「温故知新」~働く女の和風道~



かぐわしき名宝 

c0225143_21361066.jpg八重桜が悠然と 咲き誇る上野 
静かに佇む 東京藝術大学美術館にて
「 かぐわしき名宝 香り展 」 へ
ゆかこさんと 出かけました

日本人が 香木を焚くことを知ったのは 六世紀
以降 独自の香りの文化が萌芽し
美しい香炉や 精緻なお道具が作られました

印象的だった展示品は 江戸時代の枕香炉
日本髪に香りを移すために 中で香を焚いた 枕です
いかにも 寝心地が 痛そうな固い枕でも
美意識を貫いた 江戸の女性達
お洒落のためには 我慢もいとわないのは 今昔不変ですね

上村松園の 匂うような美人画も 堪能できました

名宝をゆっくり鑑賞した後は 二人で上野の定番 精養軒へ

和装のときは 色の濃いメニューや パスタはご法度ですが
あの かぐわしきハヤシライスの香りを 嗅いでしまうと・・・

香りの誘惑には勝てず 定番のハヤシライスをオーダーし
決して着物に飛ばさないよう 細心の注意をはらいながら 完食
お洒落よりも 食欲を優先してしまいました
Appetite always comes first.
by ballerina24 | 2011-04-20 21:39 | 週末 | Comments(2)
Commented by nonnon at 2011-04-20 22:02 x
和服でハヤシライス・・・

文明開化の香りがいたします!?
Commented by ballerina24 at 2011-04-21 10:57
nonnonさんへ

そのようなポスターがありそうですね

和装でいただく食事は味わいが格別になります
本当に・・・ 
I couldn'r resist the temptation of HAYASHI rice....
<< 近 況 報 告 かぐわしいひととき 香道 >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31