「温故知新」~働く女の和風道~



お 雛 様

c0225143_2223375.jpg弥生の季節の言葉から
  流し雛  若草  摘み草 
ときめく春は すぐそこ

ゆかこさんと日本橋へ「 三井家のおひまさま」展
へ二人の 美しきものを探求する 週末です

うれしいことに チケットカウンターで 着物の私は
1000円の鑑賞券が 700円
「 小粋に和服で美術館 」 と銘うった優待だそうで
呉服屋が多く ノスタルジックな日本橋界隈には お似合いの企画
多くのカフェや ホテルで 和装優待がもっと
増えてほしい と常々願う私は とてもうれしい気分

展示品は 明治から昭和初期の見事な 三井家の段飾りの雛人形と
調度品で 賑やかに 研を競っていました
「 今夜の夢に うりざね顔の人形が出てきそう 」 と二人で話すほどの
見ごたえある 豪華絢爛さ
いつの時代も 娘の健康と幸せを思う 母の祈りは不変なのですね

立派な段飾りのおひなさまには及びませんが
忙しくても手軽に飾れるように と母が贈ってくれた 小さな立ち雛を
大切にお飾りしています
It is so sweet of you.
by ballerina24 | 2011-02-28 22:55 | 週末 | Comments(6)
Commented by ジントニック at 2011-03-01 22:10 x
実は関西(京都)と関東(江戸)では、お内裏様とお雛様の位置が逆になるって知ってました?
Commented by ballerina24 at 2011-03-02 11:31
ジントニックさんへ

そういえばそのような解説書きがありました!
今は右上位のプロトコールが一般的ですが
その昔は逆だったとか・・・  

畳の寸法も京都と江戸では違いますね
(反目するものが多くて興味深いです)
Glad to have your message.
Commented by ちゃま at 2011-03-02 17:33 x
公家社会と武家社会の違いですね
「うなぎ」等食文化にも表れていますよね

どちらにしても
おひなさまを2月と3月の風にあてる
ひなあられ 菱餅 桃の花を飾る

古からの伝統的行事は
なんらかの形で続けていきたいですね
Commented by もりりん at 2011-03-02 18:53 x
立ち雛さん、可愛らしいですね♪
明日は、ひな祭りです。
コチラのブログにて、おひな祭りの気分になりました。
ありがとう♪
(お誕生日も、おめでとう!)
Commented by ballerina24 at 2011-03-03 09:28
ちゃまさんへ

公家と武家の違い・・・なるほど

お雛さまの飾り物や色には
安産や健康など多くの意味が込められていて
その深さと温かさの連鎖を感じます

お雛様は日本女性であることを自覚させてくれます
It's so chilly today. Take care !
Commented by ballerina24 at 2011-03-03 09:31
もりりんさんへ

多くのタイプがありますが
私はこの立ち雛が一番すきです
もりりりんさんはどんなお雛さまをお飾りするのかしら

今日は桃色気分で過ごしてまいりましょうね^^

Let's make a pinkish day
<< 和服の着こなし 目には星のまたたきを >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31