「温故知新」~働く女の和風道~



青 嵐 

c0225143_2355582.jpg季節の言葉  青 嵐 せいらん
初夏の青葉を揺すって 吹き渡る強い風の一日でした

青々しさを一番感じる季語が 真っ盛り 
 青葉風 あおばかぜ 
 青 楓 あおかえで 
 青 陽 せいよう

でも あいにくのお天気続きで 存分に
今だけの青さを堪能できていません

それに 五月は着物に袖を通す 機会を持てず
袷の着物を 着納めできませんでした

六月になると 短くもぜいたくな 単衣の季節
七月には 潔く薄物に変わるので
一度は 単衣を着ておかないと
九月まで 箪笥で 寝かせてしまうことになります


どの月にも それぞれの季節の趣と 香り
和装を好きになると より強く全身で感じるのです
Early Summer is the best season for kimono.
by ballerina24 | 2011-05-30 23:55 | 着物 | Comments(2)
Commented by もりりん at 2011-05-31 07:24 x
少し手間をかけて着物を身につける習慣が、
その時々の思い出を、より印象深くしているのだなと
バレリーナさんの文面から感じます。

この5月の思い出は、試験、かしら?
Commented by ballerina24 at 2011-05-31 10:32
もりりんさんへ
 
和装の柄や生地は季節と深く関わっているので
自然と四季を感じます
ピアノにも季節を感じる瞬間はありますか?

そうですね 今年の五月の思い出は
試験勉強 と 姫空木です ^^
Feel a breeze of four seasons.
<< 美 の オリーブオイル 安らぎと 窮屈な 文化 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31