「温故知新」~働く女の和風道~



父と母の クリスマスプレゼント

c0225143_16233123.jpg実家に家族が
大集合して
執り行った亡き父の三十年祭

クリスマス・イブイブ 
父と母から 私への
クリスマスプレゼントは
妹と弟の 存在 ・・・

十代の子供だった 私達は
それぞれ家族が 増え
賑やかになり 父も
喜んでいるでしょう

式のあとの 会食では
父の思い出話が 次々と出て
涙あり 笑いあり
まるで 昨日まで 父がいたような 不思議な 気持ち

妹 弟の 父との思い出は
私とそれぞれ違って 知らない父とも 出会えました

父と過ごした年月は 16年でしたが
一生かけて 注いでくれる以上の 深い愛を 私にくれました
語り継ぐ人がいる限り 亡き人は そばに います
by ballerina24 | 2012-12-29 18:38 | 週末 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2012-12-31 17:34 x
両親からの絆は、命が続いてゆく限り、尽きることはありませんね。親がそばにいることに感謝して来年も歩みたいと思います。

良い年の瀬をお迎えくださいね。
Commented by ballerina24 at 2013-01-04 14:16
もりりんさんへ

親の愛は 肉体がなくなってもずっと続く・・・
父をなくして 気づいたことです

もりりんさんも家族と暖かい年末年始を
お過ごしでしょうね
これからも 絆を深めていきましょうね
<< 年末 のんびり下田 ナンニモナイを 贈る >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31