「温故知新」~働く女の和風道~



憧れの いきつけのお店

c0225143_2338342.jpg近所に洒落たワインバーやこじんまりした
味のあるバーがあります
いつも通り過ぎるだけで でもちょっと気になる存在

私の友達や 同僚は 地元になじみのお店があって
一人でもぷらっと出かけ 常連さんやマスターと
気軽に飲むそうです
女一人で飲むなんて なんとなく抵抗と気後れを
感じつつ 本音は積年の憧れ

ところで 友達との夜の食事会も お稽古も
余震などの不安のため 控えています
同様に 多くの人が退勤後の外食をやめ 家に直帰し
外食産業も 大変な打撃を 受けています


でも ダメージを受けた日本を 元気に活性化するためにも
今こそ 帰りの心配がない 近所のお店に注目するとき!

私の理想の 「 いきつけのお店 」 条件は
  歩いていけること
  お手ごろ価格のワインと 気の利いたおつまみ
  ジャズが流れ つかずはなれずの 品のいいマスター ・・・?

思い切って 気になるあのお店のドアを 開けてみましょうか
You will miss the chance unless you open the door of your mind.
by ballerina24 | 2011-03-23 23:51 | 美学 | Comments(4)
Commented by みみ at 2011-03-26 22:19 x
私もカウンターで一人で飲むのに憧れます。かなり勇気いりますけどね。そして地元でお金を使ってみんなで元気になること大切です。
Commented by もりりん at 2011-03-27 18:22 x
こんな時こそ、遊びは大事なのかも。
小さな幸せを重ねて、日常感を取り戻しましょう。
そして、継続して東北へ心を送ることが大事かな、と。
Commented by ballerina24 at 2011-03-28 11:35
みみさんへ

まだドアを開けていないのですが
地元を活性化して 元気を発信しなくては・・・
それにしても女一人で入るのは ちょっと勇気がいりますね

Why don't you go to your local shop. 
Commented by ballerina24 at 2011-03-28 11:39
もりりんさんへ

サポートする側が 健康で元気でハッピーであることを
忘れないようにしたいですね
現在進行形の被災地の状況と被災者の方々のことは
いつも心の中にあります

みなさんも きっと同じでしょうね 

Don't forget your smile.
<< 白洲正子展 ~世田谷美術館 長い支援と心を >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31