「温故知新」~働く女の和風道~



溜 精 棚

c0225143_2142767.jpg梅雨の晴れ間に 恵まれ
今年初の単衣をまとい
七事式の 花月教室に出かけました

茶道といえば ゆったりと時間が流れ
心安らぐ印象を お持ちでしょう

実は 茶の湯は 禅の精神修業を
軸にしていて 厳しいものなのです

花月は 五人で催し 札を引いて
茶を点てる人 飲む人を 決め
絶えず 座が転変し 常に緊張を
保たないと いけません

「 二上がり 三下がり 」 という 足運びの
ルールも 厳守です


わかりやすく表現するなら 花月は 神経衰弱 人間 チェス ・・・ かしら
成立したのは 徳川中期 ( 寛保年間 ) だから当時の茶人と
同じ精神修行をしている 時空を超えた不思議さ

使われた棚は 透かし窓のある 美しい 溜精棚 ( りゅうせいだな )
合わせるお道具も 夏を意識しています

精神修行を 終えたときに訪れる 心地よい爽快感

お茶は 安穏とした単なる趣味 と思っている方
ぜひ 意外な奥深い 緊迫の世界を 体験してみてください
Open the door and train yourself in Jp. tea room.
by ballerina24 | 2011-06-13 22:12 | 茶道 | Comments(6)
Commented by もりりん at 2011-06-15 16:56 x
お茶は学んでおりませんが、
学んでいる方々からは、
「ある種の修行をされているな」という感じを受けています。

型をしっかり体へ入れて、そこから広がる哲学がある感じです。
日本文化、やっぱりすごい。
Commented by ちゃま at 2011-06-15 22:14 x
茶道のお稽古には 若い頃通いましたが
花月教室は 初めて聞く言葉です

人間チェスとは何とも不思議なお稽古・・・

日本の文化は奥が深いです
Commented by mimi at 2011-06-15 23:36 x
茶道はなんと奥深い! 棚も味があり風情があります。
Commented by ballerina24 at 2011-06-15 23:41
もりりんさんへ

禅の教えが基礎になっているので
茶室に入るとちょっと哲学な心持ちになったりします

茶道の魅力は おいしいお抹茶と主菓子だけでは
ないのです ^^
ぜひ もりりんさんもお茶室にいらしてください
I'm just blessed to have it.
Commented by ballerina24 at 2011-06-15 23:46
ちゃまさんへ

この花月にもさまざまな種類があり
 無言花月 濃茶付き花月 投げ込み花月 など・・・
緊張とスリル満点の修行です
足運びも難しくて 頭に汗をかきますよ

ちゃまさんにも体験してみていただきたい ^^
Why don't you join us ?
Commented by ballerina24 at 2011-06-16 12:25
mimiさんへ

さまざまな棚があり扱いも違ってくるので
新鮮な驚きの連続ですよ
You'll see a new aspect of tea culture.
<< 夏を むねとすべし 頂いた 和服 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31