「温故知新」~働く女の和風道~



プラスの 日記で 健康

c0225143_1821946.jpg1日あったことを きままに
ノートに 書き綴っています

日々 受ける刺激や 気付きも
上書きが 繰り返され
書き留めていないと
忘れてしまうから

とはいっても その日記を
読み返すことは ないので
自分を達観して 心の整理をする
儀式なのかも

ナン・スタディを ご存知ですか?
 
閉鎖的な 集団生活を 続ける 修道院の尼僧の
日記を 長年 追跡調査した 研究で
プラスの内容が多い日記を 書いた 尼僧は
病気に かかる割合が 低くて 長生きをしている
結果が 得られているそうです

体の状態に 影響を与える 心の持ち方
確かに 感じたことを 文字にして 書いて 目で見ると
より 深く 心に 入ってくるのを 感じる

美味しかった  ありがとう  嬉しかった  また会いたい
そんな 素敵な言葉を たくさん 素直に書けるような 一年に します

最近で 一番嬉しいのは かわいいレイフィ君に会えたこと ^^
by ballerina24 | 2014-01-13 18:25 | 美学 | Comments(0)
<< アイドッグ コーヒーの 効能 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30