「温故知新」~働く女の和風道~



初 任 給

c0225143_22523747.jpg今週の25日は
新社会人の初任給日でした

私自身の その日をよく覚えています

税金などが 引かれて 予想よりずっと
少なくて がっかり

朝から夜まで ほぼ毎日 拘束されて コレ? 
学生時代の バイトのほうが ずっといい と
若さゆえ 安直に 思ったものでした

でも 家の光熱料金が 割引になり
一日 500円の ランチ代が 会社から支給され
誕生月には 該当社員に 1ホールのケーキか
図書券が 贈られました

振り返ると ありがたい 待遇の会社
( 今でも 継続しているか どうかは ? )

母の アドバイスもあり お世話になった人へ
革の 小銭入れを 贈りました
祖母は 今でも大切に 使ってくれています 

多くの人にとって 初任給は 大切な思い出です 
TEAM means Together Everyone Achieves More !
by ballerina24 | 2012-04-28 22:59 | 美学 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2012-04-29 10:25 x
始めての、私はお月謝をいただいたのですが、やっぱりとっても嬉しかったです。両親に何かを送ったような……。たぶん、食べ物かな(笑)自営だったので、スタートの金額は少なかったけれど、働いた実感ありました。
Commented by ballerina24 at 2012-04-29 18:14
もりりんさんへ

金額は忘れてしまっても 社会人としてはじめて
もらったときの印象は忘れられません

自営だと 毎月これだけ稼いだ! という実感が
強いのでしょうね
サラリーウーマンしているとつい忘れがちなところです
<< ペディキュア スカイツリーの 恩恵 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31