「温故知新」~働く女の和風道~



ミュシャ 「 暁 と 黄昏 」

c0225143_18151430.jpg六本木で開催中の
ミュシャ展に
いってきました

入場券を買うのに
40分待ち という
大盛況ぶり

私は 直前に
コンビニの
発券機で
買っておいたので
楽々と 大行列を ごぼう抜きにして
スムーズに 52階の 展示会場へ
( 近所のコンビニで すぐ購入できること 若い人でも 知らないのかしら?? )

中も 大変な 混雑ぶりでしたが
優美でクラシカルな ミュシャの美を 存分に 楽しめました

ミュシャは とても 思い出深い 画家
23年前 一人で上京してから 初めて行った 展覧会が ミュシャ
知り合いも 少なく心細い時期で 入社したばかりの
会社の 先輩を お誘いして 一緒に行ったのです

描かれた 美しい女性や 衣装 流れる髪 色彩 花々が
私を 優しく 励ましてくれました

そのときに 一番 心に響いた この絵 「 暁 と 黄昏 」
絵葉書を一枚 購入し 以来ずっと 今も 会社のデスクマットに 飾っているのです

今回 この絵は出展がなく 再会できませんでしたが
23才の私に ふっと 出会えたような 気持ちです
by ballerina24 | 2013-05-15 11:54 | 週末 | Comments(0)
<< 苦手な 証明写真 とっておきの 衣装 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30