「温故知新」~働く女の和風道~



ゴッホの色彩に出会う

c0225143_21242241.jpg小春日和の週末 ゆかこさんと
フィンセント・ファン・ゴッホ展へ行きました

今年は ゴッホの没後 120年
独自の様式に到達する 軌跡を追っていく展示は
非常に 興味深いものでした

三年前に 名古屋市美術館で見た
名作 「 夜のカフェ・テラス 」
青い夜空に 煌々と光る星と 黄色いカフェの
暖かく鮮明なあの印象が 私の中にありましたので
初期に多く描かれた 地味で暗い作品に 驚きました

日本の浮世絵も 自身で所蔵し その大胆な構図と色使いの影響を受けています

結実した晩年の作品は 鮮やかな色彩に溢れ 木の幹や葉 地面 空気までも
呼吸をし うねり 動き出しそう
多くのアートファンで混み合い ゆかこさんとはぐれそうになりながら
苦悩した若いゴッホの 生き様が 強く伝わってきました

すっかりと日が暮れ 90万個のLEDできらめく表参道を 二人歩きながら
天上のゴッホは どんな風に どんな色を使ってこの光景を描くのかしら・・・
ふと考えました

Though the customs may change and the language is strange,
it's Christmas time all over the World.
by ballerina24 | 2010-12-15 22:05 | 週末 | Comments(6)
Commented by もりりん at 2010-12-15 22:28 x
私の母は、ゴッホが好きです。
色が好きみたいです。
ゴッホの黄色の輝き、
私もエネルギーを感じられて好きです。
Commented by ballerina24 at 2010-12-16 10:47
もりりんさんへ

ゴッホの絵は多くの日本人に愛されていますね
マルメロやひまわりに使われている独特の黄色が
気持ちをパッと明るくしてくれるのです
また スパイスに緑色を使うのが印象的でしたよ

Yellow color gives us passion and power.
Commented by ゆかこ at 2010-12-17 15:28 x
今回のゴッホ展は、彼が影響を受けた画家の作品・彼が影響を与えた画家の作品と共に順を追って紹介されていたので、彼自身の変化がとても分かり易く見やすい構成でしたよね~ とても素晴らしかったです♪ありがとうございました。
Commented by ballerina24 at 2010-12-17 17:38
ゆかこさんへ

スーラやゴーギャン・・・ 若き才能がきらめく時代に生きた
ゴッホの 模索と奮闘ぶりが 伝わってきましたね
修養所時代で描かれた 力強い作品は特に
印象的でした・・・ 
購入した絵葉書は 早速祖母に出しましたよ

His life is even more dramatic than a novel.
Commented by ちゃま at 2010-12-18 20:57 x
「夜のカフェ・テラス」
ゴッホの絵画の中で 一番好きです

夢はクレラー=ミューラー美術館へ行くこと
別名ゴッホの森美術館とも言われ
美しい森の中にたたずんでいるそうです

もちろん「夜のカフェ・テラス」の
モデルとなったカフェにも行ってみたい・・・
Commented by ballerina24 at 2010-12-19 22:59
ちゃまさんへ

春には花が咲き乱れるオランダの美術館で鑑賞する
ゴッホは格別でしょうね
クレラー美術館からたくさん出展されていましたよ

私は ゴッホが憧れ過ごしたアルルに行ってみたい
陽光に ブルーとイエローが似合いそうな街です

Paintings are showing the personality of the painter.
<< 深みを増すワインのように いつか会える日まで >>


お稽古、語学、和装を通して美しき日本の良さを探究
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31