

ももいろのお着物も華やかで。
こんなきれいな着物ってあるんだなって思いました♪
Commented by ballerina24 at 2014-03-06 11:39
もりりんさんへ

魯山人の器
実際に供されることは 少ないでしょうね
小ぶりの 魚の形をした器で お造りが 盛られました
ひっくりかえして ウラを見るのは 無粋なので やめました ^^

嵐山で 懐石・・・とくれば 吉兆 ですか??

懐石料理は 日本人の幸せ 
和装で いただくと いっそう格別でした ^^
<< 魯山人の 器 日傘の 季節 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31