「温故知新」~働く女の和風道~



誕生日プレゼント

c0225143_23213481.jpg先日 迎えた誕生日に
お祝いの言葉の花束を いただき
嬉しく 感謝でいっぱい

プレゼントは 何が欲しい?と
言われて 思うのは
「 おめでとう と言ってくれる
その気持ちだけで 嬉しい 」

でも 決まって 相手は
「 まぁわかるけど そう言わないで
欲しいものは?」 と 困り顔

そういう私も 母や友達の 誕生日には
何が欲しい?と 同じ質問をして
同じような答えが 返ってきて
苦笑いで 困ってしまう

心からの気持ちを 形にしたくて 大切な人へ
何かしたいし 何かを贈りたい

でも 本人は 物質を超越した その思いだけで 充分に嬉しい
「 その気持ちだけで ほんとうに嬉しい 」と・・・

思う側と 思われる側の すれ違いは ブラックチョコレートのように いつも ほろ苦い
by ballerina24 | 2012-03-05 23:27 | 美学 | Comments(4)
Commented by もりりん at 2012-03-06 07:01 x
我が家も同じです。
甥っ子、姪っ子は、物質を所望しますが(笑)
Commented by ballerina24 at 2012-03-06 12:39
もりりんさんへ

私も 子供の頃は 無垢なマテリアルガールでした

でも 歳を重ねて 大人になると 覚えていてくれたこと お祝いの一言
それだけで 心から 幸せ ^^ 
いい歳を 重ねているっ てことかしら? 
Commented by 和子 at 2012-03-06 22:24 x
お互いを思いやるばかりに起きる悪意なきすれ違い。 でも思ってくれることがどれ程の幸せか、震災後一層強く感じます。
Commented by ballerina24 at 2012-03-07 12:07
和子さん

本当の心の思いを すべて相手に伝えるのは
日本人同士でも難しい
こんなすれ違いがあるから人間関係はいつも
ドラマティックなのですね
<< 吊り釜 ~ 春 到来 誕生の 喜び >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31