「温故知新」~働く女の和風道~



日光浴

c0225143_114147.jpgこの夏 炙るように痛く
降り注ぐ にっくき紫外線

でも ビタミンDを 皮膚の中に
作ってくれる プラスの
効果が あるそう

ある記事に よれば
必要なビタミンDを つくるため
12月なら 22分ほどの
日光浴が 推奨されるとか

ずっと忌避してきた 日光ですが
少しは 浴びようと この夏
毎日 スカートを はいています

足ならば 多少はいいかな と 
日焼け対策を 何もせずに 歩いているので
きっと ビタミンDが 足で 合成されているはず ♪

無防備にもかかわらず 足は ほとんど 日焼けしないので 不思議
顔や首などは 徹底防備で 大変なのに ... ちょっと 拍子抜け 

ビタミンDが不足すると 骨の変形 頭蓋骨がへこむ( 驚!) 
骨粗しょう症 などが 起きるようなので
これからは お日様と 少しだけ 仲良くしようと 思います

でも 足以外は 引き続き 徹底して 防御です
by ballerina24 | 2013-09-04 23:08 | 美学 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2013-09-05 19:12 x
今年は私もかなり日を避けてましたよ。
ちょっとでも日に当たると、赤くなるを通り越して
なにか湿疹みたいになってかゆいのです。

これって日光のアレルギーかな?と思ったり。
この症状、思い当たることありますか?
今年からの独特な感じです。
Commented by ballerina24 at 2013-09-06 11:29
もりりんさんへ

それはきっと紫外線アレルギーですよ
もりりんさんも肌質がデリケートなので
大切に 油断しないで 気をつけてくださいね

私はアレルギー症状は出ないけれど
皮膚科の先生に 絶対焼いたらダメ と言われています

お肌の新陳代謝を助ける ビタミンB2を しっかり摂って
中から改善していきましょう !
<< 女性は 永遠の 乙女 終 活 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31